アメリカのバスの運転手

 先日新聞の特派員メモ欄に、ニュージャージーからニューヨークへ行く路線バスのことが載っていた。

「いろんな人が乗ってくる。30代ぐらいの女性は「財布を忘れた」。40代ぐらいの男性は「間違ったバスに乗ってしまったので戻りたい」。ただで乗せてくれという意味だが、その理由が本当かは疑わしい。でも運転手は「オッケー」と即答し、次々に乗せていく。「俺の判断だ」という自信がマスク姿にあふれている。・・・」といった記事であった。

 思わず、昔アメリカにいた頃に見た、バスの運転手のことを思い出した。私の印象に残っているのは、乗客と運転手のトラブルであった。もう昔のことなので、仔細は忘れたが、乗客と運転手が言い争いになり、運転手が「それならバスから降りろ」と言って乗客を降ろしてしまったことだった。

 日本での同じようなシーンなら、乗客の方が「俺はちゃんとお金を払ってるのだぞ」と強気に出て、運転手はお客とのトラブルを起こすのはまずいと考えて、渋々、その乗客も乗せて出発するところだろうが、文化が違えば、こんなところも違うのだなあと感心させられたものであった。

 アメリカの方がどんな仕事についても「契約」の概念が明瞭で、仕事の分担範囲、それに伴う責任などもはっきりしているのである。それだけに、請け負った仕事は責任をもって果たすが、それに伴う権限もフルに自由に行使することになる。仕事のマニュアルがアメリカで発達したのもそのためであろう。

 決められたバスの運行についても、運転手が安全運転を含めての全責任を引き受ける代わりに、それに伴う全権限も任されることになるのである。従って、乗客を乗せる乗せないの判断も、自分の権限に委ねられる部分が大きいのである。

 日本のバスの運転手であれば、乗客を勝手にタダで乗せたり、気に食わない乗客をおろしたりすることは許されないであろう。せいぜい出来ることは、このアメリカの運転手がやったように、高齢の女性を特別に停留所ではない場所に下すことぐらいであろう。それも日本では、規則違反であろうから、会社にバレないように、こっそりサービスするぐらいのことであろう。

 日本では会社は家のようなもので、従業員はお互いに助け合って会社のために働くと言った感じが強いが、アメリカでは、全く知らない者が契約で集まって、会社で仕事をしているといった感じで、契約による仕事や責任の範囲がはっきりしているので、同僚の仕事が忙しそうなので助けてやるというようなことはしないのが普通である。

 その代わり自分の責任範囲のことについては日本より厳格である。金の管理は当然運転手の責任である。ある時、バスが人里離れたような所の終点に着き、乗客を皆おろした後、引き返すまで間に、運転手がトイレに行ったが、僅かな釣り銭の入ったケースをわざわざ運転席から外ずして腰につけ降りて行った。乗降客も近くの人も誰もいない所で、ごく短時間のことで、そこまでしなくてもと思ったものであった。

 そう言えば、アメリカの治安の悪さも関係していたのかも知れない。ニューヨークの地下鉄の切符売り場のおじさんんもトークンの回収に、切符売り場から20歩ぐらいしか離れていない改札口に行くのに、切符売り場を出て、一旦鍵をかけて、行ったのを見たこともあった。

 またハワイの空港では、ラゲッジを空港内のバスからタクシーに積み替える場所でのことであった。幅1米ぐらいしかないプラットフォームの左についたバスから右に止まるタクシーに積み替えるのは、間にいるポーターがチップを貰ってしている。タクシーの運転手は運転席に座ったままで、乗って来るお客の荷物なのに、一切手を出さないのにも驚かされた。

 昔より今の方が、日本も随分アメリカに似て来たが、文化の違いは奥深いもので、所違えば、同じバスの運転手の行動パターンも違っているものである。(2021.09.21.の記事とする)

 

核兵器禁止条約

 今年の一月に、ようやく世界の55ヶ国が揃って、国連の核兵器禁止条約が発効した。原爆の唯一の被爆国の日本は当然この条約に真っ先に加わっているだろうと思うのが常識だろうが、実は日本は初めからこの条約に反対で、この条約が有効になっても、あくまで参加しようとはしない。

 どうしてなのかと訝る人もいるであろうが、アメリカからの働きかけがあったのかどうかは分からないが、日本はアメリカの「核の傘」に守って貰っていることになっているので、アメリカを思ん謀って、この条約に初めから加わろうとしていないのである。

 そればかりではない。オバマ政権が核兵器先制使用禁止を宣言しようとした時にさえ、「核抑止論まで禁止されてしまうと、日本の安全保障政策が根源から揺らいでしまう」と言い、あくまで、日本がアメリカの核の「傘の中」にいることを安全保障の根幹と考えているようである。 近隣国からの核によらない通常兵器による攻撃に対しても、核兵器による反撃がありうることを相手国に示しておかないと安心出来ないようである。

 しかし平和な時には「核の傘」もあるいは有効かも知れないが、実際の戦争となれば、安心の拠り所にならないばかりか、かえって危険でさえある。 

 仮に北朝鮮が相手国だとしてみよう。アメリカ軍の核攻撃によって相手国に壊滅的な打撃が与えられるにしても、反撃されれば、日本も壊滅されてしまうことになる。原爆でなくとも、若狭湾の海岸に並んで固定されているいくつかの原発が破壊されただけでも、日本にとっては致命的となるであろう。

 また、中国のような広大な大陸が相手では、一発の核攻撃で相手をやっつけることは不可能である。そうすれば、核による反撃が起こることになるであろうから、日本列島では、最早誰も生きて行けないことにもなりかねない。

 攻撃にしろ、反撃にしろ、水爆さえある中で、核戦争が起これば、この小さな島国が耐えられるとは考えられない。攻撃したアメリカ軍はは本国へ撤退すればそれで済むであろうが、日本はその戦争に勝とうが負けようが、全国民に及ぶ、死活の問題ということになる。

 こう見てくると、核の傘より先ずは核のない世界を造る方が、より現実的で、より安全な方策であろうと思われる。大事なことは軍備増強よりも外交である。アメリカとの関係を、平等で中立的なものとし、核のない世界の潮流に乗って、自主的な平和外交を進めることが、より安全な道ではなかろうか。

 核戦争のことを考えなくとも、日本をアメリカの対中国戦争の前線基地とすることは絶対に避けるべきである。沖縄の島々に攻撃用の基地を置くことは、相手の反撃目標を作ることである。アメリカの基地としての有用性が高ければ高いほど、攻撃は必ず反撃を呼ぶものである。

 結果は、沖縄の人々を再び戦果に晒すことになるだけでなく、日本にあるアメリカ軍基地を狙った攻撃も当然起こるわけで、アメリカ軍は不利とあらば、いつでも本国へ逃げられるが、日本が戦場となり、日本人が先の大戦時以上の悲惨で過酷な目に遭うことになることを知るべきである。先の大戦における沖縄戦を思い出すだけでよくわかる。

 アメリカの前線基地となることは最悪の選択である。日本が中立を維持出来るように日米関係を見直し、何としてもそれだけは避けるべきであろう。

どちらが正しいか

 先日、新聞などで問題になった、政治家たちの漢字の誤読などについて触れたが、今や漢字は誤読ばかりか、書く方も誤りが多く、四字熟語などの乱れは想像以上のようである。Googleで漢字の誤りを調べてみると、ア行から始まって、ワ行まで、全部で150程の熟語が正誤対比で載っていた。今では、誰しも間違ったことのない人はいないのではなかろうか。

 こう言う言葉は、最初耳から聞いて覚えることが多く、漢字が後からついてくるものなので、思い違いなどで、誤った漢字を当てはめることが起こりやすい。私は子供の頃から「いっしょうけんめいやりなさい」などと言われていたので、「一生をかけて頑張れ」と言う意味で、「一生懸命」が正しいとばかり思っていて、「一所懸命」が正しいのだということは大人になるまで知らなかった。

 ただし、子供の時に聞かされていたのは確かに「いっしょうけんめい」であり、決して「いっしょけんめい」ではなかったので、教えてくれた人も一生懸命と思っていたのかも知れない。今では一生懸命の方もかなり認知されているようでもある。懐古趣味なども今では回顧趣味と混同されて使われているような気がする。

 また、昔の記憶で、「一朝一夕」を「一鳥一石」と書く友達がいて「馬鹿だなあ」と思ったことがあったが、これなど「一石二鳥」と言う言葉があるので、それを先に覚えたら、「一朝一夕」が類推で「一鳥一石」となっても不思議ではない。

 同じような間違いはキリがないが、最近のように、日常的にひらかなやカタカナが多用され、漢字の使用が制限されるようになると、昔から日常的に使われてきた四字熟語などについても、話し言葉としては受け継がれてきても、書き言葉がそれについて行けず、適当な文字に置き替えられたりしがちなのも仕方がないような気もする。

 日本語には同音異字が多いので、漢字の正確さが厳しく要求されなければ、どうしても安易に流れて、似たものが混同されることにもるのであろう。多くの誤りはこの手である。

 下に思いつくままに適当に四字熟語を12ばかり並べてみたが、どらがち正しいか参考のためにご覧になってみて下さい。

 

以下の熟語の文字はどちらが正しいか?

1 たんとうちょくにゅう    短刀直入   単刀直入

2 ぜったいぜつめい      絶体絶命   絶対絶命

3 しゃこうじれい       社交辞礼   社交辞令

4 たんじゅんめいかい     単純明快   単純明解

5 いっちょういっせき     一鳥一石   一朝一夕

6 にそくさんもん       二束三文   二足三文

7 ききいっぱつ        危機一発   危機一髪

8 ふわらいどう        付和雷同   不和雷同

9 いっしょけんめい      一生懸命   一所懸命

10 いきしょうてん       意気衝天   意気昇天

11 いくどうおん        異句同音   異口同音

12 いみしんちょう       意味深長   意味慎重

(正解は奇数欄では後の方が、偶数の場合には前の方がが正しい)

希望のない自民党

f:id:drfridge:20210913105507j:plain

 このところの新聞やテレビなどのマスコミは、菅首相の後任の自民党総裁選のことで持ちきりである。コロナ対策では、まだ緊急事態宣言が続いており、医療の切迫がなお続き、依然として自宅で死ぬ人までまだいるのに、そんなことは放っぽり出して、自民党の総裁選の下馬評に夢中である。

 菅首相の評判があまりにも悪いので、次の首相を期待するのも分かるが、総裁選は殆どの国民が投票出来るわけではなく、自民党の中だけでのことである。総裁選の後に総選挙があるとはいうものの、野党がそれに対して4党で共同戦線を張り、市民連合を作り政権交代を目指しているというのに、そちらについての記事は殆どない。

 総裁選もこれはという、多くの人に希望を抱かせるような人物がいるなら兎も角、菅首相の選択は最低であったが、後任を狙って立候補した顔ぶれを見ても、岸田、河野、高市の各氏ということで、今の自民党にはいよいよ期待を持てる人物のいないことを表しているようである。

 岸田文雄氏は前回の総裁選でその知名度が課題となって、菅首相に敗れ、もうこの人はおしまいだと言われた人物。真っ先に名乗り出て、あちこち積極的に回っているらしいが、森友加計問題で再調査を仄めかしたが、党内の反発を買って忽ちトーンダウンしているなど情けない。

 河野太郎氏は、かってのボスの二世だが、大分変わり者だという評価がもっぱららしい。国会内でも異常な行動が多いそうだし、記者会見を見ても、記者の質問に全く答えず、「次の質問」「次の質問」と言うだけで、終わってしまう有様で、およそ大臣の態度ではない。SNSでも、気に入らぬメールはすべてブロックしているとかでも有名な御仁らしい。かっては原発再開に反対していたが、今回安全な原発は再開させると態度を変えているのはけしからん。

 高市氏は安倍晋三の後援を受けているが、この最右翼のおばさんにだけは首相になって貰いたくない。それこそ空恐ろしいことになりそうである。保守団結の会に所属し、憲法改正を唱えている。ただし、保守的な自民党では女性は不利であろうし、まだ年齢から言っても本命とは思われていないようである。

 こうして、この三人を比べて見ても、いずれにも期待出来ないし、いよいよ自民党には実力者がいなくなってしまったのだなあと思わずにはおれない。

 それに対して、折角、野党が立憲民主党共産党社民党に、れいわ新撰組まで加わって、4党で市民連合を組み、政権交代を狙おうと言っているのだから、マスメディアはもっとそちらも宣伝してやるべきではなかろうか。現在の状態では、多くの国民の期待は自民党よりも、むしろ野党にあるのではなかろうか。

 ここらで自民党は一度終わりにして、出直して貰うようにした方が良いのではないかと思うのは私だけではなさそうである。

 

9/11から20年

f:id:drfridge:20210906105035j:plain

 あのニューヨークのWTCビルに飛行機が突っ込み、ビルが崩壊した9.11事件からもう20年経ってしまった。その時、テレビで直に飛行機がビルの突込み、黒煙を上げてビルが倒壊し、逃げ遅れた人たちがビルから振り落とされるように落ちてくる姿が今も昨日の事のように思い出される。現実を見ているというより、何かの映画のセットの一シーンでも見ているのではないかという気がしたものだった。

 その直後から、世界は変わった。丁度その後、アメリカへ行った時のことも忘れられない。まるで戦時中だった。人々が皆愛国者を振る舞い、すべての走るクルマに星条旗が掲げられ、空港ではあちこちに銃を掲げた兵士が見張り、皆がテロを気にして、アタッシュケースを置いてすぐ横の窓口に何かを買いに行っただけで、不審物だとして近くにいた女性がガードマンを呼ぶような張り詰めた空気が漂っていた時代であった。

 やがて、ブッシュ大統領が世界中に、アメリカの味方か敵かを問い、ヨーロッパや日本まで従えたアメリカ軍が強引にアフガニスタンイラクに攻め入り、以来長い間の中近東の戦争が今までずっと続くことになってしまった。その結果がどうなったかは最近のアメリカ軍のアフガニスタンからの成果なき撤退となったことは周知のことである。

 米ソ冷戦が終わり「歴史の終わり」とも言われ、アメリカが世界の支配者となったかに思われた時に起こったこの9.11事件は確かに一つの時代のエポックを画するものであり、ある意味では、アメリカの頂点を示すものでもあり、また一方では、その凋落の始まりを暗示すものでもあったのではなかろうか。

 9.11事件の真相については、今だに分からないことが多い。飛行機が上部の階に突っ込んだからといって、WTCビルが2棟ともに、根底から崩れ落ちたのは何故か。ペンタゴンの墜落現場に全く飛行機影がが見られなかったのは何故か。飛行機が突っ込んでいないビルまで根底から崩壊したのは何故か。それに、あのような大掛かりなテロが、誰にも知られずに、外国のテロ組織だけで果たして可能だったのか等等。当時から疑わしいと思われ、未だに解明されていない事が多過ぎる。

 このような時には色々なデマが飛び交うことが多いのが普通である。何千人という自国民の犠牲を払ってまで、アメリカ自体がでっち上げのようなことをするかという疑問もある。しかし、アメリカという国の歴史を見ると、米西戦争の時の戦艦メイン号の爆発事件以来、でっち上げ事件が繰り返されているので、すべてのアメリカの報道を鵜呑みに出来ない事情もある。ベトナム戦争トンキン湾事件も、イラク戦争の核開発も、いずれもでっち上げだったことが判明している。9.11についての人々の疑惑を否定し去るのが難しいのも故なしとしない。

 しかし、時代はそんなことにはお構いなしに進んでいく。9.11から20年経ち、アフガニスタン戦争もイラク戦争も済んでしまった。いずれでも、アメリカの思惑とは違った歴史が始まりつつある。もはや元に戻すことは出来ない。今ではアメリカの関心は中近東より中国である。アメリカが20年の年月と何兆ドルもの大金を投じて対テロ戦にうつつを抜かしている間に、同じ時間と大金を投じた中国の発展はめざましく、今やアメリカの独占を脅かしかねない大国にまで成長してしまっているのである。

 同じ時間と金の投下の違いによる両国の結果が興味深い。まだまだアメリカの優位は続くであろうが、アメリカもここらで遅れた他国に自分の都合の良いように圧力をかけたり、潰しにかかるのを止めて、共存共栄の発展に役立てるように政策の変更を試みないと、やがては、アメリカが世界の潮流に乗り遅れることにもなりかねないことにも気付くべきであろう。

 

 

 

 

 

後期高齢者医療保険を使わなかったら・・・

 高齢者の増加とともに高齢者の医療費が高騰し、このままではいつまで医療費が維持できるかさえ問題になっているが、この後期高齢者医療保険を一切使わない人がいたらどうだろうか?

 そんな貴重な人がいたら、何か褒賞品でも貰えるとか、表彰されるとか何らかの特典があるのではないかと思う人もいるかも知れない。しかし、現実はそんなに甘いものではない。逆に、歳をとっているのに、後期高齢者医療保険を長く利用していないのは、何か怪しいのではないかとと疑われるのである。

 数年前だったか、親が既に死んでいるのに、年金の解約の手続きをせず、親がまだ生きていることにして、息子が年金をそのまま詐取していた事件が問題になって、新聞を賑わしたことがあった。

 親が死んで死亡届を出しても、役所の方では戸籍と年金が直接つながらないので、そういうことが起こる可能性があるようである。その時に、老いた親なら医療保険を使っているであろうから、そちらで調べたら、親の生死ぐらいすぐわかるのではなかろうかと、女房と話をしていたことがあった。

 私は87歳の時に心筋梗塞で入院し、90歳の時には階段で滑って救急病院に運ばれたこともあるが、血圧もコレステロールも正常で、肥満も糖尿もないので、老人検診や予防注射以外には医者へ行くこともないし、薬もビオフェルミンぐらいしか飲まないので、平素は全く医療保険のお世話になっていない。

 そんなことで、女房と「そのうちに役人が我が家へ生死を確かめにやってくるかも」と、冗談を言っていたら、それからさして日のたたないうちに、本当に総務省の人が突然、私の家へやって来たのには驚いた。

 丁度、外出から帰った直後だったからよかったものの、少し帰りが遅く、留守中の訪問だったら、女房にてっきり怪しい目が向けられるところだったのではなかろうか。

 そんなことがあったが、それもいつの間にかすっかり忘れてしまっていた。ところが、つい2〜3日前に、私の町を担当している民生委員の方から、ひょっこり電話があり、「何のことだろう? 災害などの緊急時の高齢者の避難が問題になっているので、そんなことなのかなあ」と思って、来訪を待っていたら、そうではなくて、再び、今も医療保険を使っていないので、健康かどうか、直接会って委細を調べるよう指示があって、来られたものであった。

 今度は民生委員を通じて調べることになったらしいが、やはり、後期高齢者医療保険を使わな人については、未だに同じような調査が続けられているようである。

 医療保険介護保険を全く使わないで行けることは有難いことではあるが、当然の権利を行使してない勿体なさも感じているのに、それらを使わないからと言って褒められたり、心配されたりするのではなく、怪しまれるのは一寸筋違いではないかと思わざるを得ない。

乱暴な最後の報復

 8月29日の朝日新聞のトップ記事は「米、ISに報復攻撃」(アフガン無人機で「標的殺害」)と出ていた。最近のカブール国際空港付近での爆破テロに対して、バイデン米大統領が報復を宣言していたので、それを実行したものと思われる。

 米軍兵士が13名も殺されたので、引き上げ間近であるだけに、何らかの強硬手段を講じて報復しなければ、国内の世論を抑えられないし、政府や軍の権威を見せつけるためにも不可欠な行為であったのであろう。

 しかし、軍隊のすることだから、こんなことになるのであろうが、余りにも稚拙で乱暴な攻撃だったと言えるであろう。詳しいことはわからないが、標的がはっきりしていたとしても、無人のドローンによる攻撃は、よほど情報がはっきりしていないと、独りよがりで誤爆の危険が高い。ましてや、最早米軍は戦闘をやめ、引き上げ中なのである。当然敵の詳しい情報はこれまでのようには持っていないし、あるとしてもすでに古いものとなる。

 そんなところで、ドローンで攻撃しても、果たして正確に狙った相手を殺したのではなく、普通の一般市民を殺している可能性が高い。映像でしか見ずに攻撃するのだから、本当の標的か確かめようもないであろう。場所や時刻などの情報だけで本当に狙うべき相手であったのかどうかも甚だ心許ない。(後の報道によると事実、関係のない一般市民の一家が巻き添えを食って殺されているようである)

 これまでもいい加減な情報で人殺しをしてきたのがアフガニスタン戦争なのである。相手が兵士であろうと、一般住民であろうと、こちらの都合で判断して殺してきたのが20年にも及ぶ戦争だったのである。そのようなやり方が大勢の国民の命を奪いタリバンの復活をもたらしたのである。

 これを最後にして、米軍はもう早くとっととアフガニスタンから出ていって欲しいものである。

アメリカのアフガン撤退

 この八月末で、アメリカ軍はアフガニスタンから完全に撤退した。すでに早く傀儡政権は崩壊し、大統領は国外に逃亡、予想よりも早く、タリバンが首都を制圧した後、空港に立てこもって撤退した占領軍の姿は、ベトナム戦争での最後に、サイゴンアメリカ大使館の屋上から逃げた姿を彷彿とさせた。

 9・11事件の報復と言わんばかりに、アフガニスタンに攻め入り、タリバン政府を倒し、アルカイダのビン・ラダィンを殺して、20年間侵略を続け、多くの住民を殺したこの戦争は、結局、元のアルカイダが全土を掌握して、米軍が全て引き上げるという結末で終わったことになる。

 米国の完全な失敗である。ある米国人に言わせれば、まだ「七世紀のような統治」のイスラム教の遅れた国に、アメリカが攻め入り、力尽くで「民主主義」世界を押し付けようとしたが、それは完全に失敗に終ったことになる。どこでもそうであろうが、その社会にはその社会の発展段階があり、そこへ全く違ったものを、外国が良かれと思って押し付けようとしても駄目だといことがよく分かった例ではなかろうか。

 タリバンについては、バーミヤンの仏像爆破や女性に蔑視、過酷な刑罰などと、西側諸国の評判は良くないが、今回の如く予想以上に早く全国を勢力下の納め、首都のカブールをも予想以上に早く制圧したことは、それだけ住民の支持が大きいことを示しているものであろう。

 今後タリバン政府がどのような政治をしていくか、いろいろ問題は山積しているであろうが、アメリカ軍の撤退により空爆や砲撃による住民の死傷者がなくなり、平和が回復されるだけでも、住民にとっては少しでも平和な生活が期待できるのではなかろうか。タリバンの勝利は喜ばしい限りで、アフガニスタンの国土の回復、人々の安全、生活の改善などが戻ってくることを願わないではおれない。