コロナによる国境閉鎖の抜け穴

 コロナ感染拡大のため緊急事態宣言がなされ、全ての外国からの入国が禁止された。菅首相がっこだわって、11ヶ国だかのビジネス関係者の入国を認めてきたのも、反対にあって、漸く停止された。

 こうして国境を完全に閉鎖すれば、これで外国から感染力の強いウイルスの変異種などが国内へ入ってくるのも、防げるのではなかろうか。誰しもそう想うであろう。

 しかし、この国の国境には大きな抜け穴のあることを知っておくことも大事であろう。四面海に囲まれた日本で、空からと海からの入国を抑えれば、あとは密入国ぐらいしかありえないと想うのが常識であろう。しかし、そうではないのである。

 白昼堂々、空からでも海からでも、外から自由に出入りできる窓口が開いているのではなかろうか。それは米軍基地である。日米安保条約によって、アメリカの軍関係者は、直接日本にある治外法権の米軍基地に、検疫も入国手続きもなしに、自由に入れるし、基地から国内にも自由に移動出来るのである。

 トランプ大統領が来日した時も、アメリカから大統領専用機で横田基地へ来て、そこからヘリコプターで東京に飛来している。大統領でなくても、アメリカの政府関係者や軍関係者は、この道を通って自由に日本国内に出入り出来るのである。

 そうした米軍関係者のコロナウイルス保持者がいれば、当然何のチェックを受けることもなく、日本国内にウイルスを持ち込むことになるのである。しかも、アメリカは世界の中でも、もっとも感染者の多い国なのである。

 実際にこの経路で、どれくらいのコロナウイルスが持込もれているかはわからないし、この経路に何らかのバリアーがあるのかどうかも知らないが、可能性は高いと考えるべきではなかろうか。折角、外国からの入国を一切止めても、日本の国境にはこのような重大な欠陥があることも知っておくべくであろう。

 コロナ感染の拡大を防ぐためにも、日米安保条約の改定が必要だと思うがどうだろうか。

ITファシズム

 ネット上で、厚生労働省の課長による、マイナンバーを健康保険証に置き換える構想についての説明を聞いた。政府のIT推進事業により、近い将来、今の健康保険証や老人の後期高齢者医療保険者証などはすべてマイナンバーカードに置き換えられ、それを一元的に管理し、運用しようというものである。

 この健康保険証などのマイナンバー化が完成すると、レセプトがマイナンバーで全国統一化されるので、マイナンバーさえわかれば、どこで受診しても、その人の既往歴や家族歴を始め、これまでの受診歴から、これまでの病状、薬歴に至るまで、すべてが含まれているので、医師にとっても極めて役に立つデータを簡単に入手することが出来るようになるようである。

 その上、どこの医療機関でもデータを共有できるので、他院への紹介などにも使えるし、レセプトの処理なども簡潔に出来るようになる。また、収集された病歴は医学的な統計にも役立ち、病気の疫学だけにとどまらず、薬剤の効果判定や病気の予後など、臨床疫学的な利用にも大いに役立つことになるであろう。もちろん個人情報は保護された上での話である。

 しかし、マイナンバーカードの医療への利用はそのシステムのほんの一部に過ぎない。医療以外の膨大なデータが入力されることにより、個人の私的な情報を含む膨大なデータが一元的に管理されることになるのである。

 マイナンバーカードは折角作られたのに、国民の評判が悪く、今のところ未だあまり利用されていないが、政府はIT庁などを作り、これを大々的に普及させ、車の免許証や、税金や銀行預金、その他の政府などへの書類の整理など、すべての個人識別をこのマイナンバーカード一本に絞り、コンピュータであらゆるデータを一元的に管理して、事務管理の能率化とともに、国民の広範なデータを管理しようとしていきたいようである。

 もちろん個人情報は厳重に保護されることになるであろうから、誰しも入力された他人の個人情報が勝手に見られたり、利用されたりする恐れはないであろうが、集められた膨大な個人情報は、時の政府なり権力者によっては、自由に見られ利用もされることになることは間違いないであろう。

 コンピュータの性能が良くなり、今でも何万人かの群衆の映像の中から個人を同定できるぐらいだから、量子コンピュータなどが発展し、今より更に高速処理が出来るようになれば、入力されているデータの利用は如何に複雑なものであろうとも、いとも簡単に解析出来、データは如何様にでも利用可能となるであろう。

 データの横からの利用が如何に厳重にコントロールされても、そのデータを支配下に置く時の政府や権力者によっては、そのデータの利用は必ず利用されるものと考えなければならないであろう。折角の膨大なデータを政治に利用しない筈がない。コンピュータによる人民支配である。ITファシズムの始まりであろう。

 中国では、既ににコンピュータに入ったデータから、個人のクラス分けが行われているそうで、興味深く思ったのは、親の家を訪ねる回数もそのクラス分けの基準の一つとなっているそうである。その人の儒教に従った倫理的な生活規範までが社会的な信用の基準に利用されているとかである。詳細は知らないが、その隠れた支配の恐れにびっくりするとともに、いつの日にか似た様なことが身近にも起こって来るのではないかと気になる。

 コンピュータは必ずもっともっと発展するであろうから、遅かれ早かれ、国民の身体状況、生活、行動などから思考、政治志向、性癖まで、あらゆる個人情報がデータベースに入り、時の政府の好きなように利用され、個人が選別管理されることになる日が来るのではなかろうか。

 

もう10歳若ければ

「もう10歳若ければねえ」とは母が晩年よく言っていた言葉である。遠い昔のことになるが、戦前、母の里は貿易商のようなことをしていたので、周囲にアメリカへ行ったことのある人もおり、母の兄もアメリカへ行ったりしていた。

 そのようなこともあり、母は若い時から海外へ行ってみたいという夢を秘めていたのではなかろうか。父と結婚したのも、銀行員ならひょっとして将来アメリカへ行く機会も出来るかも知れないといった淡い期待が伴っていたようである。何かの機会に、母が漏らしていたことがあった。

 実家か、親戚だったか知らないが、母のよく知っていた女中がアメリカに付いて行って、帰ってから英語を喋るのを聞いて、語学はそこに住みさえすれば覚えられると思ったようで、「あの女中でも英語が喋れるようになったのだから、アメリカに行って、そこに住みさえすれば英語は覚えられる」と思っていたようである。

 ところが、母の生きた時代が悪かった。大正時代に結婚し、子供達を育てたが、大正デモクラシーの時代も瞬く間に過ぎ、昭和の大恐慌から、日本は次第に軍国主義の国になり、「東洋平和の為ならば」だとか言いながら、満州事変や支那事変を起こして侵略戦争を始め、泥沼に入ったままに、とうとうアメリカにまで宣戦布告して、破滅への道を突き進んでいってしまったのであった。

 もう海外旅行などの夢は吹っ飛んでしまった。戦中戦後の過酷な時代は、生きるのに精一杯であった。戦後何年も経って、日本の高度成長が進み、世の中が落ちついてきた頃には、子供達も一人前になり、生活のゆとりも出来てきたが、その時はもう老いがやって来て、外国まで行くには、年を取り過ぎてしまっていた。国内の旅行が精一杯であったのであろう。

 子供や孫たちが海外に行ったりするようになって、海外旅行を奨められても、いつも「単なる旅行では分からない。そこに住んで見なくてはね」「もう十年若ければ行けるんだったがね」と答えるばかり。「まだ行けるよ」と言っても、同じ答えが返ってくるだけで、とうとう海外には行けないままに、96歳の生涯を閉じてしまった。

 母はおそらく、一生いつかアメリカへでも行ってみたいとの思いを抱いていたのであろうが、生きた時代が悪かったとしか言いようがない。私がアメリカへ行っている間、娘を預かっていてくれたし、娘たちがアメリカに住むようになって、その話もよく聞くようになっても、もう少し若ければ行ってみたかったのにと、残念に思い続けていたのであろう。

 もう母が死んでから二十年以上も経ち、こんな話も殆ど忘れかけていたが、最近、テレビを見ている時に、山岳登山の映像が映っているのを見て「もう一度行けたらなあ」と若い頃を思い出してふと呟いたら、女房が「もう無理よ、もう少し若ければねえ」と答えたので、思わず母の言葉を思い出して、二人で「もう十年若ければねえ」と唱和することになったのであった。

 いつしか一世代がたってしまったのである。今では、私が歳のために、行動が制限された状態になってしまっている。日常生活に不便はないが、本格的な登山とか、ヨーロッパやアメリカなどへの外国旅行はもう体力的に無理なようである。残念だが仕方がない。母の無念も思い出しながらもう諦めている。 

 

 

 

 

しっかりしーや ガースー

 新型コロナの第三波がいよいよ拡がって、渋っていた菅内閣も、とうとう緊急事態宣言を出すに至ったが、果たしてどうなるのだろうか。首相は1ヶ月で必ず改善と言っているようだが、誰も信用していないであろう。今となってはもうそんなに簡単にはことでは済まない。

 政府のコロナ対策はこれまで、全て失敗して来た。中国や台湾、韓国などが初期に徹底的に押さえ込んで成功したのに、日本では、せっかく第一波が比較的軽く収束しかかったのに、最後のトドメを刺さないままに、利権も絡んで、経済のためとして、コロナが収束した時にするべきGoToトラベルを、慌てて始めたのがそもそもの間違いであった。

 政府はヨーロッパやアメリカに比して、アジアの感染状況が軽かったのを見て、コロナを軽視したのであろうか。秋から再び感染者が増加して来ても、経済にこだわって、GoToを促進し、厳しいコロナ対策を取ろうとしなかった。その挙句、感染が増大した11月になって、国民が皆心配するようになっても、「勝負の3週間」と言って、簡単に抑え込めるとでも思ったのであろうか。全然効果がなかったのは当然である。

 そこまで来れば、最早徹底的に抑え込む手段を取るべきだったのに、なお、何ら新たな手を打たないまま、正月休みまで待って、自粛を呼びかけるだけで、年末の野党の特別措置法改正の法案提出も無視して、早々と国会も閉じ、会食を控えろと言いながら、首相自ら会食をするなどのこともあり、すぐにやるべきGoToトラベル中止なども遅れ、正月に押さえ込もうとしたが、予想通り、中途半端でこれも失敗した。

 とうとう正月の明けから急増した感染者の急増に、緊急事態宣言を出さざるを得ないところまで追い詰められてしまった。それでもなお経済のことを考えて、限られた政策しか打ち出せていない。これでは今回も1ヶ月で改善出来るとは思えない。

 緊急事態なのだから、もっと国民の犠牲に答えてコロナ感染を確実の抑え込む、思い切った対策を打つべきであろう。「飲食関係」を抑えるのは間違っていないだろうが、飲食業者にとっては死活問題である。思い切ってオリンピックを中止、軍事費を削ってでも、保障を手厚くして、国民の犠牲に充分答えられるだけの補償に予算を回し、もっと広範な、徹底的な感染予防策を取るべきであろう。

 コロナの流行が続けば国民の命も守れないし、経済も立ち行かなくなるのである。二兎を追う者は一兎を得ずである。先ずはコロナを退治して、それから経済の回復を図るべきであろう。

 今回も失敗して、対応が遅れ、感染が長引く程、人々の生活への影響も大きくなり、対策への協力も得られなくなって行く。経済への打撃も大きくなることは明らかであろう。

 菅内閣の支持率も急速に落ちているが、こういう危機の時こそ、首相が陣頭に立って国民に直接呼びかけることが何よりも大事な時である。下を向いて原稿を読んでいる時ではない。記者会見を短時間で打ち切ってしまうのでなく、何度でも国民の前に出て来て、雄弁に語り、直接話しかけるべきである。このままでは感染は静まらない。

 「しっかりしーや ガースー首相」と言わざるを得ない。

 

緊急事態宣言を「発出」する

「緊急事態宣言を発出する」と新聞に出ていたのが引っかかった。宣言なら「発令」とか「布告」などというのが普通であろうが、どうして「発出」などという聞き慣れない言葉を使うのだろう。政府や官僚が言葉を言い換える時には、国民の目を誤魔化そうとする意図が隠されていることが多いので注意が必要だからである。

 日本で最も網羅的な国語辞典、「日本国語大辞典2版」(2000~2001年)には「発出」の項目はあるものの、載っている意味は「①ある物事や状態が生じて外に現われること。また、現わし出すこと。②発疹が出ること。③出発すること。送り出すこと」で、何かを告げ知らせるような意味は載っていない。

 調べてみると、4月の緊急事態宣言を出した時にも、安倍首相が記者会見で「緊急事態宣言を発出することとします」と述べていたのだが、新聞が殆どの場合「発出」を「発令」と言い換えていたので気が付かなかったようである。

 こういった「発出」の使い方を載せる辞書は少数のようであるが、そのうちの一つ、新明解

国語辞典7版では「役所から通達などを出すこと」と説明し「局長通達を発出する」という例文を挙げており、どうも典型的な官庁用語のようである。

 三省堂辞書編集部の飯間浩明さんも、「他の辞書ではいまだにあまり見かけないようです。新語や新しい用法の目立つ大辞林4版にも載っていません。「発出」は一般的とは言えません。使用は控えた方がよさそうだ」と述べてられる。

 以前から使われている官庁言葉であれば、一安心であろうが、政府や官僚の言葉の言い換えには注意した方が良いのは、これまで都合の悪い言葉はいつも言い換えて、国民を誤魔化そうとして来たことが多いからだる。

 例えば、今はやりのGoToがそれである。GoToトラベルといえば、奇妙な英語ではあるが、「旅行促進」といった意味合いになる。しかし、「不要不急の外出は控えよう」と言っている時に、その真逆の旅行促進などとは言い難いし、それでは反発も強そうだろうからと考えだされたのがこのGoToという言葉であろう。英語に弱い国民を言葉でたぶらかそうとする意図が見え見えである。

 本来はコロナが収束した後にやるべき施策を、利権なども絡んで、慌ててまだコロナが治らないうちの始めるものだから、今の感染拡大に繋がったことは周知の事実である。そのために国民がどれだけ被害を被ったことであろうか。

 IR(Integrated Resort)もそうである。初めはカジノカジノと騒いでいたが、ギャンブルに対する国民の反発が強いことを知って、いつしかIRに変わってしまった。賭博場だけでなく、ホテルもあるしショッピングセンターもあるから、こちらの方がふさわしいと言い張るのであろうが、IR と言われても、普通の人には何のことかわからない。そのどさくさに紛れて、ギャンブル施設を作ろうという思惑なのである。

 もっと昔から、政府には都合の悪いことは、いつも言い換えてきた歴史がある。戦争中には

全滅を玉砕、退却を転進、敗戦を終戦と言い、戦後も占領軍を進駐軍、軍隊を自衛隊、戦車を特車などなど言い換えにはキリがない。政府の言葉の言い換えにはいつも注意を払うべきであろう。

 

 

 

 

雪を待つ

 雪国の人には申し訳ないけれど、雪の殆ど降らない大阪に住む者にとっては、「折角冬の寒さを我慢するのなら、時には雪景色でも見せてもらわなくては」といった気持ちが強い。

 雪景色は雪が周囲の全てを浄化してくれて、清々しい感じのする非日常的な光景を見せてくれるので、見るたびに心が動かされる。それが滅多にないことだけに、もう一度という期待感が大きい。雪のない台湾の人が北海道に憧れる気持ちも良くわかる。

 昨年の暮れには、気象予報で近畿地方もで雪の予報があったので、この暮れから正月にかけては、ひょっとしたら雪景色が観れるかも知れないと期待していたが、また外れてしまった。いつものように、近畿の雪の予報の当たるのは、日本海側や、せいぜい京都あたりまでで、近年大阪まで雪が降ることは滅多にない。それでも滅多にないことなだけに、雪情報がある度に今度はちっとでも降ってくれないかなあと、淡い期待を抱くのである。

 昨年はとうとう雪景色を見ることなく、冬を終わってしまった。今年こそはと期待するのだが、どうなることやら。天気予報では、また寒気がやって来て、あちこちで大雪になるからといっって注意が促されている。雪国の人の大変さはよくわかる。我々のように年寄りだけでは雪かきなどもう無理だし、まして屋根の雪下ろしなど、どうしようもない。それでもやはり一冬に一回ぐらいは、雪景色が見られたらという願望は捨て切れない。

 家々の屋根が真っ白になり、木々の梢に雪が積もり、五月山もすっかり雪で覆われて、周りすっかりの景色がすっかり白黒の墨絵のようになり、白い道路の轍の跡や足跡が刻まれ、突然現れた幻想的な世界に、思わず飛び出して行って写真でも取ろうとしたのは、いつのことだったであろうか。アメリカの孫が来ていた時に雪が降って、庭で雪だるまを作ってやったのも、もう二十年以上も前のことになってしまった。

 地球温暖化の影響なのかどうかは知らないが、最近は一冬を通して見ても1〜2回雪がちらつくぐらいで、銀世界と言われるような雪景色は全くなくなってしまった。一番最近の近所の雪景色といえば、何年か前に、朝まだ暗いうちに出かけた時に、角の新しい家で、主人と息子で、門の前のアスファルトに積もった僅かな雪を転がして、小さな雪だるまを作っているのを見た時であろうか。夕方、帰り道にどうなったかとのぞいてみたら、もう溶けてしまって何もなかった。その時の子供が、もう今ではすっかり大人になっているので、少なくとも、もう4〜5年は経っているのであろうか。

 天気予報ではまだまだ寒気がやって来て大雪になると言っている。そのほんのおこぼれでも良いから、大阪にも春までには、一回ぐらいは雪景色を見させてくれないものかと、少年のように今も期待している。

 

 

介護労働者の待遇改善を!

 厚生労働省によれば、介護施設職員らによる高齢者虐待(19年度)は644件(前年度621件)で、高齢者虐待防止法が施行された06年度から13年連続で増えた。このうち過去にも虐待があった事例が23件、虐待以外も含めて指導などを受けていた事例が約3割(199件)あったそうである。

 これが新聞に載っていた「介護と私たち2025年への課題」というシリーズの一つで『介護職の虐待「密室化」に懸念』と大書された特集記事である。

 これだけ見ると、いかにも介護職の労働者が密室で老人を虐待してるのはけしからんと、非難の目が向けられているように見られるが、介護労働の実態を見れば、介護労働の充実、改善なくしては、いくら夜間の「抜き打ち調査」などをしても、介護の現場をより苦しいものにするだけで、「実効性のある本気の対策」を立て、問題の解決には繋がらないであろう。

 新聞の記事を読むと、虐待の例として、一つは入居者13人がズボンの紐でお腹を縛られる虐待、もう一つは入居者7人が防水シートを体に巻き付けられる虐待を受けていたというものである。いずれも、オムツはずしを防ぐためや、オムツをいじって手が汚れるのを防ぐために行われたようである。

 朝日新聞の最近の歌壇の欄に「田植えする農夫のように腰伸ばし次のオムツ替えに行く夜勤」という介護職の人の歌があったが、介護施設での一番手のかかる労働はオムツ替えなどの老人の排泄の介助、処理に関するものであろう。

 赤ん坊のオムツ処理と違い、相手は大人で、身体も大きいし、重いので、体力が要るし、汚れた体に接し、汚物を処理しなければならない不潔な仕事である上、感染の危険や、身体的にいろいろな問題を抱えた老人なので、危険を避けるように、注意を払いながら仕事をしなければならないという、言うならば、典型的なキツイ、キタナイ、キケンの揃った3K仕事とも言える。

 その上、人間相手の仕事なので、対人関係にも気を使わなければならない。人には様々な個性や行動パターンがあり、中には認知症などで、自分で自分をコントロール出来ない人もいる。しかも、排泄の処理は生理的なものなので、放置しておくわけには行かず、それに合わせて、気も使いながら、不潔で、体力を要する仕事をしなければならないのである。

 この仕事を処理するのに、介護施設では夜間は通常9人の老人に対して一人の介護者が15時間の勤務で面倒を見なければならないことになっているのである。一人では、ある人の介護中に、トイレなど急を要する別の人の介護が重なった時、時間をかけた対応は無理になる。無理の積み重ねは精神的余裕をなくし、対応が適切さを欠くことにも繋がりかねない。それが続くと虐待にまで至ることにもなりうる。

 こうした実態にも関わらず、介護労働に対する世間の評価は低く、この重労働を伴う3kの介護労働の給与水準が、平均的な一般労働者より少ない水準に留められているのである。常に人員不足にあえいでいるのも当然である。

 最近はこういった悪条件を改めて、少しでも魅力ある職場にしようとして、労働条件を改善し、清潔で広い介護施設にしたり、衛生管理や危険措置を徹底し、働き方改革によってきつさを軽減したりする努力もなされているが、絶対的な人員不足のために、実態はなかなか改善されていない。こうした労働環境の基本的な改善なしには、いわゆる「虐待問題」は解決しないであろう。

 上にあげた虐待例は、二つともオムツ交換をスムースにするために行われたものである。ともにオムツ交換がいかに介護労働者の負担になっているかがわかる。誰しも介護の対象者が少人数であれば一対一の対応で、このようなことは起こり難いであろう。どちらも人手不足の中で、なんとかオムツ交換をスムースに処理するための窮余の一策なのである。

 この国では、 過去には、相対的に人員不足であった精神病院における身体の拘束は公然と広く行われてきたし、老人病院などでも、患者が夜間に勝手の起き出して転倒して骨折するのを防ぐために、ベッドに縛りつけるようなことが普通に行われて来たのである。

 いずれも人手のない所で、多くの勝手に動き回る多人数を、安全に管理するために考えられた方法である。昔病院でも結核療養所などでは、一つの病棟で、百人を超えるような大勢の患者を2−3人だけの少数の看護師で看護していたことがあった。なかなか皆の細かい動きにまでは手が回らないので、一定の規則を作って、それに従って杓子定規式に処理しないとうまく運営できない有様であった。

 いかなる仕事も労力の乏しい所に大きな仕事の負荷がかると、それを如何に処理するか無駄をなくし、仕事の効率を良くして、処理しようというのが当然の成り行きである。ただ介護の場合は対象が物でなく、問題を抱えた老人であることに根本的な相違がある。いかなる条件のもとでも、虐待や人権侵害が許されないのは当然である。

 個々の入所者に対して人間と人間の関係で接するのが看護であり、介護である。それが可能であるためには、如何に物質的な合理化が出来たとしても、人間関係の合理化はどこまでも出来るものではない。AIが発展し、テレワークなどが発展しても、看護や介護の領域でのリアルな人間関係はいつまでも不可欠であろう。

 そういうことを考えれば、介護労働の位置付けをもっと盛り上げ、人間の生存だけでなく、尊厳に取っても不可欠な労働として評価し、それに対応した手厚い労働力と、それに対する報酬を上げること以外に「実効性のある本気の対策」はないのではなかろうか。