年寄りはいつまでガン検診を受けた方が良いか

 若い時には癌が生じても、出来るだけ早期に発見すれば、早期胃がんのように完治可能なこともあるし、完治出来なくても治療により命を長らえ、家族に対しても、社会に対してもある程度責任を果たすことが出来、その人の人生を少しでも豊かにすることが可能なので、出来るだけ健康診断やがん検診は受けるべきだと思う。

  しかし、年寄りの場合は少し事情が違うのではなかろうか。人は必ずいつかは死ぬものである。今では癌で死ぬ人が一番多い。もう仕事の第一線から退いて年金生活を送っているような人にとっては、最早家族や社会に対してもいつまでも貢献しなければならない義務も少ない。

 いつまで生きるかは天の定めに従うよりない。遅かれ早かれ必ずいつかはお迎えがやって来る。それまでどう生きるか、いつまで生きたいか、どのように死にたいかなどは人によって異なるであろう。しかし、私はここまで生きれば、あとは天に任せてジタバタしようとは思わない。ある時死の病がやってきたら、ひどい苦しみは御免被りたいが、大きな流れに逆らわず、運に任せて素直に従いたいと思う。

 この歳になって命にしがみついて闘病するなど見苦しい。そう思って、男の平均年齢の80歳を超えてからは定期検診などは受けないようにして来た。早期に癌が発見されたとしても簡単に完治するようなものであれば良いが、そうでなければ苦しみを長引かせるだけになる。放置していて極端に悪くなってから判った方が死ぬまでの苦しみの時間が短いことも計算に入れるべきであろう。

 最早九十歳も越えれば、例え何らかの病を背負い込んだとしても、治って、また快適に暮らせるのでなければ手術など、大げさなことは避けた方が賢明であろう。年寄りの場合には、ガンでも発育が悪いことが多いので、手術はうまく行ったが、安静が続いたために全身が衰えたりして、手術しなかった方が長生き出来たのではないかと思われる例もある。そうでなくても、手術後に、どこかの機能不全に陥入ったり、寝たきりや、それに近い状態になってしまうといったことも多くなるものである。

 それより、癌の存在を知らなかったとしても、知らずにそのまま死に向かった方が幸せではなかろうか。知ることがいつも良いとは限らない。一度しかない人生の最期はやはり大事にしたい。長さではなく内容である。そのためには要らない雑音を入れないで、行ける所までは、楽しく暮らしたいものである。

 知らぬが仏で機嫌良く暮らして来た老人が、わざわざ検診を受けに行って治らない癌を発見され、不安に苛まれ、抗がん剤の副作用で日々の生活に支障をきたすなど、余命をいくらか延ばすことが出来たとしても、それが果たしてその人の人生にとってプラスなのかマイナスなのか考えさせられるところではなかろうか。

 ただ、こういう希望は人により異なるので、老人医療費の高騰で苦しむ為政者にこれ幸いと利用されて、”無用な”老人医療費の削減策に利用されがちなことにはくれぐれも注意しておくべきであろう。老人の生き方、死に方は人によって希望も、実際も随分違うものだから、上に書いたような私の思いを他人に強制しようという気はサラサラない。 

 ただ、私自身は年とともに嫌でも衰えていく体を労わりながら、その上に知らなかった憂いの種をわざわざ背負い込むような真似はしたくないと思うだけである。

ズボラのすすめ

 過重労働や過労死が問題になって久しいが、この問題は一向に解決に向かわない。逆に、採量労働制などという資本主義の黎明期に流行った労働の請負制のようなものが拡がりそうで、過重労働の問題は余計に悪化しそうな気配さえある。

 果たしてそれだけ働かないと人類はこの競争社会の世界では生きていけないのであろうか。科学技術が発達して来て、物事の生産性が上がれば、単純に考えれば、同じ時間に従来よりも短時間で同じ成果が得られるのだから、その分、楽をして遊んでいられることになるはずである。

 例えば米作の農業を見てみよう。昔はせいぜい牛や馬を使うぐらいで、あとは全て人力で畑を耕し、苗を植え、水をやり、除草し、穫り入れをするなどと、一年中、朝から晩まで汗水流して働いていてやっと成り立っていたのが、今では土日だけ、耕運機などを使って働けば、それだけで稲作が成り立つようになったわけである。

 後の日は遊んでいても、昔並みの生活なら出来るはずである。もちろん現在の生活にはそれよりはるかに必要なものを手に入れなければならないが、全ての生産が昔とは比べ物にならないぐらい効率よく大掛かりに作れるようになっているので、今の生産力と人々の暮らしの需要を比べてみると、そんなに無理に働かなくとも人々の暮らしは十分出来るはずである。世のIT化が進めば益々働く人手は減らせることになるであろう。

 あとは分配の問題があるだけである。これが最大の問題であるが、政治でそれをうまく捌くことが出来れば、今では人は過労になるほど働かなくとも、皆が十分食って生きて行けるはずである。そう考えれば、過重労働で過労死するほど馬鹿げたことはない。もっと人生を大事にすべきである。

 先日、新聞にアリの話が載っていた。働き者のイメージが強いアリの世界でも、あまり働かないアリがいて、集団の中から働き者を取り除くと「怠け者」が働くようになり、一方で「怠け者」を除いても新たな「怠け者」が出てくる。広くそう言われているが、それを確かめた人がいて、やっぱりその通りだったそうだ。

 なかなか仕事をしないアリもいる多様な集団の方が、効率は落ちても存続には有利なのだろう。余力のあることが大事で、生物は他の生物や資源との関係を壊さないように、進化してきたのではないだろうかということだった。

 人の世界も、生産性がこれだけ上がれば、利巧に分配しさえすれば、働かない者がいても十分やっていけるはずである。働き過ぎる者ばかりの世界では未来は閉ざされるのではないだろうか。良いものも悪いものも、よく働くものも働かないものもいて、一杯多様性がある世界が良い社会で、人類が栄える道ではなかろうか。

 働くことも大事であるが、ズボラをしてゆっくり休むことも大事にすべきであろう。

アリに負けないぐらいの「怠け者」を養うゆとりは十分あるのではなかろうか。ごく一部に過ぎない者が利益を独占せず、軍備費などに無駄な支払いをしなければ、皆が少しだけ働いて後は自分の好きなようにしていても世の中は回るはずであろう。

 勿論、そう簡単にはいかないことは解っているが、人類の選択の如何で、分配の問題をクリア出来れば、決して不可能ではないとも言えるのではなかろうか。

 

 

 

戦争体験を語った人、語らなかった人

 戦後70年以上も経てば、もう実際に戦争に行っていた人は殆どいなくなってしまって、戦争の話を聞く機会も減ってしまったこの頃である。日常の会話に先の大戦や戦後の話が出てくることも少なくなってきた。

 しかし今だに親や親族が犠牲になった思いを抱えている人は多い。先日もある人と話をしていたら、その父親がガダルカナルの生き残りだということがわかったが、その人は「父は戦争のことは死ぬまで全く話さなかった」と言っていた。

 それで思い出した。私の若い頃には戦争帰りの先輩が沢山いたので、その人達から嫌という程戦争の話を聞かされたものであった、その中に戦争に行っていたのに、戦争については全く話そうとしなかった一群の人たちのいたことである。

 私が子供の頃には、日本が宣戦布告もしないで中国へ攻めていった、「支那事変」(日中戦争)から帰った兵隊たちが、子供にまで自慢話を聞かせたもので、そのお陰で私が最初に覚えた中国語が「姑娘、来来」であったことが戦争の性格を表している。

 ただしここでは、そのような戦時中の話は別として、戦後に医者になってからも、当時はまだ先輩にあたる医師で、軍医として戦争に行っていた医師が多かったので、何かにつけて戦場などでの体験談を聞かされたものであった。

 その多くは自慢話で、当時の私たちは何となく戦争に対する贖罪感を持っていたので、そんなことには御構い無しに喋る戦争の話にいささか辟易させられたものであった。

 しかし話している方からすれば、戦争体験はその人にとっては、それまでの人生の中での全く非日常的な特殊な経験なので、幸運にも生還したからには、自分の体験を自分の中だけに秘めて置けず、他人に話して共感して貰いたくて仕方がないのである。その気持ちも判るので我慢して聞き役を引き受けざるを得ないことが多かった。

 軍医でいっていた人が多いので、直接先頭に関わったというより、もちろん危険は伴なったであろうが、比較的安全な後方勤務などが多かったこともあり、それらの先輩たちにとっては、戦争の残虐さや非人間性をそれほど感じずに済んだ人も多かっただろうから、余計に忘れられない思い出になっていたのかも知れない。

 しかし、当時でも、同じように戦争体験がありながら、上述のこの間会った人のお父さんのように、自分の戦争体験を全く話そうとしない人たちがいることにも気がついていた。ガダルカナルの生き残りのように、実際に最前線で戦い、生死の分かれ道を経験したような人や、戦争に伴う残虐行為などに関与せざるを得なかった人、シベリヤに抑留されて過酷な生活を強いられた人などは、口を閉ざして決して自分の過去に触れようとしなかったのが特徴的であった。

 同じ戦争体験者でも、こうも違うものかと当時から両者の対比があまりにも際立っていることが気になっていたことを思い出した次第であった。

 

対馬・壱岐巡り

 以前から一度機会があったら対馬に行ってみたいと思っていたが、自分でわざわざ計画を練り、前調べをしてまで行く程でもないので、便利なツアーでもあればそれに乗っかって行くのがよかろうと考えていた。

 しかし、嫌という程送ってくる旅行社のパンフレットには壱岐対馬旅行というのは案外少ないし、何故かあっても、大阪からのツアーは泉大津からフェリーに乗って一晩かけて博多に行ってというスケジュールのものしか目に止まらない。新幹線で2時間半で行けるところをわざわざ船で行くこともないのでパスしていたが、たまたま、朝の新幹線で博多に行って、そこから高速艇で対馬へ行くツアーがあったので、今回はそれに乗っかって行ってきた。

 ただしツアーなので、対馬は南の厳原周辺のみで、朝鮮半島の見える北の端の展望台まで行けなかったのは残念であったが、立ち寄った南に方の展望台でも夜に釜山あたりの灯りが見えるという話は聞く事が出来た。

 それぐらいで、対馬は韓国に近いので、古来朝鮮の影響が強いのは当然であろう。昔の藩主の代々の墓も訪れたが、宗氏という一字の姓からして朝鮮由来の氏族かと思えるし、朝鮮式の立派な墓石も見られた。一般の方言にも半島由来のものが多いそうだし、今では韓国からの旅行者が多いようで、どこかの駐車場で止まっていた観光バス5台のうち4台までが韓国客のものであった。対馬の土地を買っている韓国人も多いそうである。対馬という名前自体、韓国側からこの島を見ると、二匹の馬が向き合っている姿に似ているところからそう言われるようになったとも聞かされた。

 同じツアー客同士の話で、「どうしてこんな何もないような所に韓国の人が大勢やってくるのだろうか」と疑問の声が聞こえたが、私の考えでは、以前にチェジユ島(済州島)へ行った時の印象から、韓国人は南への憧れが強いので、すぐ近くだということと相まって、対馬に引き寄せられることになっているのではなかろうかと思う。

 事実、対馬は固い岩盤の上に出来たような島で、海岸は殆ど絶壁の岩肌で、平野が少なく、全島が山や山林に覆われている感じで、今でこそ道路も整備されたが、昔は南の方から北の端まで行くには、途中で一泊しなければならなかったそうである。これといった産業もなく、街に活気もないが、観光資源としては朝鮮通信使の歴史を取り上げているようである。あちこちでそれに関連したものが見られた。

 対馬に一泊して、次の日はフェリーで壱岐へ行ったが、壱岐対馬よりずっと小さな島だが、平地が多く、古くから一支国(いきこく)もしくは一大国として魏志倭人伝にも出て来るぐらいに開けており、登呂遺跡や吉野ヶ里遺跡に匹敵する原の辻遺跡という弥生時代の遺跡や古墳群なども見られる。現在でも、対馬より小さいのに人口は同じ程度で、島全体で見てもひらけているし、街並みも大きい感じである。長崎県壱岐病院なども見られたし、朝早くから登校する高校生たちも見られた。

 おそらく、古代には今のように国境もなく、人々は船で自由に行き来していたであろうから、対馬壱岐五島列島から朝鮮半島に沿った南から西にかけての多くの島々、チェジュ島も含み、それと九州や朝鮮半島の南部が一体となった一つの文化圏のようなものがあったのではなかろうか。それが歴史に見る任那百済と日本の関係に繋がっていたのであろうと思われる。

 どこまで真実であるかどうかはわからないが、こうした古代のロマンを夢見させてくれるところが何よりもこの地方の魅力なのであろう。その一端に触れさせてもらって、二泊三日の旅は楽しい思い出を作ってくれました。

 

 

自発的隷従

 翁名知事の死去による後継者選びの沖縄知事選で、玉木デニー氏が勝利して翁名知事の路線を引き継ぐことが沖縄県民の意思であることがはっきり示された。

 政府は何とかして辺野古基地建設を続けようとするであろうが、この選挙の結果は国内だけでなく海外にも広く沖縄県民の意思を示すもので、大きな視野で見れば、政府も本土や海外の世論も無視することが出来なくなり、県民の意向にもこれまでよりは配慮せざるを得ないであろう。 

 ところで選挙結果を見ていて気になったのは、若い人ほど基地建設に反対の人が多いのかと思っていたら、若い人ほど対立候補の基地容認派に投票した人の割合が多くなっているのが気になった。

 そう言えば、沖縄問題に限らず、これだけ無責任な政権運営を続け、憲法改正、軍備増強など、多くの人々の期待を裏切り、戦前復帰の右翼政策が強引に進められているにも関わらず、政府の支持者の割合が思いの外、若者に多い傾向も見られる。無関心で棄権する人が多いだけでなく、ネトウヨなどと言われる人も、若い人に案外多いのは何故であろうか。

 我々老人の目から見ると、若者はもっと反骨精神が強く、政治的に敏感に反応することが多いように思って来たが、今や時代がすっかり変わってしまっているようである。今の若い人は戦中、戦後の時代を全く知らないし、もう生まれた時から平和な世界に育ち、飢えや極端な困窮などにも縁がない。そうかと言って戦後の高度経済成長とも関係がない。停滞した経済が続く中で、明るい未来の展望も持てない。集団社会が分解され、スマホなどに囲まれて孤独化の傾向が強い。政治への関心も薄いのであろうか。

 沖縄の問題に関しても、日米安保条約の問題や自衛隊なども、自分たちが生まれる前からの既存の存在であり、その上に自分たちの生活が築かれて来たのである。そのような環境の中で、孤独な閉鎖的な日常を送っていると、最早大きく支配されてしまっている現状が当たり前で、対抗するにはあまりにもエネルギーを要し、何も米軍基地反対だなどと騒がなくても、いろいろ問題はあっても、日々の自分の生活さえ出来ればそれで良い、そっとしておいてくれという諦めに支配されていて、反基地闘争などがかえって煩わしく、反基地闘争などに反対という感情も起こってくるのであろうか。

 それは半植民地状態にも反発せず、もう「自発的隷従」という状態に陥っているのだとも言えよう。戦いに負けて奴隷にされた人たちも、初めは反抗しても、そのうちに現状に甘んじ、置かれた環境の中で利口に生きようとする。中には勝者に媚びへつらって他人よりも有利に立ち回り、仲間を支配しようとする者さえも現れる。

 その上、ムラ社会の伝統の強かった日本では、一般に大勢順応の傾向が強いし、今日のようなネット社会では人はしばしば自分が少数派に陥ったような心細さに襲われやすい。こう言った状態がこの国の現状なのだろうか。

 政府はアメリカが日本を守ってくれているというが、憲法より安保条約が優先し、アメリカの意向の範囲内でしか日本政府は何も出来ない。情けないことであるが、そういう状態が70年も続けば、それがむしろ常態となり、今や人々の間に「自発的隷従」という風潮が広がってきているのであろうか。

 それでも、沖縄の選挙結果を見ても、「自発的隷従」を断ち切ろうとする動きの強い高まりも現実であり、その動向が密かに多くの人々の心を動かしていることも確かである。日米安保についての関心も高まって来ており、世界情勢の変化もあって、将来への展望にも一筋の光が差し始めてきたような気もする。

 まだまだ将来のことは見通せないが、その光に希望を託して、先ずはこの「自発的隷従」を断ち切り、日米の地位協定の改正から始まって、完全な独立国になったこの国の未来を見たいものである。 

「被災し病院搬送も放置、死亡」 遺族、病院を提訴へ

 SNSを見ていたら上記のような表題が出ていたので、どういうことなのか確かめようと読んでみた。

 記事によると、『東日本大震災で被災した宮城県石巻市の女性=当時(95)=が市内の病院で必要な介助を受けられずに死亡し、精神的苦痛を受けたとして、遺族が近く同病院に損害賠償を求める訴えを起こす由であった。

 遺族側によると、女性は震災前に同病院に通院し、日常生活に全面的な介助が必要とされる要介護5の認定を受けていた。2011年3月14日、自宅周辺が水没して孤立していたところを自衛隊に救助され、同病院に搬送された。

 同病院は治療の優先順位を決めるトリアージで、女性を「自力で歩ける軽症の患者」を意味する「緑」と判定。女性は飲食介助や点滴といった医療行為を受けられず、搬送から3日後の同17日に脱水症で死亡した。

 遺族は「介護状態の認定に必要な主治医意見書は同病院から発行されており、女性が自力で飲食できないことを同病院は震災前から把握していた」と指摘。同病院は搬送を受け入れた時点で、必要な保護措置を講じる義務を負ったにもかかわらず、漫然と女性を放置して死亡させたと主張している』ということであった。

 ここでいうトリアージというのは、この大震災のような突然大規模な災害が起こり、多数の犠牲者が出た場合、一度に皆を診るわけにいかないので、出来るだけ多くの人を助けるために、生命の危険度に高い人から優先的に診れるように、まず大勢の対象者を呼吸をしているか、心臓が動いているか、意識はあるかといった基本的な状態だけから選別して、緊急度の高い順に手当を行おうとする方法で、世界的に似た方法がとられているものである。

 当然、東日本大震災の時にも、何処でもこのトリアージによって選別され、治療が行われたはずである。従って、その時点でその老人は一応歩けて意識もあったので、治療に緊急性がないとして緑の札を貰って、加療が後回しになったものと思われる。

 しかし、遺族側から見れば、その病院への以前からの通院患者であるから、病院としては患者の状態を知っていたはずであるのに、放置されていたと受け取ったのも当然であろう。いかに救急の時でも、主治医なり看護師なりで、顔見知りなり、以前の通院時の状態を知っている者がおれば、当然対処の仕方も違っていたであろうが、トリアージは集団を相手とした機械的な選別方法であるから、自力で歩けて特別大きな傷害が見られなければ順番が後回しになったのは当然であろう。

 大勢の人々を緊急に処理しなければならない条件の下では、個々の例の対処方法については必ずしも最良の方法ではないことは周知の上で、機械的トリアージを最良の選択として行なっているのである。その上非常事態であったので、病院としての対応もそれまでと同じようには出来なかったのも当然であろう。

 恐らく病院としての対応に落ち度はなかったのであろうが、遺族側の心情も十分理解出来る。以前から通院して病状も知って貰っていたはずの病院に受診したのに、震災後の混乱時だったとはいえ、診察を他の人より後回しにされ、そのためか否かは別としても、その後に病状が悪化して死亡してしまったとあれば、遺族が納得しがたいのも当然であろう。

 SNSの記事だけなので詳しいことはわからないが、緊急時で病院側に平素のゆとりがなかったことは当然であろうし、病院に落ち度があったかどうかは不明である。ただ、トリアージはあくまで集団を対象とした緊急時の便宜的な方法であり、到底個々の患者さんの要望に十分答えられるものではない。必然的に小さな落ち度をも伴いうるものであることをも理解しておくことも重要であろう。

 

 

核戦争よりもっと恐ろしい戦争

 第二次世界大戦を見てもわかるように現代に戦争は総力戦である。総力戦であるからには持てる全ての力が発揮される。最先端の技術が用いられる。

 それまでの常識は通用しない。第二次世界大戦の前には大艦巨砲の時代であったが、戦争となると最早大艦巨砲は通用せず、航空機の時代となっていた。戦争は前線における戦闘だけでなく、国家と国家の総力の戦争となり、大規模で、前線も銃後も変わりなくなり、大規模な都市に対する爆撃が行われ、国中を焼き尽くさんばかりとなり、戦争末期には原始爆弾まで使われ、この延長線上では、人類の滅亡さえ真剣に考えなければならなくなったことは周知の通りである。

 しかし科学の発展が止まることがない以上、戦争になれば、更に最先端の科学が利用されることになる。核戦争に対する反対の声が上がっても、核開発が止まったわけではないし、劣化ウランを使った弾薬の使用も行われている。やがて核弾頭もより強力なものとなるだろうし、宇宙軌道からの発射も考えられるであろう。

 更に今後の問題としては、当然AIの軍事利用もあろう。米軍などは既に無人の飛行機(ドローン)による攻撃を行っているが、今後の戦争ではAIがフルに活用されるであろう。無人のAIの判断によって攻撃するロボットの大規模戦闘が行われるであろうし、宇宙空間の利用による攻撃にも用いられるであろう。そこへの核爆弾の利用も加わるであろう。

 先の大戦でも条約で禁止されていた毒ガスも実際の戦闘では使用されたし、生物兵器の進歩もあろうし、それらの組み合わせも考えられる。総力戦であれば条約は無視され、ありとあらゆる手段が利用されることになるのは必然であろう。

 何れにしても、現在驚くほどの金額を消費して準備されているような兵器類は最早ほとんど役に立たず、もっと違った全く新しい戦略や戦術による思いも寄らない大規模な戦闘が起こる可能性も高い。その結果は本当に人類の滅亡に繋がりかねないし、地球そのもののの破壊さえ起こりかねないであろう。

 ただ核兵器のようなあまりにも大規模な大量破壊兵器の応酬は自分をも破滅させることが足枷となって、それより現在中東などで繰り広げられているゲリラ的な地域的な戦闘が世界的に広がるような、あらゆる権謀術策を使った、違った形の世界戦争の可能性も考えられる。こちらの方が陰惨で残虐、悲惨な結果を招くかも知れない。こういう戦略、戦術、諜報にあった武器の開発も進むであろう。

 最早、どちらが勝つかより、人類がどこまで耐えられるかが問題となり、人類が本当に最後の時を迎える可能性も十分あるであろう。最後の救いは人類の叡智しかない。