徴兵検査

 現在、我が国には徴兵制度というものはない。しかし自衛隊があり、日米同盟があるので、やがて自衛隊が拡大された時には、再び徴兵制度が復活しないとは限らない。少子高齢化で兵役に適した若者が少ないので、自衛隊への応募者が必要数に満たないようになれば、お国のためにというプロパガンダとともに、徴兵制度復活が叫ばれるようになる恐れも大いにあるものと見ておくべきであろう。

 旧大日本帝国では、明治の初めから敗戦まで、すべての国民は満20歳になると徴兵検査を受けねばならず、その結果命令によって、一定期間兵役に服し、その後も一旦緩急があれば、応召の義務を負わされることになっていた。

 誰しも徴兵されて自分の仕事を中断され、しかも危険な目にあうのは嫌なので、何とかして逃れたいと思うのは人情であろう。そのため人々は色々な工夫をしたもののようである。今も覚えている色々な話がある。

 私が子供の頃、母方の親戚では、祖父母にあたる世代が、3人兄弟の筈なのに、3人とも苗字が違っているのが不思議でならなかったが、後から分かったことは、明治の初め徴兵制度が始まった頃に、戸主や家督相続人は兵役を免除されていたので、次男以下の息子を小作人などの家の名目上の家督相続人に仕立てて、兵役を逃れさせたために、それぞれ違った姓になったということであった。

 徴兵制度が始まったのは明治の初め頃であるが、当時はまだ家族制度が強く、家督の継続が重く見られていたので、徴兵制度でも戸主や長男は免除されることになっていたらしい。何とか徴兵を免れるために、子のない小作人などに頼んでそのようなことが行われてのであろう。家を継いでも、小作を継いだ訳ではなく、家だけ継いで実質はそれぞれに元の仕事を続けていたようである。

 いつだったか長女の家族と一緒の時にその話をしたら、長女の亭主がドイツ系のアメリカ人だが、ドイツでも同じようなことが行われていたそうで、所が変わっても、人間のすることは似たようなものだなと思ったものであった。

  また、徴兵検査を受けるにあったては、色々な工夫をした人がいた話もよく聞かされた。検査の前に大量の醤油を飲むと血圧が上がってとか、貧血とかで跳ねられるという噂が広く言われていたが、真偽の程は知らない。わざわざ怪我をして逃れようとした人さえいたようである。

 当時は結核が恐れられていたので、X線検査の時にそっと胸に銀紙を貼って、病気の影と思われて即刻帰郷とされたという話も聞いたことがある。たまたま風邪を引いていて、結核と間違われて徴兵を逃れた人もいた。

 また聴力検査ばかりは貴方任せの検査なので、聴こえてない振りをして検査を終えて不合格とされ、しめしめと思ったところで、そこにいる軍医がお前はそちらへ行けと口頭で行き先を指示するのでそちらへ行こうとしたら「貴様聞こえてるじゃないか」と嘘がバレて連れ戻されたという話も聞いた。軍医は困っている者を助けるためにではなく、嘘を見抜くために配置されていたのであった。

 いくら表では、天皇陛下のためとか、お国のためとか言っても、誰しも本心は出来れば避けたいのが兵役であったのには間違いない。伝手を頼っったり、お金で誤魔化そうとした人もいたし、理系の大学へ行ったり、医者になって、危険を避けようとした人も多かった。

 戦争末期には徴兵も厳しくなったが、軍医も不足したので、医学専門学校(医専)といって医師の短期養成コースが作られたので、私の中学校の同級生には何と医専に行った者の多かったことであろう。今は昔の徴兵検査であるが、二度と同じようなことにならないことを願うばかりである。

韓国映画「パラサイト 半地下の家族」

 韓国映画「パラサイト」が面白かった。2018年の第71回カンヌ国際映画祭で最高賞・パルムドールを取った是枝裕和監督の「万引き家族」と同様の社会の底辺で暮らす家族を取り上げた映画であるが、是枝監督も「『見ろ!』としか言えないし、『面白い!』としか言いようがないと絶賛する映画である。

 ポン・ジュノ監督のこの作品も昨年の第72回もカンヌ国際映画祭パルムドール賞を韓国人として初受賞している。昨年末から公開されていたようだが、正月休みに見に行った。映画館は世の嫌韓ムードなど、どこ吹く風で、満席だった。

 4人家族全員が失業中のキム一家は、スマホの電波も届きにくい不便な半地下住宅で暮らす。長男ギウが名門大に通う友人を介して、高台の大豪邸に住む超裕福なパク一家の家庭教師になったのをきっかけに、妹ギジョンを美術の教師としてもぐりこませることに成功し、次は……とキム一家は巧みにパク一家に“寄生”生活をしていく。最初のうちは笑っていられるが、後半はかなりえぐい韓国映画っぽくなっていく。

 日本の「万引き家族」と比べると、まるで漬物とキムチの違いのようで両国の文化の違いを象徴しているようで・興味深かった。

ピカドン

 ピカドンとはあの8月6日の、広島への原爆投下について、被害者たちが現実の経験に基づいて付けた名前である。

 私は当時、広島の南にある江田島海軍兵学校という海軍士官を要請する学校にいた。全寮制というより、入学してから卒業するまで、ずっとそこに住み込んで、勉強したり、訓練を受けたりする仕組みになっていた。

 原爆が投下された8月6日の午前8時15分は朝の自習時間で、分隊ごとに教室でそれぞれに勉強しているところであった。雲ひとつない夏の良い天気の日であったが、何の前触れもなく、突然ピカツと閃光が窓ガラス越しに部屋の中まで差し込み、一瞬教室の中が明るくなり、皆を驚かした。何事だろうと思っているうちに、しばらく間をおいて、今度はドカーンという強烈な音がして地響きがし、建物が揺れた感じがした。

 戦時中なので、当然爆撃だと思って、皆外へ飛び出した。そして空を見上げると、あの原子雲がもくもくと立ち上がっていくところであった。ピカドンとはこの閃光と爆発音をつないで、的確に原子爆弾投下を表した言葉なのである。

 それを見ても何事が起こったのか俄かには分からなかったが、これは今までの空襲などとは違って特別な事態だと言うことは分かった、そのうちに被害の状態などが伝わってくるとともに、教官たちは新型爆弾と言い出し、やがては原子爆弾ということも理解されて来たようであった。

当時は白い軍服はよく目立ち標的になりやすいというので国防色に染められたのであったが、 原爆の閃光から身を守るためと言って、わざわざ白い布の袋に目の部分だけ穴の開いた袋を作り、次に空襲があれば、それを被って逃げるようにとの指示が出された。

 しかしその後は空襲もなく、15日を迎へて敗戦となり、海軍兵学校も解散となった。元気な上級生の「お前たちは帰ったら最寄りの特攻基地へ行け!帝国海軍は最後まで戦うぞ」という勇ましい声もあったが、結局、8月20日過ぎには全員引き揚げることになり、カッターに乗り、2〜3隻ごとに曳航されて広島の宇品まで行き、そこで上陸して、広島の焼け跡を歩いて広島駅まで行った。

 宇品から広島駅まで、辺りはすっかり焼けて、何も残っていない。焼け野が原が比治山を背景にして何処までも続いていた。空襲を受けた他の都市の焼け跡と少し違って、燐の焼けるような変な匂いがしていたと思う。上半身裸で、背中が一面赤と白の斑点のようになった人が、二人肩を支えあう様にして、ヨタヨタと歩いて行くのに出くわした。

 原爆症で下血しているのを赤痢と思ったのか、焼け跡に残ったひん曲がった鉄棒に「赤痢が流行っている。生水飲むな!」と書かれて紙切れが括り付けられていた。敗戦をひしひしと感じながら、小一時間焼け跡を歩いて、広島駅に着いた。

 そこからあらかじめ用意されていた無蓋の貨車に乗って、夜に出発して、トンネルをいくつも通って、煤で真っ黒な顔になって、朝になって漸く大阪駅にたどり着いたのであった。広島駅では、大勢の人が貨車に乗せてくれと言って車にしがみついてきたが、係りの兵隊が皆を引き離して貨車が動き出したことも忘れられない。

 こうして広島の被害状況の詳しいことはまだ何も知らないまま帰ってきたが、広島の焼け跡を歩き回った間に、原爆による放射能も大分浴びたことであろう。後になって、歳の割に頭が早く禿げたので、「広島の原爆のためだ」とアメリカの知人に冗談を言ったら、本当にされて困ったことがあった。それはあくまで冗談で、私自身は特に原爆の直接の被害は受けなかったし、後遺症に悩まされることもなかった。

 しかし、原爆を体験した衝撃は後々まで残り、毎年夏に、空高く立ち上る入道雲を見る毎に、原爆の原子雲を思い出し嫌な気分にさせられたものである。原爆の思い出は、単にその被害だけではない。それは昭和5年の満州事変に始まる長年の軍国主義の時代、侵略戦争の最後の一ページに過ぎないのである。中国やその他のアジアの国々を含む多くの戦争犠牲者の霊を悼むとともに、再びこの国が誤った道を進み、あの悲惨な戦争を再び繰り返さないことを痛切に思うばかりである。

 

 

最後の海軍兵学校生徒

 先日アメリカから帰ってきた娘が、スマホで私の海軍兵学校生徒だった時の名簿を見せてくれたのにはびっくりした。

 もう75年前に消滅した旧海軍の士官養成の学校のことである。当時三千人からいた生徒の個人名簿が、現在もスマホで見られるとは夢にも思っていなかった。正しく学年別、分隊別に一覧表になっていた。

 懐かしさ半分、嫌な過去を垣間見る気持ち悪さが混ざったような気になって一瞥した。もう当時の仲間たちも同じ歳だから91歳になる。名簿を見ると、もう大抵死んでしまった者ばかり、消息不明者が後に残るだけである。

 自然と古い昔に引き込まれる。敗戦の1年ほど前、旧制中学の4年生だった私は、大日本帝国天皇制の神がかりな体制しか知らない忠実な「愛国者」だったので、国の為、天皇陛下の御為には命を投げ出してでも尽くさなければと心から願い、親には内緒で兵学校の入学試験を受験し、合格したのであった。

 父親は「お前が海軍へ行くようになったら日本もおしまいだな」と嘆いたが、当時の社会ではそれ以上のことは誰も言うことも、することも出来なかった。こうして翌1945年の4月に江田島へ行き、8月の敗戦までの約4ヶ月を海軍兵学校の最後の77期生として過ごした。

 と言っても、最下級生では未だ実戦的な訓練にまでは至らず、基礎的な学習や、カッターや水泳、陸戦の訓練、それに当時はもはや瀬戸内海でも安全ではなかったので、ごく短期間の乗艦実習ぐらいなもので、急速な戦況の悪化で、空襲に備えた校舎の間引きや、山腹の地下防空壕掘りに駆り出されたり、腸チフス事件があったりで、あまり兵学校としての本来の学習は出来なかった。

 もう遥かな昔のことで、思い出も断片的なものしかないが、いくつか当時の思い出を記しておこう。

 軍隊なので、全ては命令のもとに、一斉に迅速に正しく行動することになっており、あらゆる作業が時間通りに、分隊ごとの競争のもとに行われていた。一方、生徒たちは、全国から集められており、今より生活習慣や文化が都会と田舎や地方では違っていたし、体格の良い者から小さいひ弱な者までいたが、全て同じようにしなければならなかった。

 こういう規則を強要されると、人はよくそれに適応出来るもののようで、例えば、朝は起床ラッパとともに置き、起きたらすぐ校庭へ出て整列し、点呼を受けることになっていた。いくら疲れていても、5分前ぐらいには自然と目が覚め、身構えてラッパの鳴るのを待ち、鳴るやいなやパッと飛び起き、着替えて、寝具などを片づけ整頓して、急いで校庭に飛び出したものであった。私は体は小さかったが、敏捷さにおいては他人に負けず、大抵、一番か二番目ぐらいには校庭へ飛び出していたものであった。

 また、掃除や諸々の雑事も分隊ごとの競争でこなされていたが、私は我が分隊の仕上がり具合を見て、真っ先に報告に行く役割を引き受けていた。いつも私が報告に行くので、担当の一号生徒(最上級生徒)に「貴様の分隊はいつも貴様が報告に来ることになっているのか」と言われたことを覚えている。

 このように日常の立ち回りは、都会の要領の良いチビには良かったが、体力の差で一番困ったのはカッターの訓練であった。大きなカッターの座席に座って、自分の背丈よりも長い太いオールを皆に合わせて、いっせいに漕がねばならないのである。ここでは要領を効かせる余地はない。小さな男も大男に合わせて漕がなければならない。頭より上にあるオールを握って、体をそり返して手元に引っ張り、また戻す操作を際限なく休まず続けるのは一番骨の折れる仕事であり、皆に合わせるのに必死であった。

 こうした生活が続く中で、戦況はますます悪化し、「本土決戦」「最後の決戦」に備えてということが盛んに言われるようになり、訓練も海軍の訓練というより、陸戦の訓練が主になり、「第4匍匐」といって銃口を持って地面に這いつくばって前進したり、爆薬を想定した箱を抱えて戦車のキャタピラ目掛けて飛び込む訓練などもした。

 そのうちにアメリカ軍による空襲も始まり、7月末の空襲では防空壕から出てきて見ると、江田島の湾内にいた巡洋艦の「利根」も「大淀」も沈んでいたし、重油がないので動けないので島影に隠れたいた多くの軍艦も殆ど沈んでしまっていた。

 また大和級の戦艦になる予定が、航空母艦に変更された「天城」が艤装中だったが、アメリカの飛行機が「松の木が枯れて航空母艦が姿を現した」と書かれたビラを撒いていったこともあった。もう完全にバカにされていたようである。

 それでも当時は、神祐天助があり、神風が吹いて日本は勝つことになっていたので、本土決戦、最後の一戦などと言うのはおかしなことを言うものだ、論理的に日本が勝つなら、アメリカへ攻め込んでからではないかとも思ったが、現実はどう考えても勝ち目は無くなってきているのを感じないわけにはいかなかった。

 そうかと言って表面上は「鬼畜米英、撃ちてし止まん」で、負けるとは誰も口にすることは出来なかったので、結論としては「何とかなるだろう」という無責任な言葉よりなかったことも覚えている。

 そして、やがて広島の原子爆弾投下、8月15日に敗戦、兵学校も解散となり、8月末には広島の焼け跡を通って汽車で大阪へ戻って来たが、原爆以後のことについては長くなるので、改めて書くことにしたい。4分の3世紀前の戦争の記憶は断片的になってはいても、未だに鮮明に残っている。あの歪んだ世の中だけには決して戻ってはいけない。

ファシズムの初期症候

f:id:drfridge:20200103082132j:plain

 SNSに上のような、元政治学者ローレンス・ブリット氏という人が書いた「14のファシズムの初期徴候」という箇条書きが載っていた。元々同氏が2003年に書いた記事が元のようで、米国のワシントンのホロコースト記念博物館に掲示されているものだそうである。

 SNSにこれを載せた人も、そう思ったから載せたのであろうが、今の安倍政権のやり方にあまりにもそっくりなのに驚かされる。最近世相が次第に戦前に似て来たのを肌で感じているが、これに照らし合わせてみると、この国はまたあの破滅に向かって走り出そうとしているのかと戦慄を感じざるを得ない。

 街には強情なナショナリズムの右翼の宣伝カーががなりたてて走っているし、靖国神社に国会議員が大挙して参拝に行く。閣僚の大半が右翼の日本会議のメンバーであることなどはあからさまな事実である。

 人権の軽視は、沖縄の再三の反対する民意を全く無視した辺野古埋め立てや、街頭演説にやじを飛ばしただけで警官に排除された事実があちこちで見られたことや、「あいちトリエンナーレ」での一方的な補助金交付の取り止め、さらには「桜を見る会」などの国会追求などで、政府が全く答えないで隠蔽を図るなど、国民の人権を無視した行為は挙げればきりがない。

 軍事優先も最近ますます露骨になってきた。自衛隊の増強だけでなく、中露、韓国、北朝鮮などを敵視して愛国を煽り、軍事優先でアメリカの言うなりに過剰な武器を買い、先島に自衛隊の基地を作り、イージスアショアを建設するなど、民政を無視した軍備の増強が止まらない。

 性差別は今も横行し、世界の進歩にも遥かに遅れ、性的被害も未だに男性優位のまま放置されている。報道機関のトップが政府に買収され、メディアの放送はますます偏り、政府の報道伝達機関になり下がった感さえある。

 一方で、国民への監視機構はますます進み、何か事件が起これば必ず街頭の監視カメラの映像が出てくる時代になっており、法的にも安保法などによって、戦前の治安維持法に似た制度が既にに作られており、いつでもその適応を広げられるようになっている。

 宗教と政治の関係については、政府の閣僚の大半が神道連盟のメンバーであることだけでも十分であろう。靖国神社参拝も、外国の反発を考えながら執拗に続けられている。天皇の政治的利用も次第に強くなって来ている。

 企業の保護や労働者の抑圧については、大企業に対する減税、企業に有利な種々の法律、益々ひどくなる労働条件、低賃金に、過重労働など、実態を見れば詳しい説明さえ必要でない。

 また、学問と芸術の軽視は大学の法人化、予算の減額、「あいちトリエンナーレ」で見るような政府の一方的な補助金の削減、表現に自由の抑圧を見れば明らかであろう。

 犯罪の厳罰化への執着は、世界の趨勢に反しての死刑の継続が見られるし、入局管理局による不法移民に対する非道とも言える取り扱いは人道上も問題である。

 更には、身びいきの横行と腐敗は、今まさに問題となっている「桜を見る会」の成り行きを見るだけで、誰の目にも安倍内閣のやっていることがよくわかる。官邸への権力の集中、それによる過剰な官僚の忖度で、政治は大きく曲げられている。

 不正な選挙では、選挙制度自体が小選挙制度自民党に有利になっており、棄権する人が多いことが政権を支えているが、それでも選挙違反で問題になる自民党議員は後を絶たない。

 こう見てくると、まさにここに書かれている通りなのが現情で、今や日本はファシズムの初期症状が出ている真っ最中だということが言えるのではなかろうか。一人でも多くの人がこれを敏感に感じ取り、ここらでこの傾向に歯止めをかけないと、この先どうなることか。これ以上進めば、もはや誰にも止められず、戦前の日本同様に、また破滅の淵まで行ってしまう恐れ十分である。

 何とかならないものだろうか。

 

 

上と下の区別

 朝飯を済ませ、後片ずけも済んだ筈なのに、女房がキチンの流しで、桶に何かを入れて洗っている。何だろうと思ってみると、テーブルクロスを流しで洗っているところであった。

 前日、我が家で小さなパーティをしたので、その時に使ったテーブルクロスであった。洗濯機で洗えば良いものを、なぜ流しで、手で洗わなければならないのか疑問に思って、「どうして洗濯機で洗わないのか」と尋ねると、食卓で使うものを、下着などを洗う洗濯機で洗うことに抵抗感があるようであった。

 合理的に考えれば、食卓のテーブルクロスと下着を洗濯機で一緒に洗おうと、綺麗になり方も、衛生的にも変わらない。ただ気分的に、食卓で使うものは、外で使う汚れたシャツなどとは区別して、綺麗に処理したいのであろう。

 昔から日本では家屋は高床式で、建物の内と外の区別が明らかで、外は汚れた世界で、内は綺麗な世界とはっきりと区別されてきたので、それに伴って、屋内で使う上の物と屋外で使う下の物(内の物と外の物)を一緒に扱うことに抵抗感がある歴史が長く続いてきたようである。

 従って、食事のように綺麗な所で使う上の物(内の物)と、汗や埃に汚される下の物(外の物)とを一緒にしてはいけないという伝統が、未だに人々の心の中に根強く残っているようである。ヨーロッパや中国のように、家の中と外とで段差の少ない生活では、靴を履いたまま屋内に入るのが普通であり、ベッドへ入る時に初めて足を洗う生活とは違った歴史である。

 従って、この伝統は建物や生活態度が変わってもなかなか抜けず、以前はどこの学校でも、上履きに履き替えて校舎に入ったものだし、未だに玄関で靴を脱いで、スリッパに履き替えねばならない建物も多い。未だに日本では大抵の屋内の便所にもスリッパが置かれているのもその名残であろう。

 また今でも、電車の中で大きなショッピングバッグを前の床に置かないで、隣の座席に置く人も多い。今は少なくなったが、風呂敷包などは床にはおけないであろう。そんな伝統から、駅のベンチなどでは、荷物用のスペースを用意したベンチなど、日本でしか見れないものもある。公園などで芝生に座り込む時でも、日本人は新聞紙なり、ハンカチなり、何かを敷いてその上に尻を下ろすことが多く、直接尻を地面につけて座ることは上品でないとされてきた。

 しかし、アメリカなどではそう云った伝統がないので、洗濯物も合理的な判断のみによって処理されてきた。昔、アメリカにいた時、主婦が汚れたシャツと汚れたズックの靴を一緒に洗濯機に放り込むのを見てびっくりさせられたことがあった。

 ただ、日本の伝統も最近は大分変わってきたようで、近頃の学生は電車の中でも大きな鞄は床に置くのが普通のようだし、平気で床に座り込むようになってきている。

 アメリカに住んでいる私の娘の家などでは、日本式に玄関で靴を脱いだ方が屋内が清潔で衛生的なのでそうしているが、玄関に日本式の上がり框のような段差がないので、それぞれが玄関で適当に靴を着脱して済ませているようである、

 民族や地方によって、日常生活での仕草や行動様式も微妙に違っているが、それぞれ長い間の過去の歴史を引きずっているからであろう。

 

 

消えたパソコン情報の復活

 暮れに娘たちが揃ってアメリカから帰って来たので、一緒に温泉へ行ったり、昔話に興じたりして、久し振りで家族の集まりを楽しんだ。

 ところで、この機会に、以前からずっと懸案になっていた女房のパソコンのトラブルを娘の旦那が調べてくれた。殊に、女房がもう何年も前から、メールに書いて発信して来た「大阪だより」というシリーズものの文章の古い部分が、パソコン上から消えてしまっていて、復活出来ず、半ば諦めていたのだが、色々パソコンをいじってくれて、それも見事に復活させてくれた。

 我々老人にとっては、パソコンやスマホは何とか使っていても、具合が悪くなったりすれば、どうして良いのやら見当もつかず、お手上げ状態で、誰かに助けてもらわなければ、どうにもならないものであるが、さすがに、パソコン時代の次世代の人たちにとっては、使い方だけでなく、その仕組みもわかっていると見えて、操作によって結構色々修復出来るもののようであり、結果は万々歳であった。娘の旦那に感謝するばかり。

 それを見て思ったのだが、我々のパソコンのトラブルがこんなに簡単に復旧し、消えたデータも再生出来るぐらいなら、現在政治的に問題となっている、安倍首相の「桜を見る会」の招待名簿なども、政府は「廃棄した。電子媒体の記録もXX方式だから復活出来ないと聞いている」と政府は答弁しているが、嘘だということは明らかであろう。誰に聞いても、コンピュータを機械的に破壊でもしない限り、データは残っているはずだと言うし、政府の言うXX方式なら確実にデーターは再生出来るものだとかも言われている。政府のデーターが復活出来ないはずはなかろう。

 政府が何とか野党の追及をかわし、逃げ切ろうとして、いい加減な答弁を繰り返しているだけで、今や誰も政府の答弁を信じるものはいないであろう。実際にはデーターはどこかに残っていて、必要とあらば、復活出来るに違いない。そうでなければ、次回の招待者の選定にも支障を来たす筈でもある。

 国民の代表である野党の質問にもまともに答えようとしないで、何とか逃げ切ろうとする政府を許してはいけない。ここらで繰り返し自分たちの不正を隠し、国会をも無視するような政府には退場して貰わねばならないであろう。

f:id:drfridge:20191228145442j:plain