読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先人の教え

 東日本大震災の時、ニュースで知ったのだが、今回津波に襲われた地域では、以前にも津波を経験したところも多く、当時津波にあってひどい目にあった人が、その教訓を子孫に伝えようとして、安全だった高台に石碑を建て、「これより下には家を建てるな」と刻んでいたそうである。

 リアス式海岸の続くこの地域では、明治二十九年、昭和八年、さらに昭和三十五年のチリ地震と何度も大きな津波に襲われており、そのための石碑の数も300基以上にも及んでおり、その先人の教えを守って被害を軽くした所もあるし、いつのまにか忘れられて大きな被害にあった所もあるようである。

 姉吉と呼ばれる小さな地区では、明治の津波では2人、昭和の津波では4人しか助からなかったという過酷な経験から、海抜60米の地点に、「ここより下には家を建てるな」と刻んだ石碑を建て、以来それを守ってきたので、漁業で生計を立てていて浜にいた住民達も、津波とともに高台の自宅に逃げ帰り、おかげで3人の子供を学校へ向かいに行った母親ら4人以外は皆助かった由である。

 先人の教えは守るべきであり、このように守ったところは助かったが、守れなかった所もあながち非難はし難い。災害は稀にしか起こらないものである。特別なことのない平素の生活の中では、万いつの場合の先人の教えよりも、その時々の生活の便利さの方がどうしても優先し、いつしか先人の教えも無視されることにもなりやすいのである。そんなわけで生活にも仕事にも便利な海岸べりに街が発達していた所などでは、今回の大きな津波で多くの死者や被害にあったようである。先人の教えもいつしか忘れられがちになっていたこともあろう。

 被害にあった当初は誰しも貴重な体験を何としてもいつまでも子や孫にまで伝え、二度と同じ目に遭わないようにしたいと一致して思うであろう。しかし災害は忘れた頃にしかやって来ないものである。直接災害にあった人たちは骨見に応えているので忘れることはないし、子や孫にも将来の教訓として話を聞かせるであろうが、実際に体験していない者にとっては話としては理解しても、日々の生活の中では、いつも先にしなければならないことに急き立てられているので、どうしてもそちらが優先することになる。

 東北の地震で言えば、高台に家や街を再建しても仕事は漁業なので、仕事のために毎日浜まで降りていかなければならないことになる。仕事の忙しい時や仕事の打ち合わせなどではどうしても海辺で済ませなければならないことが多い。必然的に、初めは特別だと思いながら、次いでは時々と、浜辺にとどまることが多くなる。そのうちに便利さに負けて浜辺に定着する人ができ、都合の良さから次第に同じような仲間がふえてくる。そのうちにそれらの人を相手にした商売なども浜辺に出来てきてやがては街になるということになりやすい。

 災害は何十年に一度ぐらいしかやってこないので、子や孫の時代になり、実際に災害にあったことのない人たちにとっては、実際の災害の怖さはわからない。やがて災害は意識の上で次第に薄らいでくるし、それより日常生活の繁栄や便利さが優先されてすべてが進んでいくようになってしまう。そして全く思いもよらないある日にまた突然の災害に見舞われ、また過酷な運命を繰り返すことのなりがちなのである。

 東北大震災からもう六年経ったが、今ではまだ皆が災害の恐ろしさを身にしみて感じており、再発防止のための措置が打ち出され実行されて来ている。しかしそれがいつまで続くであろうか。私が子供の頃は関東大震災の話をよく聞かされたものだが、戦後は戦争のことでいっぱいだったせいもあり、ここ何十年ぐらいはもはや関東大震災の話をする人はほとんどいなくなってしまった。

 今頃どうしてこういう話をするかというと、大震災のことより、最近はあの無残な戦争のことさえ知らない人が多くなってることを憂えるからである。実際に戦争を経験した人たちが少なくなっていくにつれて、記憶が薄らぎ、戦争の記憶も風化して来て、実際とは離れた理解をしている人たちも増えて来ているように思われる。親から戦争の話を聞いた子供たちが今や高齢者の仲間に入るようになり、孫の世代が中心となってくると、戦争の実態を理解するのが難しくなるのも当然であろう。

 戦争はもう遠い昔の歴史上の出来事である。そういう時に戦前復帰を意図する政府が出てきて、それに同調する世論が力を増せば、誰しも自分の国の長所は歓迎しても負の部分はできることならあまり触れたくないので、政府の宣伝に乗せられて侵略戦争ではなくて民族解放のための戦争であったとか、南京事件慰安婦の問題はでっち上げられたもので真実ではないとか、被害をいつまでも主張する方が間違っているのだというような主張までする人が多くなってきている。

  我々のように戦争を体験したものにとっては、大日本帝国帝国主義政策をとり、台湾や朝鮮を植民地とし、傀儡としての満州国を作り、中国大陸に侵略し、その結果として太平洋戦争となり、悲惨な敗北をきたしたことは変えようのない歴史的な事実である。

 その悲惨な戦争を通じて日本人は多くのことを学び、その教訓の上に曲がりなりにもその後の平和な経済大国を築いてきたのであり、以来年月が経ち、戦争を経験した世代が次第にこの世を去り、戦争を知らない人達ばかりになってくると、せっかくの先人達の貴重な教訓も忘れられがちになり、また同じ過ちを繰り返しかねないような傾向になってきていることに非常に憂慮せざるを得ないのである。

 歴史を振り返ってみると、戦争は決して急に始まるものではない。戦争が出来る国にするには、戦争が出来る国家体制にしていかねばならない。そのためには反対派を制御し、体制の整備から国民の意識の変化などまで、一段一段積み上げていかねばならない。こうして大勢の準備が整って初めて戦争が可能な国が出来上がるのである。そこまで行けばもはや引き返すことはできない。そのような体制が出来上がってしまうと、体制であるので最早誰もそれを止めることができなくなってしまう。勝つ見込みがあろうとなかろうと行き着くところまで行ってしまうことになる。

  日本の戦前の歴史を見てもまずは教育勅語や修身教育、戦陣訓、天皇崇拝、宮城遥拝などによる国民の教化、治安維持法などによる反対勢力の抑え込み、言論の抑圧、軍部の発言力の強化、政党の解散に続く大政翼賛政治による独裁政治等々の体制が固められ、国民精神総動員や隣組組織による相互監視システムなども出来、もはや引き返しが効かなくなり。誰も戦争に反対することもできない状態となって戦争が始まり、行き着くところが国中焼け野が原となり飢餓にさらされるあの惨めな敗戦となったのである。

 戦後七十年経った現在どのような世の中になっているか。安倍内閣によって、秘密保護法や安保関連法案などが出来、今更に戦前の治安維持法に当たる共謀罪取り締り法が審議中であり平和憲法の改定さえ目論まれている。戦時の加害に否定や、侵略戦争そのものの否定や戦前の大日本帝国の復活を唱える人まで出て来ている。言論の自由も次第に抑えられ、嫌中、嫌韓の世論が煽られ戦争の切迫さえ唱えられている。

 我々戦争を知っている世代はやがてはこの世からいなくなってしまうであろう。しかし生まれ育ち、生きて来た故郷だるこの国の運命には無関心ではおれない。戦後アメリカの従属国になったが、それを隠しながらも幸い経済大国になったが、今や少子高齢化で経済の発展も望めない。アメリカにとっては日本は前線基地に過ぎないのでいつ捨てられるかわからない。戦前への復帰は日本を孤立化させるだけである。

  先人の血の滲む貴重な体験からくる教えを今一度思い出して欲しい。広島の原爆の碑にも「静かに眠ってください。過ちは繰り返しません」と刻まれていることを忘れてはなるまい。それが戦前路線の終着地であったのである。ドイツのように二度までも世界大戦による国の壊滅を経験する前に、何とか賢明な道を選んでいつまでも平和で幸福な生活を続けられる国であって欲しいものだと願わざるを得ない。

高齢者年齢の引き上げ

 今年の1月5日、日本老年学会と日本老年医学会が高齢者の定義を「65歳以上」から「75歳以上」に引き上げることを提言したが、当然のことながら医学界のみにとどまらず、社会全体を巻き込んだ議論になっている。もちろんその理由は、年齢の引き上げが喫緊課題の社会保障制度の見直しに影響しかねないと受け止められたからであろう。

 確かに私たちの年齢層の老人を見ると、昔の同じ年代の老人と比べると元気な人が多く、平均寿命も伸び、外見だけ見ても今の年齢の八掛けぐらいが昔の年齢に相応すると言っても良いぐらいである。

 昔なら百歳と聞けば「へー」とびっくりするぐらい稀な存在であったが、最近では「うちの親父が百四歳で死んだ」とか、「母親が百何歳で老人ホームに入った」と言ったような話を日常会話でもよく耳にするようになっている。九十歳近くなった私のクラスメート達も昔と違ってまだかなりの者が健在である。

 いつかこのブログにも書いたが、今一番元気な年齢層は65歳から75歳ぐらいの人たちではなかろうか。定年退職して仕事から解放されてストレスは減り、体はまだ元気だし、在職時代からの友人もまだ多く、退職金をもらって経済的にも少しはゆとりもあり、何にも増して自由な時間がある。連れ立って旅行や、ハイキングに出かけたり、趣味に没頭したりして、生活を楽しむゆとりがあるのがこの時期の人たちの特徴である。電車の中などで見かけても、これらの人たちは現役のサラリーマンとは全く違って生き生きとして目に輝きがある。

 そう言った健康度のようなものだけから言えば確かに高齢者の定義を六十五歳から七十五歳に引き上げるのも一つの考え方かも知れない。しかし、老人になるほど個人個人のばらつきが若い時より大きくなるものである。六十五歳から七十五歳というと、今言ったように元気な老人が目につきやすいが、ガンや脳卒中心筋梗塞肺気腫などといった老人病が増えてくるのもこの時期であり、こう言う人たちは世間の表面には出てこないので目立たないが、病気や障害、健康面で劣る人も多いことにも注意すべきである。

 高齢者の生物学的な定義を考慮する場合には、単に平均的な状態のみでなく、このばらつきの多くなる健康度をも考慮に入れなければ、弱者を切り捨てることになりかねない。何も平均的な健康度が良くなったからと行って高齢者の定義を引き上げる必要性はないのではなかろうか。

 高齢者の定義と言ったものは生物学的な特質だけで決められるべきものでなく、極めて社会的なものである。これまででも六十五歳から七十五歳までを前期高齢者、それ以後を後期高齢者として分けて考えられてきた経緯からも、今ここで高齢者の定義を七十五歳に引き上げなければいけない必然性はないのではなかろうか

 少子高齢化時代となり、高齢者に対する社会保障制度が経済的に行き詰まってきているこの時期に定義を変えれば政治的に利用されるのは目に見えていることである、勘ぐればむしろその筋からの社会的な働きかけがあって、学会がそれに合わせて高齢者の定義を変えたという政治的なものである可能性も否定できない。

 新しい定義が利用されて社会保障制度が見直され改悪されることによって、相対的に若くても平均値より健康の劣る人たちが十分な社会保障を受けられなくなり、病弱で不自由な老人も仕方なしに無理やり働かなければならないことにもなりかねない。

 以前にどこかでも書いたように、ようやくのことで定年を迎えやれやれと思う疲れ果てた老人が、まだまだ働けると不自由な体に鞭打たれて、無理やり働かされる時代がやってくると言う悪夢が現実のものになりかねない恐れも出てきかねない。

 MedPeerという所が会員医師に聞いたアンケートの結果を見ると、「引き上げに賛成、社会保障も見直すべき」というのが約6割に上り、他の回答を大きく上回ったことも注目しておこう。医者や科学者はえてして自分の専門分野の中だけを見て判断しがちであるが、それが社会的にどう利用されるかについても関心を払うべきである。

 学会の意向がどうであったにしろ、高齢者の定義を引き上げることが直接高齢者の社会保障制度の改悪に利用されることを学会としても理解して提言すべきであったと思う。

 

右傾化の将来は

f:id:drfridge:20170416192145j:plain

 最近の安倍内閣の右傾化の傾向はますます激しくなってきた。アメリカの国際法を無視したシリアの爆撃にさえ安倍首相は支持を表明し、多くの日本人の心から願いであり、日本の国是にも近かった核兵器廃絶運動にもかかわらず、国連核兵器禁止条約にさえアメリカの意向を”忖度”して反対し、アメリカ従属の姿勢を益々強める反面、尖閣諸島竹島問題など国境問題をことさら煽って、嫌中、嫌韓の世論を高め、中国や韓国に対する無用な緊張や敵対関係を進めている。

 それとともに国内的にも憲法の解釈を変えてまで、秘密保護法や安保関連法案、共謀罪法案などを次々に強引に成立させ、国旗、国歌の強制や監視社会の強化、言論の統制を強め、憲法改正さえ目指し、先日は教育の分野でも道徳教育の必須化、教育勅語の強化への取り入れを容認するなど右傾化の傾向はとどまるところを知らない。

 そう思っていたら今日はさらに驚くべきニュースが飛び込んできた。

「政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定した。」(時事通信2017年4月4日)そうである。

 思わず今流行りの「フェイクニュースではないか、悪い冗談ではないだろうか」と目を疑ったが、どうも本当に閣議決定されたもののようである。

 安倍政権は、教育勅語といい、「我が闘争」といい、過去の負の歴史を肯定的に評価することに躍起になっているようである。日本が過去に引き起こしたアジア・太平洋戦争は安倍首相らにとっては侵略戦争ではなく、アジア解放の聖戦であるらしく、ナチス・ドイツと同盟を結んだことも否定的に評価することはできないようである。彼らは戦前の大日本帝国の復活を目指しているようで、 安倍政権の暴走が止まらない。

 しかしこの戦前復帰の右翼路線に将来の展望はあるのだろうか。世界は未だヒトラーのナチズムを許さないであろうし、アジアにおける日本の侵略戦争の歴史は消しようがない。しかも、アジアの情勢は当時とはすっかり変わっている。もはや中国は日本を抜いて世界第二の経済大国になってしまっているし、韓国や東南アジアの諸国の進歩、発展も著しい。アメリカの一方的な覇権も確実に揺らいできている。日本は今や少子高齢化の時代で労働者不足で経済も停滞せざるを得なくなっている。

 その中での戦前復帰路線は再び大日本帝国滅亡の愚を繰り返すことになるのではなかろうか。 以前に安倍首相の右傾化をやゆってヒトラーになぞった像がSNSに出回っていたが、まさにその写真の通りに、「我が闘争」まで持ち出してきたのかと驚くとともに、このまま行けばナチス化した日本はアメリカにも裏切られ、アジアでも孤立して、そのまま再び奈落の底へ落ち込む以外に道がなくなるのではないかと恐れるものである。

 

便器の上にコーヒーカップ

 金沢の21世紀美術館へ行った時のことであった。男子用トイレで用を足していたら後から入ってきた人が隣の便器の上に「コーヒーカップを置いて用を足し出した。

 一瞬びっくりさせられた。ここは病院だったかなという思いに駆られた。病院のトイレでは検尿のためにトイレの上に紙コップを置いて尿の採取に備える人がいるので、そんな気がしたのであった。私が医者なのでそう思ったのかもしれないが、てっきり採尿用の紙コップのような気がしたのだった。

 だが考えてみるとここは美術館である。そう思って見直してみると採尿用の紙コップではなく、館内のコーヒーショップでのテイクアウト用の白いプラスチックのコップで、ちゃんと蓋までしてある。こちらは目が悪いので、いくらか薄暗いトイレの中では一見しただけでははっきりしなかったための錯覚であった。

 しかし、いくらなんでもトイレとコーヒーカップはあまり相性の良い組み合わせとは言えない。昔の日本人なら「口にするものと排泄するものを一緒くたにするなど滅相もない」というところではなかろうか。世の中は変わったものである。

 1960年頃アメリカにいた時、スポーツで汚れたシャツと運動靴を一緒に洗濯機に入れて洗うのを見てびっくりしたり、長旅の旅行者が列車の中で平気で床に座り込んだりするのを見て驚かされたものだが、今では日本人の清潔感もだいぶ変わってきたようである。

 昔は日本人は上の物と下の物を区別したものである。鞄などの持ち物を地面に直に置くことはなかったが、今では電車の中などで高校生らにとっては大きな鞄などは床に置くのが普通のようである。

 それでもまだまだ昔の名残は残っている。女性などは電車の中でショッピングバッグなどを床に置くことを嫌って座席に置く人が多いし、駅のホームなどでは荷物を椅子に置いて自分は立っている人を見かける。駅の待合椅子に荷物用のスペースが拵えてあるのも日本ぐらいではなかろうか。

 日本人の生活スタイルが変わってきた上、生活空間全体が綺麗になったことなども関係して、上と下との区別が曖昧になってきたこともあり、人々の意識も変わってきた結果が上記の便器の上のコーヒーカップというのにもさして抵抗感がなくなったのではなかろうか。

 最近はどこでもトイレが清潔になり綺麗になったので、便器の上にカップを置いても決して不衛生であるとか汚いものではなかろう。21世紀美術館は時々興味深い催しをしてくれるので好きな美術館のひとつであるが、この時には思わぬ経験をさせてもらって一層印象深いこととなった。

火遊びは危険

 ここ二、三日の新聞やSNSを見ていると、今にでも戦争が始まるのではないかのようなキナ臭ささえ感じる。

 ここ数年来の竹島尖閣諸島をめぐる対中、対韓の領土問題や、南シナ海東シナ海をめぐる対中関係、慰安婦問題に絡んで大使まで召喚した対韓関係の悪化などは意図的に煽られて来ている面が強いが、SNSなどの書き込みを見ていると最近は「ここまで言ううか」と思われるぐらいに嫌中、嫌韓の極端な発言が増えている。

 そういうところに、大統領にトランプ氏がなって以来、アメリカの政策も変わり、つい最近シリアの政府軍がサリンガスを使ったというのを口実に、アメリカがシリアの軍事基地に攻撃を加えたと思ったら、北朝鮮に対しても、核実験やミサイル発射を非難して、中国が動かなければアメリカが独自に動くとして、カール・ビンソンという原子力空母を中心とする艦隊を朝鮮半島の向けて出発させたりして、一気に地域の緊張感を増している。

 それにともなってSNSの書き込みなどを見ると、今にでも朝鮮半島で戦争が起こるのかのような気配さえ感じられる。先制攻撃を煽ったり、金正恩の斬首だとかの物騒な発言もあるし、韓国からの難民が日本へ押し寄せて来るのでその対策が必要だとか、自衛隊による在留邦人の救出作戦をすべきだとか勇ましい言葉が並んでいる。

 戦前、戦中にも同様なことがあったが、実際の戦争の怖さを知ってそんなことを言う人はいなくなった。ところが戦争を経験した人がいなくなって、戦争を知らない平和の時代に育ってきた人たちばかりになってくると、深く考えもしないでまたこうした勇ましいことを言う人が出てくるようである。

 自分が安全な国にいるから勝手なことも言えるが、言うまでもなく戦争は一瞬で決まるものではない。勝手も負けても共に深く傷つくものである。先制攻撃をすれば必ず報復攻撃を受けることになる。しかも今や戦争になれば武器も過去の戦争とは桁違いの破壊力である。核戦争ともなれば勝敗に関わらず共に全滅ということにもなりかねない。

 世界戦争でなく地域的な戦争であっても、どちらかが単純に「攻撃した、やっつけた、終わり」というわけに行くはずがない。日本に米軍の基地がある限り、朝鮮半島に戦争が起これば、かっての朝鮮戦争の時とは異なり、日本が戦禍を浴びないで済ますことはできない。かっての空襲による焼け野が原や飢餓よりもっとひどいことにもなりかねない。

 悲惨な戦禍を避け平和を維持するためには、ここは何としても話し合いによる解決しかありえないことを知るべきである。いくら嫌いな相手であっても、勇ましい発言は慎んで、いかに戦争を避け、平和に共存できる地味な道を真摯に追求するよりない。

 火遊びのような勇ましい言葉や言動は自分のところへ返ってくるものである。戦争では自分も家族も守れないことは先の大戦が大勢の先輩たちが無残な犠牲によって教えてくれた貴重な遺産であることを知ろう。

だんだん壊れていく国

 戦争で国中焼け野が原になって餓死者まで出る騒ぎ、街には闇市や浮浪者が溢れ、買い出しとララ物資でようやく生き延びたた時代を知っている人が少なくなるとともに、最近の世の中はこうも変わっていくものかと驚くばかりである。

 戦後、朝鮮戦争ベトナム戦争の特需などにも助けられて幸い経済的には復興し、経済大国と言われるようになり、人々の生活も豊かになり、一億総中流と言われた時期さえあったのに、世の流れに盛衰は避けられず、少子高齢化の時代となり、産業も停滞し、国の借金も増え、社会的な格差や貧困化が問題となり、その上、アメリカ追随の政治は次第に右傾化が進み、近隣諸国との対立も徐々に強くなってっきている。

 戦後引き続いて政権を握ってきた自民党も、戦争を知らない世代に交代するに伴って、大日本帝国ノスタルジアを感じる右翼政治家達に占められるようになり、国粋主義神道主義が主流を占め、野党勢力の脆弱化もあって着々と法的整備も進め、独裁政治化が進んでいっている。

 最近の法案の動きだけ見ても秘密保護法、安保関連法案、テロ等関連法などと、一歩一歩国民を取り締まり、独裁政治化へと進んでいるし、メディアや教育への干渉も強くなってきている。それに呼応して孤独な貧困青年などの不満のはけ口としてのポピュリズムが力を増し、近隣諸国や国内の少数派への悪口や嫌がらせ行動などの右翼的な言動なども次第に公然化してきている。

 こう見てくると、ちょうど昭和の始まり頃の社会を思わせるものがある。何だかまたこの国がだんだんと壊れていくような気がしてならない。以前から言っているように戦争は決して急に始まるものではない。一歩一歩準備が積み重なって行って最後に起こるもので、もう直前まで行けば誰にも止められなくなって、否応無しに始まり、皆を悲惨と絶望の坩堝の中に放り込んでしまうということはつい百年にも満たない歴史が示している通りである。

 このまま進めば同じ過ちを繰り返すことになる恐れが非常に強いことを危惧する。今度かりに戦争が起これば、先の戦争よりもっと惨めなことになるのは間違いない。日本国土が戦争に巻き込まれるであろうから、沖縄戦で経験した人口の4分の1が戦争のために死亡する以上のことのなることを覚悟しなければならないであろう。

 しかも大きい枠で前回と違うのは、良かれ悪かれ大日本帝国は独立国であったが、現在の日本国は憲法に優先する日米同盟に支配されている従属国であることにも注意しておく必要があろう。アメリカの意向に振り回されてひどい目に遭わされないようにくれぐれも懸命な対処して欲しいものであるが、安倍政権の姿勢を見ているとまるで忠犬のごとくである。

 今の事態が今後どのように進んでいくのか。予測は難しいし、私は余命も長くはない。子たちも一人も日本にいないので、この国がどうなろうと知ったことではないと開き直ることも出来ようが、やはりここで生まれ、ここで育ち、長い間住んできたこの国の将来に無関心ではいられない。せめて二度とあの惨めな戦争の惨禍にだけは次世代の同胞たちに逢わせたくないと強く思うので、やはり今の世相が心配なのである。

 

 

今年の花見

f:id:drfridge:20170410080637j:plain

 毎年桜が咲くと春を実感させられる。戦後長らくの間は桜は戦争を思い出す切っ掛けとなり、桜並木を見ると隊列を組んだ兵隊が浮かび、「万朶の桜の花色・・・」と軍歌が聞こえ、花の宴の途中に幕の端から死んだ兵隊の亡霊が顔を出すような気がして、素直に桜の花を楽しめなかったものだが、最近になってようやくゆっくり桜を眺め、写真でも撮ろうかという気も起こるようになったきた。

 そうしたらもはや卒寿である。近頃は友人たちとの別れの挨拶も「生きていたらな」という言葉が交わされたりするようになった。桜の季節は毎年やってくるが、果たしていつまで見えることやらと思いながら今年の桜も愛でることになる。

 今年は気候の関係か、例年より少し遅くなったようであった。テレビの開花情報では東京は3月31日だったが、大阪は4月に入ってからだった。もちろん開花前線は毎年南から北へ上がって行くが、ここ何年かを見ていると、東京が早く大阪の方が遅れることが多いようである。面白いのは鹿児島が案外遅いのである。

 人の話の受け売りで自分で調べたわけではないので、どこまで本当かわからないが、東京は大都会のヒートアイランド現象で早いのだという人がいたし、桜は少し冷えた日があって、その後暖かくなると急に咲くのだそうで、鹿児島はずっと暖かいので冷えがなく開花が遅れるのだと説明してくれた人もいた。

 私の住んでいる池田の現状は、4月3日の月曜日に五月山の桜を見に言った時はまだほんのわずかの花が咲きかけているだけだったが、6日の木曜日に同じところへ行った時にはもう7〜8分も咲いていて、ほんの2〜3日でこうも急に一斉に咲くものだなあと驚かされたものであった。

 金曜日に姉を訪ねて駒川へ行った時の今川緑地の桜も見事で楽しめた。これならちょうど週末が見頃だろうと予想されたが、天気予報では週末から来週の初めにかけては雨とのこと。これでは今年の花見もこれまでかと思い、日曜日は朝から雨が降っていたので梅田へ映画を見に行ったが、午後は曇ってはいたが雨は止んでいた。

 せっかくの機会だからと思って、環状線桜ノ宮まで行って大川堤の桜並木を見に行くことにした。駅を降りた所から大勢の見物客で賑わい、桜も見事であった。大川の桜並木は毛馬の閘門から中之島公園までずっと川の両岸に続いているものである。

 満開の桜並木の遊歩道はどこまでも見物客でいっぱい。桜の下には青いビニールシートが所狭しと敷き詰められて、そこで大勢の人たちが車座になって食事などをしている。川面にも次々とお花見の観光船や水上バイクがやってきて大丈夫かなと気になるぐらいであった。

 どこにでも見られる昔からの日本の典型的なお花見風景である。しかし昼過ぎのせいもあってか、酔いつぶれた客や歌声がない。青いシートに集まった人たちも皆行儀よく食べたり喋ったりしているし、歩く人、立ち止まって桜の写真を撮っている人たちも楽しそうである。家族連れも多かった。

 しかし、そこで驚いたことは、歩いている人からも、座って食事をしている人からも、聞こえてくる言葉が中国語だったことである。桜の下の絶好の場所もほとんど中国人に占拠されているようであった。おそらく観光会社が中国人向けの花見旅行を計画して場所を抑えたものであろう。

 日本も国際化してきたものである。歩きながら行き交う人を観察していると、中国人以外にも欧米系の人もいるし、インド系、スカーフを巻いたインドネシアかマレーシア系、帰りの電車では出稼ぎに来ているベトナム人らしい若者の集団もいた。

 一見変わらないようでも、昔の花見とは知らないうちに随分変わって来ているようである。中国や韓国だけでなく、東南アジアや欧米からの観光客も多いようだし、少子高齢化が進み人手不足が深刻になるとともに出稼ぎにやってくる外国人も増えているのであろう。色々問題も起こるであろうが、もはやこの傾向は変えようがないのではなかろうか。

 単一民族だとか、戦前復帰だとかを望んでも時代を後戻りさせることはできない。元々、この島国の人は遅かれ早かれ、殆どの人たちは大陸から渡って来た人たちの後衛なのである。有名な聖徳太子ペルシャ系の血を引く茶髪の人だったとも言われている。

 今後もどんどん”渡来人”が増えた方が日本にとっても良いのではなかろうか。多民族国家の方が思わぬ知恵も生まれるもので、長い目で見れば、生物学的な人類の発展にも貢献するであろうし、新しい文化の生まれる可能性も高くなるのではなかろうか。この国の発展の契機ともなるのではなかろうか。

 花見もこれが最後のなるかもしれない私が見ることはできないであろうが、未来のこの国で、どんん人たちがどんな文化を築き、どんな社会に生きるのだろうかを空想してみると楽しくなる。そんなことを想像しながら今年の花見を楽しんだのであった。