続々出てくる大企業の不正

 このところ日本を代表するような大会社の不正事件が相次いでいる。東芝やシャープの経営破綻は別としても、タカタのシートベルトの不正に始まり、神戸製鋼の製品に関する書類の不正があったと思えば、次いで日産や三菱の車の製品検査の不正、三菱マテリアルや三菱アルミ、東レなどの品質保証の不正と次々に社長が頭を下げることになり、外国からは、日本は謝罪の文化だと揶揄される事態になっている。

 戦後の高成長時代には技術は世界一、製品はどこにも負けないなどと自負していた日本の産業も、こうなると、やがては高度成長で追い付いてくる新興国に対しても技術の高さを自慢できなくなってくるのではなかろうか。

 従来の感覚では日本の大企業に限っては、厳正に規律も守られているのが当然で、それが日本の産業界の常識のように思われてきたのだが、最近のこの有様は一体どうしたことであろうか。

 最近の少子高齢化や会社の能率化、リストラなどで、高度成長時代を支えた人がいなくなり、人手不足もあり、昔の優秀な技術やノウハウが次の世代に正しく伝わっていないようなことがあるのかも知れない。

 しかし私が思うには、この背景にあるものは、ここ数十年の社会の大きな変化や、グローバル化などに乗せられて、会社の姿勢が従業員重視から株主重視へ大きく変わったことが影響しているのではなかろうかということである。

 以前は日本の会社は一家のようなところが多く、顧客や株主も大事だが、従業員は会社一家の一員であり、一旦仲間に加わったからには、どんな社員も死ぬまで一切会社が面倒見ていこうという建前であったのが、最近は株主こそが大事で、そのために経営努力して利益を上げる金儲けが最大の目的となり、従業員の能力は手段としてしか認めない感じになってきている。こうした会社の風土の変化がそのような原因の背景にあるのではなかろうかと思えて仕方がない。

 昔から株主優先の経営手法を取ってきたアメリカなどでは、それなりのノウハウでやって来ているのであろうが、まだそういう歴史の浅い我が国の経済界では、まだそうした新しい企業文化に慣れきっていないところにいろいろな問題が隠れているのではなかろうか。

 この際、改めて品質管理の立て直しが必要だと言われるが、品質管理を立て直し、秘密主義を廃止して出来るだけ公開するなども手を打たなければならないが、もう少し掘り下げて、株主優先が避けられないにしても、もう少し従業員あっての会社であることを思い出し、従業員の待遇改善に勤めて、従業員の生きがいや、やる気を喚起する工夫などにも改めて目を向け、従業員を重視尊重する経営風土にすることが必要なのではないかと思うが如何だあろうか。

明石市の子育て支援

 子育て支援が問題になっているが、新聞によれば、明石市では中学生までの医療費、第二子以降の保育料、市営施設の子供の利用料などを、全て所得制限なしで無料化しているそうである。

 泉房穂市長によれば、所得制限をつけないのは、所得制限をつけると、親の所得によって子供を勝ち組と負け組に二分することになり、子供を親の持ち物のように捉えることにも繋がるからという。子供全員を対象として中間層の子や孫にも恩恵が及ぶようにした方が、納税者として市の財政の支え手を担っている中間層の理解が得やすい利点もあったそうである。

 新聞によれば市長がこのような優しい社会や子供への強い思いを抱くようになった原点は、4歳下に生まれつき障害を持った弟がいたことで、養護学校を避けてなんとか地元の小学校へ行けるようになったが、兄である今の市長が登下校に責任を持たされ、冷たい視線を浴びながら弟と一緒に通学し、世の中の理不尽さを子供心に憎んだという経験にあるのだそうである。

 

 運動会で弟が走りたいというのを「迷惑をかける」と両親も自分もやめるよう求めたのを振り切って、弟は走ったが、皆に随分遅れて嬉しそうにゴールインした姿を見て涙が止まらなかったという。弟が笑われたらかわいそうと言いながら、本当は自分が笑われたくなかったのだと気付いたそうである。

 最後に、「幸せを決めるのは本人であり、それを支えるのが周囲の役割なのだ」と、言われていたが、それが上のような施策に反映しているのであろう。今まで知らなかったが、明石の子育て支援が成功することを祈りたい。最近あまりない良い記事を読ませてもらった。

国際的いじめ International Bullying

  北朝鮮国連制裁にもかかわらず、2ヶ月あまりの沈黙を破って今度はアメリカ本土まで届くICBMを打ち上げた。それに対して、アメリカのトランプ大統領国連加盟国に北朝鮮との一切の関係を断つよう要請し、中国に対しても石油の供給を止めるように言っているようである。

 北朝鮮という国はこれまでの色々な情報を見ていると、戦前戦中の日本そっくりなことが多いので、どうしても好きになれない国であるが、そうかと言って、トランプ大統領やそれに乗った安倍首相などの話し合いではなくどこまでも圧力をかけ、その圧力で相手のやり方を変えさせるという政策には同調できない。

 話し合いの解決を前提としない圧力がどういう結果に結びつくのか見通しがあるのだろうか。圧力が極端になれば、窮鼠猫を嚙むことになる可能性が高くなる。それがどういう結果になるか考えただけでも恐ろしい。

 新聞などでは北朝鮮が殲滅されるというような記事も見られるが、一旦戦争になれば、被害は北朝鮮だけでは済まない。韓国の首都のソウルは休戦ラインから僅か50kmしか離れていないので、戦争の勝敗の如何にかかわらず、壊滅の危機に陥るであろうし、被害は朝鮮半島内にとどまるはずもない。

 日本の米軍基地が出撃の基地として使われるであろうから、当然日本も攻撃目標になる。沖縄の基地が目標になるだけでなく、日本を攻撃しようとすれば、例えば、敦賀湾の原発を狙うのが最もたやすいことではなかろうか。海辺に並ぶ地上に固定された原発はミサイルの絶好の標的であり、北朝鮮からのミサイル攻撃でなくても潜水艦による通常兵器の攻撃によってでも、その破壊は容易であろうし、破壊されれば放射性物質の拡散による被害がどれほど広がるかは東日本大震災原発事故を見れば容易に想像できる。しかもそれを防ぐ有効な手立てはない。

 北朝鮮が完全に破壊されたとしても、同時に日本列島の被害も莫大なものとなり、数え切れない死者が出ることも避けられない。アメリカは攻撃するだけで逃げれば済む。 ICBM が仮にに米本土まで届いたとしても、被害は局所的なもので、全体に影響するような被害を受ける可能性は低い。幸い、中国やロシアは平和的な解決を主張しているが、アメリカによる北朝鮮攻撃は絶対にやめさせ、話し合いの道を探すべきである。

 メディアの報道や世間の話などでは、北朝鮮という”ならず者”国家がアメリカを盟主とする国連の政策に反対して核やミサイルの開発を進め、理不尽な挑発を繰り返していることは断じて許されるべきではなく、核開発を放棄しなければ国連による制裁を解かないのが正義であるというのが当然のことと見做されているが、もともとなぜ北朝鮮が資源も貧しい小国でありながら、他のことを犠牲にしてでも国連決議にも反対して核やミサイルの開発を進めるのか、今回の危機のそもそもの原因についても考えてみるべきではなかろうか。

 誰の目にも明らかなことは、北朝鮮の核やミサイルの開発が他国を先制攻撃するためというよりは、他国から攻撃され滅ぼされるのを防ぎ、なんとか反撃能力を高め、攻撃を諦めさせ、自らが生き残るための唯一の手段と考えていることであろう。

 北朝鮮の側から見れば、朝鮮戦争は未だ休戦状態で終わっておらず、アメリカは未だに戦争相手国なのである。その上、アメリカを盟主とする西欧社会に逆らったイラクアフガニスタンリビアなどの小国は、結局アメリカに反対したために滅ぼされたという現実の歴史を目の当たりに見てきているのである。

 そうなれば自国を守るためには最低限、反撃できるだけの備えを整え、容易に攻撃されないようにしておかねばならないことになる。それが核とミサイルの開発なのである。

 世界の核兵器は五大國が核不拡散条約によって独占しているが、その規制もアメリカ主導の国連の都合で、インドやパキスタンはその保持を許され、イスラエルについては黙認されるという大国の御都合主義がまかり通っていることもある。  

 そうなれば、一概に北朝鮮だけに核開発をやめさせる道理は通らないことになる。イランに対する核をめぐる制裁の問題もあるが、北朝鮮はイランのような大国でもなく、未だアメリカとの平和条約も結ばれていないので、いつ攻撃されて潰されてしまうかも知れない恐怖に駆られても不思議ではない。

 世界の中で核保有国だけが核兵器を持ち、他の国には持たせない核拡散防止条約も、核を持たない国が一致して核兵器廃止を唱えているのに核保有国が依然として核兵器を独占し破棄に応じない現状では、自分たちだけが核兵器を持ちながら他国の核保有を禁止するのはどう見ても道理が通らない。

 ましてやアメリカなどが自分の気に入らない弱小國を潰してきた歴史は、どう見ても、大国の横暴としか言えない。いかに小国といえども生きて行く権利は大国と同様にあるはずである。当然弱小國が自国の生き残りをかけて、最低限の防衛手段を持とうとするのも当然であろう。

 こう見てくると、現在の北朝鮮の問題は決して変わった”ならず者”の独裁国家核兵器やミサイルを開発して平和な世界を脅し、挑発を繰り返す危険な行為をしているといった世間一般に広く行き亘っている構図とは大分異なった姿が本当のところではなかろうか。

 アメリカを盟主とする西欧社会が北朝鮮という自分たちのいうことを聞かない国を排除し、出来れば潰してしまおうとする”いじめ”とも言えるのではなかろうか。北朝鮮はそれに耐えて、必死で生き延びようとしているのであろう。

 やはり、この北朝鮮問題の解決は”弱いものいじめ”ではなく、話し合いによる北朝鮮生存権をも認めた上での、大国をも含めた世界の全ての核廃絶につながるものでなければならないのではなかろうか。

 

 

 

杖ではなくてステッキ

 歳をとって足腰が弱くなり、転倒するようなことが起こっても杖を持ちたがらない老人が多い。そんな人のために折りたたみ式の杖があり、デパートのステッキ売り場の店員さんが「これがよく売れるんです」と言っていた。杖を嫌がる人は格好が悪いというが、どっちみち老いの外観はごまかせないし、路上で転んだりすれば、その方がよほど格好が悪いではなかろうか。

 自分の歳は素直に受け入れて、むしろ早めに杖を持つべきだとお勧めする。昔から「初め四つ足で、次に二本足になり、最後には三本足になるのは何か」という頓知話もあったぐらいで、老人が杖をつくのは当然の権利だと考えた方が良い。杖と思わずステッキと思えばむしろ格好も良い。私の子供の頃のイギリスの首相にチェンバレンという人がいたが、彼はいつもステッキを愛用していた。ステッキは一頃のダンディなイギリス貴族の必須のおしゃれ用品であったのである。それを知らなくても、チャップリンがステッキを愛用していたことは今でも知っている人も多いのではなかろうか。

 私はまだ現役の頃、ある時足をくじいて一週間ぐらい杖が必要になったことがあり、その時、デパートで一番軽いからといって勧められた楓の木のステッキを購入したので、足が治ってからも歳をとったらいつかまた使えるだろうと思いとっておいた。

案の定、80歳を超えると何かの拍子に転倒しやすくなり、折角ステッキがあることだからと、早い目にステッキを愛用するようになった。杖と思うから恥ずかしく思うのであってステッキだと思えばオシャレなのである。

ステッキは転倒防止に役立つだけでなく、ステッキでそれとなく歩調を取れるし、歩きやすくしてくれるようである。坂道などを上がる時にはステッキがあると楽である。これまで息切れがしていたところでもスイスイ上がれる感じさえする。二本足と三本足ではやはり違うようである。前に行く人を追い抜くことさえある。

ただ気をつけなければいけないのは、ステッキを持っているからと行ってあまり調子に乗ってはいけない。ステッキは自分の少し前方の外側につくものだから、同行者のいる時にはその反対方向に持たないと同行者の歩行の妨げになることがあることも知っておかねばならない。

またステッキを使う時には少しゆっくり歩くように心算りすべきである。ステッキで調子をとってあまり早く颯爽と歩くと自分の足がステッキに当たることもあるし、道端の溝などにステッキがはまり、転倒の原因にもなりかねない。また暗渠の蓋の隙間や思わぬ道路の穴にステッキの先がはまり込んでしまうことも起こりうる。

ステッキを使う時にはこう言った守るべきルールもあるが、ステッキを持っていると転倒防止などの以外にも色々都合の良いこともある。坂を登ったり、長道を歩いたりして少し立ち止まる時などにステッキをつくと体を支えてくれるし、例えば自分の写真を撮ってもらう時など手持ち無沙汰で手ぶらでただ突っ立っているより、ステッキでも持つとポーズが取りやすいし、格好も良い。

さらには、ステッキは老人のシンボルのようなものだから、ステッキを持っているとそれだけで他人はその人が老人であり弱者であることを認めてくれる。弥次喜多道中の光圀公の印籠のようなものにもなる。

したがって電車などで若者が席を譲ってくれることにもなりやすい。実際の私の経験でもステッキを持っている時といない時では電車で椅子を譲ってくれる割合が違うようである。

こう見てくると老人になれば、なるべか早くから恥ずかしがらずにステッキを持つことをお勧めする。まずは、老骨を支える杖ではなくて、ダンディな男の持ち物のステッキだと認識することである。ステッキのある生活は決して転倒防止のようなマイナスに備えるだけのものではなく、老人に歩く楽しさを増やし、安全も守ってくれる優れものなのである。

 

石牟礼道子さんのこと

 石牟礼道子さんといえば水俣病を告発した「苦海浄土-我が水俣病」の本で有名であるが、一昨日だったか、新聞を読んでいて、氏の「魂の秘境から」という時々掲載される連載記事に目が止まった。これは水俣病とは関係がなく、「食べごしらえ」という副題のついたもので、次のような鯛めしについての記載があった。

 「湯気の立っているごはんの上に透きとおった厚い刺身を四、五枚のせ、鉄瓶の口からお湯をしゅうしゅう噴き出させて、琥珀色の「手醤油」を垂らして蓋をする」・・・「青絵のお碗の蓋をとると、いい匂いが鼻孔の周りにパッと散り、鯛の刺身が半ば煮え、半分透きとおりながら湯気の中に反っている。すると祖父の松太郎が、自分用の小さな素焼きの急須からきれいな色に出した八女茶をちょっと注ぎ入れて、薬味皿から青紫蘇を仕上げに散らしてくれるのだった」

 『椿の海の記』という氏がまだ幼い頃の農村の様子を描いたものからの抜粋であるが、久し振りに氏の文章に接して思わずうまいものだなと、その表現力に感心した。昔の田舎のささやかなご馳走の様子が周囲の雰囲気まで含めて、目に見えるようで思わず唾を飲み込む感じにさせられた。

 もう随分前のことになるが、苦海浄土の本を読んだ時に、よくもこれだけ丹念に多くの被害者の話を聞き、直接加害者を告発するというより、自然と共生した生き方をしてきたこの地の人びとの、有機水銀による水俣の公害によって起こされた悲惨さを丹念に聞き取って、静かに、だがしっかりと記載した労作には頭が下がったが、その表現力の豊かさにも惹きつけられて、長い記録をつい読みふけったことを思い出した。

 池澤夏樹が個人編集の世界文学全集に石牟礼道子を日本の作家として唯一取り上げたのにもうなずける。戦後の高度経済成長に伴って起こった水俣の公害事件はメチル水銀による神経障害によるもので、今なお記憶に新しく、いろいろなことが思い出されるが、その時にはいつも石牟礼道子の苦海浄土が出てくることになる。氏は私より一つ上の同世代でもある。

  なお、二、三年前にノーベル文学賞をもらったベラルーシ人であるスベトラーナ・アレクシェービッチの「チェルノブイリを取りまく世界のこと」を読んでいた時にも、その丹念な被害者からの聞き取りの文章を読んでいて、思わず石牟礼さんの苦海浄土を思い出したものであった。

 

失言は本音の表れ

 麻生大臣も九州の炭鉱で稼いだ麻生財閥の坊ちゃん大臣である。こちらは安倍首相より小柄だが、オシャレの積もりで長い縁の帽子などをかぶっているが、あまり似合っているようには見えない。

 この人は外見上は安倍首相よりは傲慢に見えないが、時々本心をぽろっとこぼす癖があって新聞などで叩かれるのが特徴である。 以前には「ヒトラーは知らぬうちに議会をなくし気がついたら独裁政権になっていた。それを学べば良い」と言ったようなことを喋り顰蹙を買ったことがあるし、老人の医療費が高騰し老齢年金などの高齢社会保障の財政が逼迫してきたことに関して、「老人はいつまで生きている積もりなのか」と言って反発を買ったりしているが、今度は選挙の勝利を省みて「北朝鮮のおかげ」だと言ったりしてまた問題になっている。

 いずれの場合も、うっかり口から滑り落ちた言葉であろうが、こういった失言の中にこそその人の本音が現れるものである。やはり庶民感覚とは違った傲慢さがついポロリと漏れるのであろうか。

  こんな人が大臣をしていることを国民はもっと認識して、将来の選挙に生かすべきであろう。本人だけでなく国民が哀れである。

 麻生大臣の失言についてはこのブログでも、今年の五月三日にも「こんな人に政府を任せている日本人」として書いたが、最近また上のような失言を繰り返ししているので、つい書かないではおれなかった次第である。

 

 

「謙虚に受け止め丁寧に説明する」

f:id:drfridge:20171126080101j:plain

 政治家という者は大言壮語しても身のないことが普通なので、「謙虚に受け止め、、真摯に対応し、丁寧に説明する」と言われても、その通りに受け止める人はいないであろうが、安倍首相の発言はあまりにもうそが多く信用ならない。全く反対のことを平気で言う傲慢さが目につく。

 謙虚とは広辞苑によれば、「①謙遜で心にわだかまりのないこと、控えめで、素直なこと②自己の弱小、無力、罪業に対する深刻な自覚から神の意志にあくまでも従順になろうとする心」とある。これを読めば安倍首相の態度がこれと全くと言っても良い逆であることが分かるであろう。

 そんな逆の態度の人の口から出た言葉をそのまま聞き取る人はいないであろうが、事実「謙虚に受け止め、真摯に検討し、丁寧に説明する」と言った後も、モリカケ問題が議会で問題になってから後、安倍首相のしたことは、野党の国会開催の要求を無視し、北朝鮮問題を煽って国民を煽り、野党の分裂などの波に乗って、やっと国会を開いたと思ったらそのまま解散し、「国難突破解散」と言ってきたが、その間、選挙戦でも、モリカケ問題については完全に口を閉じ、国民が少しでも忘れてくれることを願い、追随者に「そんな小さな問題より北朝鮮などの大事な問題を議論せよ」と言わしたりしている。

 果たして今度の国会では安倍首相は「謙虚に受け止め、真摯に対応し、丁寧に説明してきた」という。一体どこでしてきたというのであろうか。夢の中で言われたのかもしれないが、国民は全く聞いていない。モリカケ問題はもう終わったわけではないのだから、国会でもう一度丁寧に説明してもらいたいものである。

 この人は先を見ないでその場限りの判断で断定的なことを言うので、後でひっくり返ることがしばしば起こるのだが、そうなっても平気で前言を取り消したり謝ることもなく、平気でまた違った立場を断定してはばからないところが傲慢なのである。金持ちや有名人の坊ちゃんは怖いもの知らずと言われるが、岸信介の孫にあたる安倍首相はその典型であろうか。

 オリンピック開催地決定の時は東北地震での放射能漏れに関して、世間ではまだ色々問題にされていた頃であったにも関わらず、完全にコントロールされているとハッタリを利かせたりしたのはまだ序の口。

 TPPについては始め反対を唱え、「TPP反対 ぶれない自民党」というポスターを大量にばら撒きながら、平気でTPPを推し進め、アメリカが抜けた後まで面倒を見ている様で、それについての説明もあまりない。

 また消費税アップを延期した時も、最初の時は次回は必ず実行する「私のいうことに嘘はありません」と言いながら、その次の延期の時には、「これまでとは違った発想から」とか、わけのわからないことを言って延期し、自分の見込み違いを認めようとはしなかった。

 そして、加計学園の問題に際しては、古くからの友人で大学新設の申請を長い間しては脚下されてきた加計氏とは、今もよく会っていることがわかっているのに、申請の話を最近になって初めて聞いたと答弁するなど、あり得ない虚言を平然と述べている、などあまりにもうそが多すぎ、傲慢で謙虚さに欠け、個人としても信用ならない人物と見ざるを得ない。

 その上、北朝鮮問題では、まるでミサイルが日本に攻撃を仕掛けてきたかのように騒ぎ立て、Jーアラートまで持ち出て国民を不安がらせた上で、国難突破解散などと称して国民を煽るなど、少し度が過ぎている。上に掲げたイラストの掲示板はFBから拾ったものであるが、私と同じように感じてられる方も多いようである。

 今度の選挙ではもう見たくないと思っていたこの首相が三分の二を確保して、今後も当分この顔を見なければいけないのかとがっかりしている人も多いようだが、今度は野党の質問時間を減らそうとしているし、これから先どんな世の中になって行くのであろうか心配である。