料理をする理由

 新聞に載っていた料理についてのアンケートの結果が興味深かった。「料理をする理由は何ですか」という質問に対する答えが、日本では「食費を抑えたい」というのが断然トップで、44%であったそうである。経済的な問題がなければ、もっと外食の機会を増やし、家庭での料理を減らしたい願望が隠れているように思われる。

 調査を手がけたのは、コンサルティング会社「シグマクシス」(本社・東京都)が行った調査で、食とウェルビーイング(心身と社会的な健康)に関する6カ国調査を2019年から行って来ているようである。

 対象の選び方や質問の仕方、その場面によって答えも変わってくるので、単純には比較出来ないかも知れないが「他に料理する人がいないので必要に迫られて」とか「料理しない」「家族に対する義務を感じているから」などが、18%から16%と、それに続き、何だか、積極的というより仕方なしに料理をしている人が多いような結果である。

「家族とのコミュニケーションを取れる時間だから」「自分の健康や体調をコントロールするため」という積極的な捉え方は共に14%に過ぎないが、更にそれより少ない「料理自体に興味を持ち、知識を身につけられる」という回答は日本では12%に過ぎない。タイで35%、中国34%と多く、イタリアでも25%あったそうで、日本の結果はあまりにも情けない。

 また、「料理で楽しいことは何ですか」との質問に対する答えでは、多かったものから「店で食材を選ぶ」「味を褒められる」となったが、次いで「料理しない」「料理で楽しいことはない」が上位5位に入り、前回調査より増えていたそうである。外国では「料理そのものが楽しい」とする人が、米国では44%、中国55%、タイ47%と多いのに、やはり日本では対照的なである。

 料理には家事労働とクリエーティブな二要素があるが、過労気味な日本人の生活の中では、どうも料理そのものの楽しみを味わに至らず、労働としての家事に埋没してしまっていることが多いのか、楽しみよりも苦しみの面が優ってしまっているようである。当てがい扶持で暮らしている者にとっては、思いの外に日本人の生活の中での食事の位置付けを考えさせられたアンケートの結果であった。 

 

 

何故与那国島にミサイル基地や島嶼奪回訓練が必要なのか



 与那国島自衛隊アメリカ軍と共に占領された島の奪還作戦の演習をしたそうだが、そんな生臭い演習をする必要が今あるのだろうか。

 尖閣諸島は戦争してまで守らなければならない無人島なのか?外交交渉で決着のつけられる範囲のことではないか。尖閣無人島のことは戦争まですべきようなことではないだろう。

それに、敵基地先制攻撃をすれば当然報復攻撃があることを覚悟しなければならない。

 仮に中国が台湾に武力攻撃をしたところで、台湾は日本の領土ではないし、日本は台湾が中国の一部であることを正式に認めているのだから、日本がそれに関与する必要もないし、他国の国内の戦争に日本が関与してはならない。

 仮に台湾に近い尖閣諸島与那国島が台湾紛争に巻き込まれたとしても、それは外交交渉によって解決すべき問題であって、軍事で対応すべきことではない。それに小さな孤島で基地や住民を守れるはずもなかろう。再び沖縄戦のように日本本土を守るために島を犠牲にしようというのであろうか。

 こちらから先制攻撃をしたら、必ず反撃を受けることになる。島の住民はどうなるのか?

自分たちは生まれ育ってそこで生活してきた故郷を捨てて、どこかへ逃げなければならないのか。命が惜しければ逃げざるを得ないが、独力では逃げられない、国は島民全員が逃がれられるように助けてくれるのか。

 それよりも前に、現在中国にしても台湾にしても、日本に攻めてくる気配は感じられないではないか。日本経済が停滞し、中国の発展の素晴らしさに妬みを感じるにしても、現在はお互いに十分外交を通じて意思疎通を図り、十分平和でやっていけるのである。

 そこで、アメリカ軍まで出て島の奪還作戦の軍事演習までする必要があるのか。軍隊の訓練はいざという時を想定してするものだが、中国なり台湾なりが与那国島へ攻めてくる恐れがあるとでもいうのだろうか。こちらが地域の平和を脅かす挑発行為をしていると取られても仕方がないであろう。

 平和憲法を掲げている国が、どういう根拠があって当初奪還作戦などという軍事作戦をしなければならないのかわからない。中国や台湾はすぐ隣国であり、経済的な結びつきも深い。わざわざ軍事演習までして敵対関係を深めていくより、外交力をもっと駆使して善隣友好を深める方が、ずっと国民のため、日本の発展の為になるのではなかろうか。

 アメリカが中国の台頭を抑えようとするのに乗せられて、日本までが中国と敵対しなければならない理由は何もないではないか。日本はアメリカから独立して、軍備増強、軍事演習などをするより自主的な外交力を強めて、それこそ東洋平和、世界の平和に貢献すべきではないだろうか。

 

近くの紅葉

 以前は秋ともなれば、京都や神戸、あるいはもっと遠くまでも、紅葉狩りに出掛けたものだったが、ここ3年余りはコロナの流行と、高齢化、おまけに足を悪くして、以前のようには野山を駆け巡るようなことが出来なくなって、名所の紅葉も、ニュースで聞いたり、写真で見るだけのことが多くなってしまった。

 それでも、やはり秋にはこの目で紅葉を見ないでは過ごせない。幸い、遠出の出来ない老人にとっても、近在どこにでも紅葉の見られる所は結構あるものなので、今は近くを散策して、秋の紅葉を楽しんでいる。

 以前から毎月一回は箕面の滝まで行くことにして来たが、幸い、ここは昔から近在では有名な紅葉の名所なのである。従って、これまでは、毎年11月だけは、滝まで少なくとも二回は行って紅葉を楽しんだものであった。皆の行く滝道ではなく、川の反対側を登ると途中に最も美しい紅葉を見られる所があり、そちらの紅葉を楽しむのが毎年の行事のようになっていたのだが、そちらは道も悪いし今は敬遠せざるを得ない。

 滝道の本道を通っては11月7日に行ったが、まだ紅葉は3分ぐらいだった。もう一度行けるかどうかは怪しい。

 しかし、地元の池田にも五月山があるし、その麓には結構楓の木も多い。常の散策道路にある「緑のセンター」に登るあたりにある楓の大木は、いつも堂々とした風情を見せてくれるし、あたりにも美しい紅葉の景色も散らばっている。近くにある池田城址の庭にも何本かの楓を見ることが出来る。池田の街の中でも、あちこちで紅葉した木々も見られる。すぐ近所の神社の紅葉も黄色い銀杏と対をなして目につく。

 また先日は毎年訪れることにしている万博公園の紅葉谷と、帰途に北千里の三色道路にも立ち寄ってきたが、いずれも毎年見ても飽きないものである。公園の池に映った紅葉は何度見ても美しいし、葉の大きな北千里のカナダ楓はまた一風違った風貌を楽しめるものである。

 その後、今度は2〜3駅先の中山観音にも行って見たが、本来は梅林で有名なお寺だが、ぼつぼつと紅葉した木々も見られ、お寺の屋根や五重塔との組み合わせが気に入った。

 私にとっては、やはり秋には紅葉を楽しまなければ、まともなクリスマスや正月も迎えられないような気がする秋の行事となっている。

現代日本のアニミズム

 Wikipediaによれば 「アニミズム( 英語: animism )とは、 生物 ・ 無機物 を問わないすべてのものの中に 霊魂 、もしくは 霊 が宿っているという考え方。 19世紀 後半、 イギリス の 人類学者 、 エドワード・バーネット・タイラー が著書『 原始文化 』(1871年)の中で使用し定着させた。」とされている。

 この人は「アニミズムは宗教の原始的形態であり、アニミズム多神教一神教」という宗教形態の進化を考えたようだが、それはは今日では否定されている。しかし、世界が物体的身体を持たず、目に見えない霊的存在によって説明されるとする唯心論的世界観は今尚生きており、日本の八百万の神が存在するという神道などを通じ、日本人の心や慣習の中に今なお深く残っているようである。

 私は月に一度は箕面の滝まで行くことにしているが、滝に着くとやってきた人が滝に向かって手を合わせて拝んでいるのを見て驚かされることが多い。私にとっては、少し異様な感じがするが、女房などに言わせると「日本人だから当たり前よ」ということになる。

 大日本帝国の崩壊以来、私は徹底した無神論のニヒリストになったが、他人の信仰については、どんなものであれ尊重することにしている。信仰はその人の精神の根幹にもつながるものであり、何人もそれを否定することは出来ないと考えている。

 それにしても、戦後の長い期間を見てくると、最近の若い人たちが今なお、どうしてあのようにアニミズムに取り憑かれているのか疑問にもに思うが、つくづく長い歴史の中で培われてきた伝統や風習というものは、人々の心の奥底に根付いてしまっていて、容易には変わらないものだということを表しているように思われる。

 ここ数年か、神社でも、お寺でもお参りしている人が多くなり、初詣の時などには境内から溢れて道路にまで延々と参拝者の行列が見られる。多くは真剣に神に帰依するというより、賽銭を入れて家内安全、合格祈願、交通安全などといった身近なことをお祈りしているようである。賽銭を差し出すから希望を叶えてくれと催促しているように思えて、私は同調出来ない。

 神社でも本殿だけでなく、御神木や磐座(いわくら)などにも手を合わせ、更には片隅に並んだいくつかの末社や、境内にある稲荷神社にまでお参りしている人が多い。お寺では、仏石や境内に立った僧の像にまで線香を上げ、頭を下げるのが普通のようである。

 何にでも頭を下げておけば良いと思うのか、いつだったか箕面の滝道にある誰か土地に関係のある政治家か何かの銅像にまで、何を誤ったのか、頭を下げて拝んでいる人がいたのにはびっくりさせられた。

 ああいう何でも拝んでいる人たちは、恐らく何の目的がなくても、ただ習慣的に頭を下げているだけで、例えば合格祈願などの目的があったとしても、お参りするのは、あわよくば希望を聞き入れてくれればという軽い気持ちでお参りしている人が多いのではなかろうか。

 最近は神社やお寺の方も、それに応えて、どんな希望にも応えますよと言わんばかりにご利益を書き並べているのを目にする。中山寺の参道に掲げられた広告などには殆どありとあらゆるご要望に応えますと言わんばかりに、多くのご利益が書き並べられている。商売気丸出しだが、それでも多くの人がひっきりなしに訪れているのが日本のアニミズムに基づいた信仰?なのであろうか。

二度と祖国の破滅を見たくない

先ずは下の二つの文章を読んで下さい。

①「第9条:日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

② 「防衛計画大綱が5年ぶりに改定された。宇宙やサイバーなども活用した「多次元統合防衛力」構築をうたうが、防衛構想というより、攻撃型装備の導入を前面に押し出した。具体的運用方針もあやふやなまま、護衛艦「いずも」の空母化に踏みきるなど、専守防衛を有名無実化させる内容で、軍拡を進める中国への強い対抗心がにじむ。

 政府は米海兵隊仕様の戦闘機F35Bを導入、護衛艦「いずも」で離着艦できるよう改修する方針だ。大綱では、有事や警戒監視のほか、災害対処にも活用できるとしているが、災害対処に「空母出動」とは、さすがに説明に無理がある。中国が空母を相次いで建造していることを念頭に置き、運用構想そっちのけで「空母保有」の悲願を達成したいとの思いが透ける。

 もう古くなったが、この2013年の大綱では、北朝鮮の脅威を強調し、弾道ミサイル防衛(MD)の重要性を強調した。だが、米朝対話の実現などを受けて、この時は北朝鮮よりも中国を強く牽制(けんせい)。「既存の国際秩序とは相いれない独自の主張に基づき、力を背景とした一方的な現状変更を試みる」と指摘している。

 ①は言うまでもなく、国家の基本的な政治のあり方を決めた憲法の第9条の条文で、②は2013年の大綱発表後間もない頃の朝日新聞の記事である。どんな物事も徐々に変わっていくものなので、日々の生活の中では、物事が少し変わってもそれほど強く感じないかも知れない。しかし、今、振り返ってみると、その変わり様の激しいことに気がついて驚かされる。

 子供が読んでも分かるように、戦争をしない、軍隊を持たないと憲法にはっきり書いてあるのに、空母やミサイルまで持って、他国をいつでも攻撃できる強力な軍隊を持つという矛盾にびっくりするであろう。憲法は国民が政府にこれを守って政治をしてくれと委託しているものである。それが今でも生きているはずなのに、政府はこんな防衛計画を発表し。着々と実行に移してきているのある。

 政府はこれまでも憲法を知りながら、初めはこそこそと、次第に大胆に、無理やり軍隊を作り上げて、それに合わせて逆に憲法を変えようと考えている。しかし、現行の憲法が生きていることは当然で、政府は憲法の許す範囲でしか行動出来ないことになっていることを考えれば、順序が逆であろう。先ずは憲法を守りましょう。憲法を守った上で議論して物事を進めるのが当然ではなかろうか。

 戦争は突然起こるものではない。一段一段と準備が整えられ、造られていくものなのある。ある程度まで準備されてしまうと、もう引き返せなくなり、誰にも止めることが出来なくなってしまう事になる。

 日本が昭和の時代に15年も戦争を続け、挙句の果てに負けて、国中が焼野が原になり、食うものも食えず、何百万の人が死んだり、住む所もなくなったりした、あの悲惨な戦争の前も同じ様であった。

 治安維持法が出来、言論が次第に統制され、満州事変、上海事変が起こり、国際連盟を脱退し、日独伊三国同盟を結び、2.26事件が起こったりし、支那事変が起こって中国侵略が本格化し、やがて政党がなくなり、大政翼賛会が出来、軍人が政治を牛耳り、ノモンハン事件で大敗を喫したのに、米英を相手に戦争を始めることになってしまったのである。

 もうその時になっては、長い間に積み重ねられてきて起こってしまったことに対して、もはや誰も止められず、まっしぐらに破滅の道へ進んで行くしかなかったのである。

 歴史は繰り返すなどとも言われるが、特定秘密保護法、安全保障関連法、共謀罪法などと積み上がる法律や、外国の危機を煽っての軍備の増強、教育やメデイアへの政府の介入、官僚の政府への忖度など、十年前と比べても如何に世の中が変わってきているかがわかる。

 悪名高き治安維持法の出来た当時は、新聞記事にもあるように、「これは伝家の宝刀のようなもので、そうやたらと適用されるものではない」と言われながら、時とともにどんどん適用範囲が広まり、ついには左翼の人だけでなく、政府に反対の意見を持っただけの多くの人までが捕まり、拷問にかけられ殺されることにまでなったのである。

 次第に強くなっていく政府の国民への締め付けの歴史を見ると、戦前と同じ空気を感じるようになって来ている。今やそろそろ民主主義の限界を超えて、引き返しの効かない限界点に近づいて来ているような気がしてならない。

 その上、今回は日本がアメリカの属国であり、アメリカの意向に従って日本政府も自衛隊も動くことになることから、危険はさらに大きくなると見なければならない。アメリカは当然アメリカ自身の損得勘定によって動くものであり、決して最後まで日本を守ってくれるものではない。ウクライナでの代理戦争の過程を見てもわかるように、日本が代理戦争をさせられる恐れさえ大きい。

 私はもはや90歳を超えているので、どう転ぼうと再び祖国の破滅に会うことはないであろうが、やはり生まれ育った国や、近親その他の世話になってきた人々が二度と惨めな目に遭うのは本当に忍びない。何とかここらで破滅への道から外れて欲しいものだと願うばかりである。

(本文は数年前に書いた文に手を加えたものです)

「探す」アプリ

 年寄り夫婦となると、どちらかが出掛けて帰りが遅いとつい何かあったのでは、何処かで倒れているんじゃないかなどと心配になるものである。

 私の場合も、外で階段から滑り落ちて救急車で運ばれたことがあるし、女房と一緒だったが、美術館に入る時に、脳貧血のような発作を起こしたことなどがあり、最近は一人で出掛けるのを嫌がられ、大丈夫だというのに大抵付き添ってくることになってしまっている。

 しかし、それぞれに用事もあるので、いつも一緒という訳にもいかない。近隣を散歩したり買い物などに出かける時には、一人で出ても、そんな時には、スマホで出来るだけ連絡を取るようにしている。

 ところが、この春に老人用のスマホをi-Phoneに変えてから、操作が複雑で慣れていないので、例えば急に電話があっても、何処をどう操作すれば、応答出来るのかまごついているうちに切れたりして、後で電話が繋がらないと文句を言われたりすることになっていた。

 そんなことがあったところに、アメリカから帰って来た娘がスマホの「探す」というアプリを準備してくれたので、早速試してみることにした。地図が出てきて、女房の名前を押すと地図上に女房の位置が示される。若い人にとっては当たり前のことであろうが、これは便利なものである。

 丁度、私が大阪へ行き、女房が千里中央へ行ったので、帰途、梅田で阪急電車に乗った時にスマホを開いて早速「探す」アプリを開いてみた。女房の名前をクリックすると、地図上に女房の名前が出てくる。見ると千里中央にいるようだと思っていたら、やがてもう少し西に移動しているようである。

 どうやらモノレールに乗車中らしい。見ているうちにだんだん西へ移動している。これなら、ひょっとしたら蛍池で阪急に乗り換えるので、会えるかも知れない。私もやがて蛍池を通るのだが、少し向こうの方が早いかな?などと思いながら、興味深くスマホを消したり、覗いたり繰り返していたが、向かうの方が早く、そのうちに池田に先に着いてしまったようだ。

 それから家に帰るのかと思ったら、駅のすぐ前のダイエーに寄って買い物をしているようだ。そのうちに私も池田に着いたので、再びスマホを見ると、まだダイエーで買い物をしているようだ。しばらく、ダイエーからの帰り道に、必ず通るであろう交差点で待っていたが、なかなか動かない。そのうちに痺れを切らして、ダイエーの店の前まで行って待っているとやがて出てきて捕まえるかとができた。

「探す」アプリなど初めて使ったが、便利なものである。結構、楽しませて貰ったし、これなら、これからせいぜい利用させて頂くことにしよう。

 しかし、便利なものには必ず裏の面もあるものである。これでは、逆にこちらの行動も逐一全て把握されてしまうことになる。老夫婦だから良いようなものの、これでは浮気も出来ないことになるのでは。世間の夫婦はどうしているのだろうか。家族で「探す」アプリを入れていたら、連絡には便利だし、思わぬ事故などの時の対応にも有用だろうが、子供にしても、常時監視されているようなもので、勝手に親の目を盗んで友達と知らない所へ冒険に出かけたりしても、全てすぐにばれてしまうではないか。

 夫婦も、時には、浮気でなくとも、お互いにこっそり何かをしたくなることもあるのではなかろうか。もっと若い夫婦で現実に浮気をするような時にはどうしているのかと気掛かりになる。そういえば娘もいつか、旦那が何処か行方不明になった時にも、このアプリで何処にいるのかすぐ突き止められたようなことを言っていたことがある。

 それでもこのアプリは見るだけでも、目的の人物が地図上を移動しているのが手に取るように判るので、見ているだけでんも楽しいし、認知症の老人が徘徊していても、これなら電車に乗って遠くへ行っていたとしても、容易に追い掛けることが出来るのではなかろうか。

 このアプリさえあれば、いちいち連絡しなくても、何処にいるか手に取るように実時間でわかるので、もう浮気する元気もない老人達は、せいぜい利用すると良いのではなかろうか。

ラジオ体操

 八十歳で毎日の仕事を辞めてから、仕事へ出て行く回数も減り、朝の時間的余裕も出来たので、健康維持のことも考えて、毎朝のテレビのラジオ体操をすることにした。

 それから殆ど毎日、特別なことでもない限り、今日までずっと続けてきた。旅行をした時にホテルの部屋でしたこともあった。八十代の頃は、毎月一回は箕面の滝まで早朝に行くことにしていたが、その日も池田の駅から走って帰って、ラジオ体操の時間に何とか間に合わしていた。九十歳を過ぎた頃からは流石にそれは無理になったが、滝からの帰り道に、竜安寺の公園で地域の人たちがやっている体操に参加させて貰ったこともあった。

 ラジオ体操は我々の小学生時代からあったが、忘れられない思い出は、箕面小学校の六年生の時、夏休みに毎日校庭で朝六時からラジオ体操をやっていたが、同級生で、箕面の滝勝尾寺の中間にあった「政の茶屋」の子供の大塚君が、山道を通って片道ゆうに6〜7kmはある学校まで、皆勤で出席していたことである。小さな子供によく出来たものだなあと今でも感心して思い出す。

 それはそうとして、ラジオ体操については、もう一つ、始めてから暫くしてからのこと、何かのきっかけで、腕立て伏せをしてみると、一回でもなかなか腕で上体を押し上げられないではないか。これではいかんと思って、それ以来、腕立て伏せを始めとする自己流の等尺性運動も、ラジオ体操の前に行うことにしたのであった。

 こうして、今では朝食や洗面を済ませてから、先ずはこの等尺性運動をしてから、テレビのラジオ体操をすることにしている。

 テレビのラジオ体操では、現在、三人のリーダーが日替わりで指揮をとっているが、長い間続けていると、その三人のやり方の違いなどが見えて、それも興味深い。

 一番古くからのリーダーは、少なくとも、十五年以上は続けてられているので、もういい年齢であろう。決まった第1、第2体操の他に、それぞれのリーダーによる体操が入るのだが、今やラジオ体操を毎日しているのは俄然年寄りが多いであろうから、そのことを踏まえて、なるべく老人にもついていける様な運動を取り上げているのがよく分かる。

 さらに最近は、徒手体操の本質に迫ろうとするのか、単純だが、その肢体の動きがどの筋肉の働きにどのように効果的か、運動生理学の原点に帰ったような動き方、理にあった単純な動きを色々試みてられているようで、哲学的な境地に達した動きとまで言えそうである。

 以前には、もう少し若い男性のリーダーの方もおられ、手拭いを使った体操をいつもしてられ、後継者かなと思っていたが、何年か前に辞めてしまわれた。徒手体操は本来、字の通り、何も用具を使わない徒手空拳でする体操であり、あるいは手拭い体操が問題になったのかなと勝手に想像したものであった。

 現在の2番目手のリーダーは中年の女性で、テレビの他の番組で、もっと動きの大きい流動的な運動のリーダーもしてられる様である。私の勝手な思いかもしれないが、第二体操を始める時いつも「躍動的に」と言って始めるのが特徴だったが、先任者の方は、何かこだわりでもあるのか、決して「躍動的」という言葉を使わないのが気になった。

 また手拭い体操のリーダーの後釜として、2−3年前から加わった若いリーダーは、若いだけに、速い大きな動き方の体操が多く「決して無理をせずに、出来る範囲で、楽しんでやりましょう」と言うが、年寄りにはついていき難い様な運動までさせられる傾向にある。第一体操などは「ゆったりとやりましょう」と言っているから、本人いとってはいささかまどろっこしいのかも知れない。

 それぞれに特徴があって面白いし、長年の間の、この番組の内容の変遷も興味深い。昔は男性がリーダーで運動を見せるのは女性と決まっていたので、いつも女性蔑視番組だと影で文句を言っていたが、そのうちに、女性のリーダーも出てきたし、運動の手本を見せる方に男性も加わり、障害者にも配慮して、椅子に座った人の運動も見せる様になったなど、色々工夫の跡が見られ、時代に合わせた努力の跡が見られる。

 この10分だけの体操の直接の効果については色々意見の相違もあるであろうが、毎朝、決まった時刻に、決まった軽い運動をすることによって、1日の始まりが決まり、気分が整えられることが一番のメリットではないだろうか。