酷暑日

 今年はまだ6月だと言うのにもう体温を越えるような猛暑が続き、これでは7月、8月の本格的な夏にはどうなることか心配になる。

 群馬県・伊勢崎市では6月25日に既に40.2度、6月の気温としては2011年に埼玉県熊谷市で観測されて39.8度を上回る国内最高の記録を更新し、初めて40度を越えたのだそうだ。7月に入ると更にひどくなり、1日には名古屋で40度、大阪37度だったという。全国では、6地点の観測点で40度を超え、1日としては最多だったそうである。

 昔、我々が子供の頃は、今のようにクーラーもなかったので、暑い時には裸になったり、水をかぶったり、海水浴に行ったりなどしていたが、30度が一応の暑さの目安であった。それを超えたら今日は暑い、29度までなら、まあまあ我慢出来る暑さかなと言うぐらいの感じであった。

 今でも覚えているのは、中学三年の夏休みの時に、先輩の当時の海軍兵学校生徒が、夏の軍服に短剣をぶら下げた正装で、兵学校の勧誘にやってきたことがあった。その時の制服は、真夏というのに、詰襟の白い制服であった。勿論、汗だくだったが、正式の母校訪問なので、平然と振る舞っていて、さすがだなあと感心したものであった。今なら到底出来そうもないことであろうが、当時は真夏でも30〜32度ぐらいが最高温度だったのではなかろうか。

 またその頃、友人達と話したのを覚えているが、アラビアでは外気が40度以上にもなり、体温より外気温のほうが高い。そうなると、暑いからと言って裸になるのは返って良くない。体温より暑い外気にさらされるのだから何かを着て外気を遮断したほうが良いのだ。だからアラビアのローレンスなどアラビアの人たちは長い衣装で体を覆っているのだなどと、事実は知らないが勝手にいい加減な想像を逞しくして話したりしたものであった。それが現実のことになるなど思ってもみなかったことである。

 それはどうあれ、今の連日の暑さは本当ににどうにかならないものか、助けてくれと言いたくなるぐらいである。今まだ7月になったばかり。これが2月も3月も続いたら、果たしてそれまで体が持つだろうとさえ思う。エアコンをつけていると気持ちが悪いし、消せば蒸し暑くてたまらなくなる。窓を開けても外の暑い空気が入ってくるばかり。体はぐったりする。

 人新世で、炭酸ガス濃度が増えたためかどうかはわからないが、地球の温暖化が進んでいることは間違いないようでる。五十年先のことではなく、もっと近い未来のために、広範で少しは有効な基本的な暑さ対策を考え、実行してみなければならないのではなかろうか。

 気象庁の発表では25度C以上を夏日、30度以上を真夏日、35度以上を猛暑日と言うらしいが、こうも40度C以上が当たり前に見られるようになると、40度C以上にも「酷暑日」とか何とかつけてはどうだろう。

 ただそれよりも、40度以上などは平に御免被りたいものである。昔は冬の寒さにやられて死ぬ老人が多かったものだが、今後は夏こそ老人にとっては過酷な季節となろう。熱中症その他で、冬以上に死ぬ老人が増えるのではなかろうか。

 まだ生き残っている九十代や百歳超えの老人たちよ、電気代や電力事情などを無視して、エアコンをつけっぱなしにし、水分を十分とって、よく眠り、よく楽しんで、どうかこの暑さを何とか乗り切って欲しいものである。

PatientでなければPatientになれない

 女房が頬部のシミの組織を調べてもらったら、悪性像があるというので、市立病院の皮膚科で手術して、その部分を摘出してもらった。2〜3センチ経ぐらいの皮膚をいじるだけの外来での小手術に過ぎなかったが、とりあえず付き添い人として病院に行った。

 たまたま見つかったいわゆる皮膚のシミのがんは、一般にあまり転移などで問題になるることもないので、あまり心配もしなかったが、やはり万一のことでもあった時の連絡のためもあるので、家族が誰か一緒に病院へ行き、待機しておく必要があるようであった。受付や診察室の待合で長らく待たされ、手術中は手術室の前でずっと待っていた。

 医者として医療者側から見る医療と、患者側からみる医療はまた異なるもので、良い悪いは別として、患者側からすれば、全てが受動的な側にばかり回るので、大事なことは待つこと、耐えることばかりである。

 英語で忍耐強い意味の形容詞のpatientを、そのまま治療を受ける患者に当てはめてpatientと呼ぶようになったのはいつの頃か知らないが、辛抱強く待ち、辛抱強く耐えている患者をそう呼ぶようになったのか、あるいは患者に辛抱強く我慢しろという意味なのか、どちらかは分からないが、いつの頃からか、医療にかかる患者をpatientと呼ぶようになったらしい。

 辞書を引くと、Paientの名詞の欄には①患者②受動者とあり、次いで、稀にと言う注釈付きで③辛抱する人、受難者と書かれていた。やはり医師に全面的に任せ、受動的に任せて、耐え忍ぶのが患者であり、Patientなのであろう。

 今回は、私は付き添いだったので、直接痛みとか苦痛を辛抱強く我慢する必要は全くなかったのだが、それでも病院という所は何でも全て忍耐強く待つ所であることを実感した。

 受付で待ち、待合室で待ち、診察で待ち、手術の終わるのを待ち、会計で待ち、処方箋を貰うので待ち、更には、外の薬局で調剤の出来るのを待つ、まさにpatientの連続であった。

 今の病院は昔よりはるかに効率良く組織立てられ、患者側の要望にも答え、全てが能率良く合理的に進められるようになっているにもかかわらず、どうしても大勢の患者がいる限り、待たねば仕方がないのが現在の医療である。

 私が医者をしていた頃の患者さんは今とは比べ物にならないぐらい、待たされ我慢させられていたに違いないであろう。診療する医者の方は忙しいばかりで、丁寧に診療すればするほど、次に患者を待たせることになるのをどうすることも出来なかったものである。

 新書版の本を持って行ったので助かったが、待つ時には、いつも以上に時間の経つのが遅いものである。今の病院で、この待ち時間をこれ以上大幅に短縮することは難しことであろうが、やはり待つことが多ければ多いほど、長ければ長いほど、苦痛なものである。

 健康な私でもそうなのだから、ましてや、病気の苦しみや痛みを抱えた人にとっては、恐らく待ち時間は単なる時間以上に苦痛なものであろう。

 待っている間に、ふと思いついた。例え病気になっても、patientでなければpatientになれないのが医療のようである。

 

世界は確実に動いている

 突然のロシアの侵略によるウクライナ戦争が起こり、世界の非難がロシアに向けられている。世界大戦の苦い経験から、話し合いで国際問題を解決しようとして出来た国際連合も、常任理事国による侵略戦争で、その存在意義さえ問われることにもなってしまっている。

 しかし、ここに至るには冷戦終結以来の、勝者のアメリカが一貫してロシアをいじめ抜いて来た歴史があり、それがいよいよロシアの隣国であり、歴史的に同根の民族であるウクライナNATO加盟にまで及んで来たことが、ロシアの軍事行動の直接の動機であると言われている。

 それに対して、アメリカは軍隊は送らず、軍事援助とこれまでにない広範な経済制裁を世界に呼びかけて実施して来ている。開戦当時は、侵略戦争反対には国連の百何ヶ国以上が賛成し、国際通貨制度のSWIFTからのロシアの締め出しまでを含む、徹底した経済制裁で、ロシアは石油やガスの輸出まで出来なくなり、アメリカは軍事援助や高いアメリカ石油の代替の輸出で大儲けし、ロシアはどうなるかなと心配させられた。

 ところが、早期から一時急落したルーブルはすぐに持ち直して、以前の値を維持しているし、経済制裁も徹底せず、それまで石油やガスの資源をロシアに依存してきたヨーロッパ諸国はロシアからの輸入を早急に禁止することも出来ず、ルーブルによる取引が続けられているし、インドはロシアから安く大量の石油を買い入れ、それを転売するようなこともあり、もう少し様子を見ていかなければ分からないが、今のところ、ロシア経済は返って発展しているとも言われている。

 それに対して西側諸国では石油のみならず、食料品その他の日常品等の物価上昇でインフレ恐怖が起こり、その対策に振り回されている。その上、世界中に同調を呼びかけたロシアに対する経済制裁も、ヨーロッパやアングロサクソンの国々、それに日本、韓国以外は、予想に反して同調する国が少なく、中国は別としても、インドも拒否し、アフリカ諸国、アジア諸国の同調も得られず、南米諸国までがこぞって制裁に顔を背けた結果となった。

 さらに改めて同調を求めて行われたアメリカの呼びかけでも、シンガポールの会議ではマレーシアやインドネシアなどの反対で、東南アジア諸国アメリカの意にかなわなかったし、地元の米州会議でも、独裁国家としてキューバ、ニカラガ、ベネズエラを外したのが仇となって、メキシコも欠席、その他の南米諸国でも同調を得られななった。

 ソ連が崩壊し、世界の警察官と言われるまでになった、一時のアメリカであれば、世界中の国々を従わせることが出来たであろうに、中南米の国々を制し、中近東や北アフリカイラクアフガニスタンで戦争を繰り返し、遂にはアフガニスタンからの撤退を余儀なくされたアメリカには最早世界に君臨するかっての威力は失われてしまっているのであろうか。

 世界が確実に動いていることを感じる。ウクライナ情勢にしても、プーチンは強気に出て、あくまで目的を達成しようとし、アメリカや西欧諸国は依然として、ゼレンスキーに戦争を続けさせようとしているが、アメリカの識者や、ヨーロッパは密かに停戦交渉を求めているようである。

 こうした世界情勢の中で、今後のアメリカの最大の目標はロシアよりも、アジアの中国の台頭をいかに抑えるかということであろう。今や中国は日本を遥かに追い抜き、アジアの国々の評判も、既に日本より上になっている。

 アメリカは既にあらゆる手立てを使って中国の発展を抑えようと工作しているし、今後はますますひどくなるであろう。その中で、アメリカにいつまでもくっついていると、いつの日にかは、日本はアジアで孤立し、取り返しのつかないことになる恐れが強いことも知っておくべきであろう。

 

頓珍漢な話

 長らく裸婦のクロッキーを描く会で一緒にやってきた仲間で、男性がプロの写真家で奥さんの方は趣味の絵描きという夫婦がいた。

 私がひと頃、写真の団体に属していたこともあり、また、クロッキーの会にもその夫妻が共に参加していたこともあり、お宅にも時々お邪魔したりもして、親しくして戴いていた。ところが男性の方がもう数年前に亡くなり、今は奥さんの方が一人で猫と一緒に暮らしている。

 ある時、その奥さんの話の中で、私が戦中、戦後に長らく住んでいた、天王寺茶臼山界隈のことが出て来たことがあり、どうして彼女が茶臼山あたりのことに詳しいのか気になったが、その時は他の人も交えた会話の中だったので、聞きそびれてそのままになっていた。

 ただ、彼女は若い時、銀行に勤めていたことを知っていたので、ひょっとしたら天王寺公園天王寺駅前からの入り口のすぐ北側にあった住友銀行の支店にでも勤めていたのかも知れないなどと勝手に想像したりしたが、そのまま忘れてしまっていた。

 ところが、つい先日クロッキーの会場で隣り合わせになった時に、ひょっこりそのことを思い出したので尋ねてみた。「どうして茶臼山のあたりのことをよく知っているのか」と聞いたのだが、返ってきた返事は全く頓珍漢で、話は全く噛み合わない。

 以前にその話を聞いたのはそんなに昔のことの様には思えないが、コロナでクロッキーの会も休みが続いたし、ひょっとしたらもう何年も前のことだったのかも知れない。突然の話題に戸惑ってついてこれなかったのかも知れない。

 いつの間にか二人とも歳をとって、今や私が九十四歳、彼女が九十二歳ということになってしまっている。私も最近は耳が遠くなって、テレビの音も離れていると聞きづらいし、聞き違えなども多くなっている。

 そんなことも無視して、唐突に以前からの調子で話しかけ、尋ね方が悪かったのかも知れないと思った。彼女の返事は、それとは全く関係のない、以前にも聞いたことのある自分の娘についての愚痴などが延々と続いた。仕方がないので、しばらく話を聞いてから、再度尋ねたが、やはり頓珍漢な返事が返ってくるばかり。耳が悪いのであろうか。

 何度か言い直してやっと話が通じたらしく、彼女が子供の頃に茶臼山か、隣の堀越町あたりに住んでいたことが分かった。「大道一丁目」だとか、「雲水」だとか、思い出を分かち合える地名や場所も出てきたが、彼女のいう「キリスト教会」は私には記憶がなかったし、私の言った「高橋医院や辻肛門科」は彼女には分からない様であった。

 ところが、折角そこまで話しても、私も茶臼山に住んでいたことを話したのに、どうもうまく通じなかったようである。繰り返したが、聞こえたのか、聞き取れなかったのか、あるいは関心が持てなかったのか、昔近くに住んでいたという「思い出の共感の様な反応」が全く得られなかった。

 お互いの住んでいた時間的なずれがあるのかも知れないが、同じ子供の頃と言い、歳も近いのだから、もう少しお互いの思い出を共有出来るのではないかと思ったが無理であった。

 応答の様子からみて、彼女の方も以前と比べて、大分聴力が落ちて来ているのではなかろうか。それに一人暮らしが長くなるので、認知機能の問題も絡んでいるのかも知れない。

 こちらの五感も悪くなっているし、コロナや年齢のために、私の発音も若い時の様に流暢とはいかない。90代の老人同士の会話はどうもお互いに頓珍漢になって、理解がずれている様である。歯がゆいことだが、老人同士ではこんなことも多いのではなかろうかと、つくづく思った。

 また機会を見て、再度、挑戦して尋ねてみようかと思っているが、果たして何処までわかることやら・・・。

日本の人口ピラミッド

 

 たまたま日本の人口ピラミッドを見ていると、上図のように、65歳以上が黒く塗られ、64歳から15歳が灰色、14歳以下が格子模様に塗り分けていて、おまけに男女の印までついており、丁度左右に男女別の人の横顔に見えて興味をそそられた。帽子を被った男女の横顔に見えるではないか。

 ところが、これは昨年度の分であるが、この国の人口動態からも容易に想像できる様に、この百年ばかりの間にこの日本の人口構成も激変し、ピラミッドもすっかり形を変えてしまったのである。

 我々の子供の時に教えられたのは、日本の人口は大まかに言って、毎年200万人生まれ、100万人死んで、毎年100万人づつ増えるということであって、人口ピラミッドは綺麗な山形を示していた。見ただけでもどっしりと安定していて、なるほど、こうして日本の人口も増え、国も発展していくのだなあと思ったものであった。

 ところが、その安定したピラミッドは長くは続かなかった。不幸な戦争を象徴するかのように、日中戦争や太平洋戦争で大きな歪みをきたし、その後は急速にその姿を変えていってしまったのであった。そのきっかけとなった戦争による戦死者によるピラミッドの歪みは、77年後の今なお大きな傷跡を残している。

 戦後は、戦争の反動によるベイビーブームで、一時的に急に人口も増えたが、やがては戦後の貧困や民主主義などが絡み、次第に出生数が減ることになっていった。その頃の出生児が今ではもはや65歳となっており、そこまでが図では帽子の部分に当たる。

 その後再びベイビーブーマーの2世で出生率は少し増えたが、1970年の大阪万博頃を境に、その後は徐々に確実に出生減が続くこととなり、最近では戦前の死亡者数の100万人をさえ切る、出生者数80万人台にまで減ってしまっている。もはや人口ピラミッドも安定どころか、頭でっかちなキューピー人形が立っている様な格好になっているではないか。

 しかもこの傾向は今後も確実に続いて行きそうなのである。この分では2050年頃には、出生数が50万人も切ってしまいそうで、今でも足元が小さく不安定な人口ピラミッドは、益々足元もおぼつかない頭でっかちでスリムな危なかっしい格好になってしまいそうである。

 移民にでも助けてもらわない限り、足元の人口以上にピラミッドの横幅が増えるわけがないのだから、将来が心配である。先のことなので、未だ関心が薄いが、このままだと、日本人はやがてこの世から消滅してしまそうでもある。

   公園に子等の声なしこどもの日  埼玉県 鈴木清三(朝日俳壇2022.6.5.)

伊達マスク

 コロナの感染者数は減っては来ているものの、まだまだ終わりが見えて来たと言うところまでは行っていない。今後も、まだウイルスの変異は続くであろうから、いつまた、強力なウイルスが出現しないとも限らない。

 しかし、もう流行が始まって2年半も過ぎると、人々はもうコロナに飽きてきたし、仕事や社会経済活動もいつまでも放っておけない。幸い、オミクロンという重症化しにくいウイルスが主体になっている様だし、ワクチンの接種も行き渡って人々の免疫力も上がって来ているので、もうここらでウイルス絶滅より、ウイズコロナで行きましょうという様に社会の動きも変わってきている様である。

 もう既に、アメリカやヨーロッパではこれまでの規制も緩められて、暫時、正常生活に戻って行こうとしている様である。アメリカにいる孫のSNSなどを見ていると、誰一人マスクもなしに大勢で騒いでいる様な場面が多いし、テレビで見るアメリカやヨーロッパでも、スポーツや他のイベントなどでも、マスクなしで集まっている場面が多い様である。

 そういう流れに沿って日本でも、個人のコロナの防護体制も次第に緩められていきつつある様である。街に出ても、まだまだマスクをしている人ばかりだし、店の入り口の消毒用のスプレーや、何処にでも見られるプラスチックの仕切り板などはそのままであるが、観察していると、人々の対応には少しづつ変化が見られる。

 店に入る時の消毒用スプレーの使用も、置いてあっても省略している人が多くなったし、マスクもまだ殆どの人がしているが、公園や広場などでは、マスクをしていない人も次第に見かける様になってきた。

  そうは言っても、いまだに村社会の伝統を受け継いで周囲に同調しやすい日本人である。大勢はまだ家から出れば、ずっとマスクをしておいた方が良いと考える人が多い様である。私は、暑くなってきたし、気持ちの良い野外でまで、マスクをする必要はないだろうと思い、マスクを外しているが、宅の近くの河原の散歩道で行き交う人も殆どの人が、未だにマスクをしたまま、歩いたり走ったりしいている。

 どうもいつの間にか、日常生活の中にマスク着用が定着してしまい、必要かどうかを判断する以前に、既にマスクをして出かけるのが当たり前になってしまった様である。それに、まだマスクがないと感染の恐れのある人混みの多い所を通らなければならないこともあるので、その度にマスクを着脱するのも面倒である。マスクをするならつけっぱなしの方が便利だということにもあるようだ。

 ただ、暑くなってくると、マスクは息苦しくて鬱陶しい。そんなこともあるからであろうか。最近は「鼻出しマスク」や「顎マスク」の人をよく見かける様になった。「鼻出しマスク」はマスクがずれて鼻口が顔を出しているものだが、以前はそれを気にして。始終ずり落ちたマスクを引き上げている人が見られたが、最近は鼻からずり落ちたままを常態としているのではなかろうかという人も多くなった。また、マスクを顎まで下げている「顎マスク」は、先ずはマスクをしていることを示すためでもあるが、必要な時には敏速にマスクが出来る様に保持しているのだということらしい。

 最近はこういった「鼻出しマスク」「顎マスク」の人を多く見かける様になって来た様である。恐らく、こういうのも日本だけに多い現象ではなかろうか。「鼻出しマスク」「顎マスク」はどちらも不恰好で 決して粋な格好ではないが、「伊達」には「見せかけ」という様な意味もあるから、これらを私は勝手に「伊達マスク」と呼んでいる。

   朝日川柳より: 持ってるよ マスク手に見せ散歩道 (埼玉県 阿部 功)

 

 

原発訴訟

 東電福島第一原発の避難者が起こした集団訴訟で、最高裁は6月17日、これまでの高裁の判決を覆して、国の賠償責任を否定する判決を下した。

 事故の9年前、国の地震調査研究推進本部は福島沖の日本海溝寄りで津波地震の起きる可能性を指摘しているし、国会でも原発に詳しい共産党の議員が、地震や事故の危険性についても指摘していたにもかかわらず、国も東電も安全を主張したまま進めた結果がこの事故を起こしたのである。

 その結果、広範な放射能汚染により、多くの地域住民の生活を根底から破壊する、取り返しのつかない事態を引き起こし、今なお全面的な復興には程遠い。

 実際に襲来した津波が予想を上回ったので、国があらかじめ東電に対策を命じていたとしても、事故は防げなかったというが、タービン建屋などの水密化措置などをしていれば、全電源喪失といった事態は防げた可能性が大きいと高裁も判断しているのである。あらかじめ危険性を指摘されていたにもかかわらず、あらゆる事態を想定した安全第一の防災措置を取るのが、原子力事業団や規制当局の責務である。

 それが守られなくとも良いというのであれば、従来通りの発想と対策さえしていれば、コストもかからず法的責任も免れることになるであろう。水密化措置は十分可能だったのであり、実行ある対策を取らなかった東電を容認した国の責任を問うた裁判官もいたのである。「想定外」という言葉で免責することは許されないであろう。

 最近はエネルギーの安定供給や脱炭素対策として、再び原子力の積極的活用を求める声が大きくなりつつあるが、この安全性の問題以外にも、核のゴミの扱い、事故が起きた時の被害など、原発の利用には今なお根源的な問題を残したままであることを忘れてはならない。

 こうした困難な諸課題の解決なしに、原発復権を唱えるのは、再び原発事故以前の無責任体制に逆戻りすることであり、絶対に容認出来ない。原発はやはり廃棄すべきであろう。