オリンピックに旭日旗を持ち込むことを禁止しよう

 朝日新聞によると菅義偉官房長官は9月5日午前の記者会見で、来年の東京五輪パラリンピックの競技場に旭日(きょくじつ)旗の持ち込み禁止を求める韓国側の動きについて「旭日旗は国内で広く使用され、政治的宣伝とはならず、持ち込み禁止は想定していない」と述べたという。

 旭日旗については、韓国国会の文化体育観光委員会が、東京大会の開催期間の前後に競技場で旭日旗をあしらったユニホームを着たり、旭日旗を持ち込んだりして応援することを禁ずるよう、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会に求める決議を採択したという報道について述べたものである。韓国内には「日本軍国主義の象徴」と反発する声が根強くあるからであろう。

  以上がオリンピック競技場への旭日旗持ち込みについてのニュースである。

 この韓国の動きに反発した菅官房長官の発言はあまりにも子供じみているのではなかろうか。日韓関係がこじれている時に出てきた問題なので、単純に感情的に反発しただけのものかもしれないが、政府を代表した発言としてはあまりにも思慮に欠けているのではなかろうか。

 日本では、 招致の際、国際オリンピック委員会総会の壇上に立った滝川クリステル氏が発言して以来、「おもてなし」という言葉が、同大会のキーワード的に使われることが多くなっており、2013年の新語・流行語大賞にも選ばれているぐらいである。

「おもてなし」は、言葉の通り、客の「もてなし」の丁寧語。しかし、ただのサービスとは異なる。「もてなし」の語源は「モノを持って成し遂げる」だが、「おもてなし」は「表裏無し」、つまり表裏がない心で客を歓待するという意味が込められている。この精神こそ、古来より息づく日本人の心、そのものではないだろうかと言われている。

 『「おもてなし」は、ただのサービスとは異なる意味を持っています。例えば、レストランで出されるおしぼりや旅館での布団の準備は「サービス」ですが、その際に「ゆっくりとお寛ぎください」といった言葉をかけることは「おもてなし」にあたります。』などとも解説されてもいる。 

 そして今、日本では東京オリンピックパラリンピックの開催に向け、そんな「おもてなし」を実現するための様々な取り組みが、各地各所で進んでいると言われている。

  それを考えると、果たして旭日旗を持ち込むことが「おもてなし」に合致する行為であろうか。ホスト役がまず最初に心得るべきは客に嫌な思いをさせないことであろう。

 韓国の人たちがIOCに言ってまで拒もうとする旭日旗を禁止しないのは果たして「おもてなし」の精神と一致するのであろうか。旭日旗を嫌う人は韓国だけでない。中国や東南アジアで、かって戦禍にあった国々の人たちの間にも多いのではないかと考えざるを得ない。

 然も他方、旭日旗はオリンピックに必須なものではない。日本選手の応援には国旗があれば十分ではないか。わざわざ嫌がる人のいる旭日旗を使って客をもてなすほど礼を失することはないであろう。「おもてなし」の精神から行けば、たとえ韓国の動きがなくとも、気を使って旭日旗など、嫌がる人がいることが想像出来るものは排除して応対するのが「おもてなし」ではないだろうか。

 単なる韓国の動きに反発した旭日旗持ち込みOKというのは、あまりにも子供じみた、いじめにも繋がる、狭量な判断ではなかろうか。旭日旗を使わなくても何ら不都合が生じるわけではないのである。オリンピックを政治的に利用することも、ナチスによる1940年のオリンピック以来禁止されていることでもある。

 それを押してまで、旭日旗をオリンピックの会場に持ち込んでは、「おもてなし」を台無しにするばかりでなく、日本が世界の笑い者にもなりかねないのではないかと恐れる。日本政府としての態度が問われるところである。

我が家の蝉の変遷

 毎年夏には蝉の声が欠かせない。私が子供の頃は夏になると、まず初めに「にいにい蝉」が鳴き始め、そのうちに「油蝉」が全盛の時代になり、夏が進むにつれて「クマ蝉」や「ミンミン蝉」も混ざるようになり、お盆が過ぎると「法師蝉」の「ツクツクホーシ」の鳴き声が聞かれるようになり、夏の終わりが告げられるという印象であった。

 「にいにい蝉」は少し体が小さく、木の幹の下の方に留まることが多いので、素手でも捕まえ易かったが、少し小型で灰色がかり、斑点状の羽をして、鳴き声もあまり魅力的でなく、いつも「油蝉」のお供え物のような感じで、「油蝉」が出てくると、関心はそちらに移って行くのが普通であった。

 その頃は庭の蝉といえば「油蝉」が殆どで、「クマ蝉」や「みんみん蝉」は少なく、子供の蝉取りの収穫では、「油蝉」が普通で、「クマ蝉」や「みんみん蝉」を捕まえると自慢したものであった。これらは「油蝉」と違って羽が透明で肢体が美しいので、ひとクラス上に数えられていた。

 子供の頃のそのような印象から、毎年庭で鳴いている蝉は今でも「油蝉」が大部分だとばかり思っていたら、今年の夏に気が付いたのだが、いつの間にか「油蝉」が減って、「クマ蝉」がやたらと多くなった感じで驚かされた。玄関先や庭に落ちた蝉を見ても「クマ蝉」ばかりで、「油蝉」を見かけないことに驚かされた。以来注意して見ていてもやはり、昔あれほどいた「油蝉」が減って、「クマ蝉」が増えていることは間違いがないようである。

 それに最近は「にいにい蝉」をすっかり見なくなってしまった。注意して見ているわけではないので詳しいことは分からないが、私自身はもう長く「にいにい蝉」を見ていない。

 さらに今年は「ツクツクボーシ」の鳴き声が聞かれたのが、たった1日だけだったことにも驚かされた。例年、「法師蝉」が鳴き出すのを聞くと、もう夏も終わりかと、何か急き立てられるような気持ちにさせられたものだったが、「法師蝉」の鳴き声を一度しか聞かないのは何だか気が抜けたようで寂しかった。

 「みんみん蝉」も今年は減ったようで家ではあまり聞かなかったような気がする。ただ、昨日、箕面の滝まで行ったが、滝道では「みんみん蝉」も「法師蝉」も「ひぐらし」までが沢山鳴いており、何だか安心した。「みんみん蝉」や「ひぐらし」はもともと山の蝉のようである。

 いつも蝉の鳴き声に気をつけているわけではないが、ふと振り返ってみると、蝉の生態にも変遷があるようである。「クマ蝉」はもともと熱帯地方の由来のものだが、地球温暖化の影響なのか、最近日本では北の方まで増えているということが何かに書かれていた。それに押されて「油蝉」や「にいにい蝉」が少なくなったのであろうか。

 蝉の生態を積極的に調べたわけではないので、どれだけ正確かはわからないが、印象では確かに我が家の界隈の蝉の生態は昔とは変わって来ているようである。地球の自然の変化や、人類の行動や文化の変化とともに、昆虫たちの世界にも静かな変化が進んでいるのであろう。

 昔は箕面の山は昆虫の宝庫とも言えるぐらい、色々な種類の蝶やとんぼ・蝉や兜虫などが豊富で、箕面の駅前では電車が着く毎に「昆虫採集の人は集まりください」というメガホンの声が響いていた時代もあったのだが、今では箕面の昆虫といっても、昆虫館の標本や飼育されている蝶々ぐらいになってしまっているのが寂しい。

 その変化を見れば、我が家の周辺の蝉の生態の変化も当然のことで、時代の移り変わりを感じざるを得ない。

杖のつき方

「転ばぬ先の杖」というが、杖を持っていたら転ばないわけではない。杖をついていながら転倒したことが4回もある。

 以前にも書いたが、まだ現役の時、ふくらはぎの肉離れを起こして一週間ぐらい杖が必要だったことがあり、その時求めた杖を大事に置いていたので、歳を取ってから、またそれを使うようになった。

 杖があると、急な坂道を上がる時など確かに便利だし、杖でリズムをとって歩くと気持ちよく速く歩けることもあって、85歳過ぎた頃から愛用している。仕事や会合などで街へ行く時には持っていかないが、どこかへ旅行したり、散歩したり、少し長歩きするような時にはもっぱら利用することにしている。

 ところが、杖を持っていても、転ぶ時には転ぶものである。杖をつきながら、初めて転んだのはまだ85歳頃であったろうか。今よりまだ元気で、よく歩いていたが、杖で調子をとって機嫌良く歩いていた時、道路を横切る暗渠の端が道端に口を開いており、それにに気付かず、そこに杖の先がすっぽりとはまり、杖を持っていたばかりに、前方へつんのめって転倒したことがあった。

 2回目は一年ぐらい前のことであろうか。杖を持って少し離れた場所にある画廊へ行く途中のことであった。交差点で信号が変わりそうだったので、少しショートカットして渡ろうとして、横の駐車場の敷地内に入り込み、そこにあった車止めのコンクリートのバーに足を取られて、ものの見事にひっくり返ったことがあった。信号に気を取られて足元を見ていなかったからである。

 この二回は不運だったということで説明も出来ようが、そのあとの二回は何でもないような僅かな段差につまずいて、前方へばったり倒れ込んで手のひらや肘などに傷を作ってしまったものである。

 原因の一つはバリラックスの遠近両用のメガネをかけていると、あまり自覚していないが、ちょうど足元あたりの像がぼやけるので、段差がはっきりしなかったことや、疲れると足先が上がりにくくなっていること、それに歳とともにバランス感覚が鈍くなっていることなどが関係しているのであろうか。

 それにしてもそういう時に、杖はあまり役に立たないようである。杖の持ち方に問題があるのであろうか。杖を体の前でついて、ゆっくり歩けば、前方への転倒は予防出来そうなものだが、どうもこれまでの私のやり方は、杖を体の横について、然も足速に歩くので、杖が前方の備えになっていないので、転倒防止に役立っていないのであろうか。

 杖を使うなら、体の前で杖をついて、もっとゆっくり歩くようにしなければ体の支に役立たないのではなかろうか。杖は体の横ではなく、前につくべきもので、杖を体の横について調子をとって早足に歩くようなことは避けるべきなようである。

 杖をつくなら、体の前でつくようにして、老人らしく、少し前かがみに、ゆっくり歩くのが杖つきのマナーのようである。

ウイーン・モダン展

 今春東京であったクリムト展は見る機会がなかったが、秋に大阪の国際美術館でも、クリムト、シーレの展覧会があることを知り期待していた。

 殊にシーレの本物を見る機会は少ないので、開催が始まってすぐに見に行ってきた。しかし、展覧会は思惑とは違って、日本オーストリア外交樹立150周年記念として、「ウイーン・モダン・・・クリムト、シーレ世紀末への道」と題したもので、18世紀末から今世紀へかけての、ウイーンのアートの歴史を紹介するようなものであった。

 ナポレオンによるウイーンの占領の頃から、マリア・テレサの時代、啓蒙主義の時代を経て、クリムトなどによる分離派の運動まで、絵画だけでなく、家具、調度品など、その頃の絶頂を極めたウイーンのアートや文化の変遷などを見せてくれる展覧会で、期待を裏切られたが、思いのほか良い催しであった。

 そんなわけで、クリムトやシーレはずっと後の方になって出てきただけといった感じであった。しかも、クリムトの絵画は大きなものは一点だけといことだった。しかし、シーレの絵では、少数ではあったが、これまで知らなかった自画像や「ひまわり」だとか「画家の部屋」などが見れてよかった。

 シーレの絵は何度見ても魅力的だが、彼は実社会でも色々問題を起こした人物のようで、絵だけ見ても常人にはない違った才能を持っていることが判った。「ひまわり」とか「画家の部屋」など、ゴッホと同じ対象を扱った絵を比べてみても、二人とも普通でないものを持っているが、二人の間にも、また、それぞれに違った特長が見られた興味深かった。

 それはともかく、時代順に展示されており、絵画だけでなく家具や彫刻、食器などの展示もあり、説明も親切で、世紀末を中心とした絶頂期のウイーンの生活や歴史が感じられ、リンク・シュトラッセ万国博覧会などに伴う町の変貌、多くの斬新な建築物などと盛り沢山で、懐かしいものも多く、飽きずに見せて貰えた。おかげで、ヘトヘト、地下3階のジャコメッティの展覧会場へ行って、しばらくへたり込んでしまっていた。

 

映画「天気の子」

 2〜3年前、国民的ヒットとも言われた「君の名は」という映画を作った新海誠監督が新しく作った「天気の子」という映画が、また評判だというので、見に行ってきた。

「君の名は」は見に行きたいと思いながらとうとう見る機会がなかったし、この監督の他の映画も見たことがないので、この「天気の子」だけの印象しか分からないが、アニメ映画も発達したものである。

 京都アニメーションの事件で、アニメ映画というものが、大勢の人が関与する一つの企業のようなものだとの印象が強いが、「天気の子」を見ても驚かされるのは、話のストーリーや、そこから受ける感動などを別にしても、多くの人の緻密な共同作品であることに驚かされる。

 映像がいわば一枚一枚の絵の繋がりで、それに音楽と絵の動きをぴったりと同調させるだけでも大変なのに、それの集大成に意味を持たせ、見る人の心にまで話しかけようというのは、素人から見ても大変な作業のように思われる。

 映像だけにしても、昔のミッキーマウスのような時代のアニメと違って、風景までもアナローグな現実に近い緻密さで、細かい情緒まで表そうとしており、それに音楽がまたぴったりと一致して、それが一つのストーリーを作って観客の情緒までくすぐろうというのは立派なものだとしか言いようがない。

 話の大筋は他愛もない作り話であるが、それに夢を持たせたり、見る人に解釈を委ねたりしながら、一体となった映像と音楽が見る人を異次元に連れて行ってくれるのがアニメ映画なのであろう。

「天気の子」でいえば、エンディングが少し長すぎるような感じもあったが、ハッピーエンドにしないで、観客に想像させるようにしたのがよかったのではなかろうか。

 アメリカなどのアニメとはまた違った繊細な情緒的表現の豊かな日本のアニメの将来が楽しみである。

テレビは韓国のことより日本のことをもっと流してほしい

 このところテレビを見たら、韓国のことばかり長々と話していて、日本のことは天気のことがばかり長くて、他の国内ニュースが影を潜めてると言っても良いぐらいである。来月の消費税が10%に上がるというのに、それについてすら、社会の動静や識者の意見などがあまり聞かれない。

 嫌韓反韓を煽っても誰も得をしない。隣国は引っ越すわけにはいかない。いつまでも隣り合わせにいるからには、隣国であるだけに色々問題も起こるが、それを乗り越えてお互いに協調していかないと、どちらの国も損をするだけで、下手をすると世界から共に除け者にされかねないことがわからないのであろうか。

 それに、韓国の法務大臣指名者がどうこうした、こうしたというような、他所の国の内政の話など、日本人にとっては野次馬的な興味があっても、二次的な関心事に過ぎないのではないか。それより例えば、上野政務官汚職の疑いがあり、秘書とのやりとりの音声記録まであるのに、政務官辞任しただけで、メディアもそれについて何も追求しようともしないし、何も話さない。

 最近のメディアは、まるで戦前の報道のように、政府に都合の悪いことは何も言わなくなってしまった。こんなことで良いのだろうか。昭和一桁から二桁にかけての頃と同じようになって来ているではないか。朝日新聞など戦後に、それまでの報道姿勢を反省して総括までしているのに、また同じ過ちを犯そうというのであろうか。

 メディアの会社の幹部が安倍首相とよく一緒に食事をしたり、マスコミの会社のトップが大使に任命されたり、政府に批判的な態度をとって政策のバランスにも寄与すべきマスコミが政府と一緒になって、政府の方針の提灯持ちしかしないようでは、大政翼賛会の頃と変わりないのではないか。

 メディアはこのざまだし、首相や大臣の演説のヤジまで警官が取り締まっても、そのまま済ませられるという近頃の政府の方針を見ると、もうこの国は独裁政権の領域にまで足を踏み込んできたのではないかと、疑わざるを得ない。どう見ても、いつか来た恐ろしい道をまた歩き初めているようである。

 既に九十歳を超えた私には、もう直接関係がないと言われるかも知れないが、この国に生まれ、この国で一生を送って来た一国民としては、やはり、仲間であるこの国の人々が、再びあの哀れな運命を背負う事だけは何としても避けて欲しいと痛切に思う次第である。

見え透いた嘘

 このところ政府のあまりにも見え透いた嘘が酷すぎる。。

 一つはこじれている日韓問題である。初め、安倍首相が自ら徴用工問題で韓国が国家間の条約を守らないから、韓国に対して半導体関係の三品目の輸出を制限するとか言って、経済制裁を始めたのに、いつの間にか政府は韓国に対する措置は徴用工問題とは関係なく、安全保障上の問題であると説明するようになったことである。その説明の変更については全く説明がないので、世界中の人は誰しも、未だに徴用工問題という政治的な問題の報復を経済でしているのだと理解しているであろう。

 それに以前は国家間の協定が出来ても、個人の請求権は残ると河野大臣も自ら明言しているのに、今ではそれを無視して、約束違反だとして、話し合いにも応じようとしないのは、それこそ”無礼”ではなかろうか。

 次いでは、トランプ大統領に言われて、アメリカからトウモロコシを大量に輸入することになった件である。誰しもアメリカの中国との貿易摩擦の問題で、アメリカの農産物を中国が買ってくれないので、アメリカの農家が困っている話もよく知っている。また、今の日本がトウモロコシを慌てて大量に買わねばならない理由は何もない。

 従って、今度の日米貿易交渉で米国産の大量のトウモロコシを輸入することになったのは、売れなくなったトウモロコシを日本に押し付け、アメリカの農家の被害を抑え、トランプ大統領選挙対策にも生かそうという、アメリカの魂胆に乗せられたものであることは明白である。

 そう思っていたら、政府はその理由として、日本でトウモロコシの害虫が発生したからだというのには開いた口が塞がらなかった。誰かが発したフェイクニュースなら良いが・・・・。

 誰しも、幾ら何でもよくそんないい加減なことを言うなと思ったことであろう。それまで新聞や他のメデイアでも、そんなこと一度も聞いたことがない。九州の方で害虫の発生はあったようだが、日本の主なトウモロコシの産地は北海道だそうだし、農水省ですら、害虫のために生産が脅かされているようなことはないと言っているのである。あまりにも見え透いた嘘である。

 昔であれば、政府がいくら嘘をつくにしても、もう少し調べて根拠のありそうな話を作って説明したものであるが、最近のこれらの件はあまりにも稚拙である。

 何処から出た情報か知らないが、官僚が綿密に考えて作ったものとは思えない。首相官邸の誰かが、手近な情報に飛びついて、無責任な説明をしたものではなかろうか。森友学園問題などから、官僚は首相府に忖度するだけの存在となり、官邸の首相の取り巻き連中あたりが勝手に暴走し始めているのではなかろうかと怪しむ。

 どうもこのところ、この国では政府の劣化が進んでいるような気がしてならない。こういうことが加速されると、この先には大きな破綻が待っていることになるであろう。それを止める手立てはないものだろうか。見当違いであれば良いが、年老いた一人の国民として気になるところである。