人生100歳時代は幸福か?

 最近政府は少子高齢化で老人が増え若年者が減って、社会保障の若年者の負担が増え、老年者の医療や介護費が増えたことへの対策として、全世代型の社会保障なるものを打ち出してきている。その中で、人生100歳時代とか言って、元気な老人が増えたことを仕切りに強調し、65歳の定年を過ぎてもまだ働きたい人が多いので、70から75歳ぐらいまでは働けるようにし、老齢年金の支払いを遅らせ、老人医療費の負担を増やそうとしている。

 人生百歳時代といえば、一見老人を寿ぎ、豊かな老後を尊重するように聞こえるかも知れないが、まともに聞いてはならない。子供が減り労働力が不足し、他方で老人医療費が増え、介護する人が不足し、社会保障制度が行き詰まってきたために、全世代型社会保障などと言って、老人への支払いをケチり、老人をもっと働かせて、老人の社会保障費を切りつめようとする算段なのである。

 100歳老人というが、実際に100歳まで生きられる人はどれぐらいいるのだろうか。昨年の統計数字では、100歳を超える人は近年増えたと言っても、およそ7万人で、その9割は女性である。その中で、元気で独り立ちして生活出来る人はごく僅かで、ことに男性では例外的にしかいないようである。

 今後100歳を迎えるぐらいの世代が生まれた時代は、毎年おおよそ200万人の赤ん坊が生まれて、100万人が死に、自然増が約100万人だったから、それを見ても百歳まで生きている人がいかに稀であるかが分かるであろう。百歳超えが7万人といっても何年かの累積数であるから尚更である。

 平均寿命で見ても、男は80歳、女は86歳であるが、一人で身の回りのことをこなせる健康寿命でいうと、男71歳、女76歳ということになり、その差額は当然自立しては暮らせないことを示しているわけだから、百歳まで生きるのが如何に大変なことだということがわかる。

 そういうことから見ても、政府のいう百歳時代というのは、単なるキャッチフレーズであり、社会的に労働力の対象としての最高年齢はせいぜい健康年齢ぐらいのものだと判断しなければならないであろう。大雑把に言って、男70歳、女75歳ぐらいが労働力の対象となる限度と考えるべきであろう。

  しかも、これは平均値に過ぎず、政策の対象となる場合には、何事も得てして平均値で考えらガチであるが、老人になるほど体の条件のバラツキが大きくなるもので、そのばらつきは若年者とは本質的と言っても良いほど異なるものであり、老人を対象とする場合に、若年者同様の平均値で判断しては大きな誤りを犯すことになることにも注意すべきである。

 人生百年時代は今なお夢であり、目標とはしても、それを根拠に政策を考えるべきではない。政府のいう人生百年時代は幸福どころか、やっと巡ってきた老人の静かな生活を奪い、老いた体に鞭打って働かされ、年金まで減らされて、肉体的な衰えに、経済的貧困までおい被さって命を終えねばならない「姥捨て」の世界となるのではなかろうか。

 

80歳代と90歳代の違い

 定年後長く働いていた人も80歳を超えると、もう多くの人が仕事を辞めるか、辞めめなくとも、歳なりに仕事を減らしてゆっくり暮らすようになることが多い。

 今度の政府が考えている「全世代型社会保障制度」でも、流石に老人を働かせるのも80歳ぐらいまでである。80歳過ぎるともう完全な老後の世界といっても良いであろう。その頃になるまでには、ガンや心血管系の病気などでもう死んでしまった人も多くなり、生きていても、誰しも体力が衰えて、何事も若い時のようには行かない。同窓会のような長く続いてきた集まりも、大規模なものは世話をする方が大変になって終わりになることが多く、残った仲間たちの小規模な集まりだけが残るぐらいのこととなる。

 私の例を見ても、80歳を過ぎてからも、昔からの親しい同年輩の者たちの集まりだけは続いていたが、それも85歳を超える頃から一人亡くなり、二人亡くなっていき、90歳を超えた時点では、毎年集まっていた料亭がなくなり、残った者も逝ってしまい、91歳で誰もいなくなってしまった。

 趣味の集まりも減っていいく。70代の頃は60代から始めた写真の会も、多い時には年間6回も発表する機会が回ってきたが、会社を辞めてその会が減り、美術団体を辞めて三つも同時になくなり、医師会の会も高齢化と人が減って消滅、最後に残って長く続いていた同好会も仲間が年老いたり、死んだりで、次第に先細りとなり、とうとう九十歳で四人だけになり、続けられなくなって解散してしまった。クロッキーの会だけが残っている。

 私は80歳を超えてからも仕事を続けていたが、それまで毎年受けていた健診は止めた。今更ガンガ見つかっても、延命よりも自然の経過に任せる方が良いと考えたからである。幸い特にどこが悪いということもなく、仕事以外にも趣味で時間を取られることも多く、あちこち旅行をしたり、街や郊外を散策したりもして、老人なりに忙しくしていたが、87歳で心筋梗塞になり、以来仕事を減らした。

 それでも、その時の精査で、罹患以外の血管には動脈硬化性病変が殆どなく、色々な検査でも問題になるような点が何もないことが分かって返って安心し、その後も自覚症状もないまま元気で、それまで同様に動き回って、普通に生活を続けられてきた。

 ところが90歳を超えると、やはり少し違ってきた。まず最初は91歳、即ち昨年の夏の暑さである。それまでと同様に動いて暮らしていたが、いつまでも続く9月の酷暑に流石にこれまでになく疲れた感じを覚えた。特にどこが悪という訳でもないので、そのままにしていたが、以前ならば、午前中何処かへ行って、午後にはまた違った所へ行くとか、梅田を通るのなら、序でに何処かへ寄るとかすることがよくあったが、疲れを感じるようになり、段々と主目的だけに絞って、序でに何処かへ行くのは止めて、まっすぐ家へ帰るようになった。

 そのうちに、10月の半ば頃から歩くと右足が痛くなり、立ち止まらなければならないようになり、杖をついて歩くようになった。脊椎間狭窄による間欠性跛行である。比較的急に起ってきたので、或いは前立腺癌か何かの骨への転移かもと気になったが、MRIの検査でそれは否定されたし、狭窄の程度も軽いことが判り安心した。間欠性跛行は日常生活の妨げになるので困りものだが、日によってその程度が異なり、時々休みを入れてやれば、歩けないわけではないので、それに良いとされる運動などもしながら出来るだけ歩くようにしている。

 しかし、そうこうするうちに今度は、年末に両下腿に浮腫があることに気付き、心筋梗塞の既往を思い出し、今度は、あるいは心不全の徴候かと心配することになる。ただし、正月になって調べて貰ったら、BNP心不全のという検査値は正常だったし、いつの間にか浮腫も殆んど消退したので一安心した。

 こうしたことが次々と起こるようになったのも90を過ぎれば仕方ないことであろうか。小さいことで言えば、最近は右手の人差し指だけが朝起きた時に血流が悪いのか、白くて、しびれるような事も起こる、その他にも、耳の聞こえが悪くなったし、視力も落ちた。それに目がうっとおしくて、本が読みずらいことが多くなった。夜間は二度は起きなければならなくなったし、時々訳も分からず急にお腹を壊したりもする。

 そんな体の不調が次々に出てくるが、いずれも大したことにならず、、何とか平衡を保って暮らして行くのが90代の生活であろうか。若い時と比べて、思うように体が働かないことを嘆かわしく感じることもあるが、寝込んだり、人の世話にならねばならないこともなく、自力で何とか人並みに暮らして行けることを感謝すべきであろうと考えている。

 

 

老後を楽しめない時代

 2〜3日前、阪急電車で梅田に出かけた時のことだった。足が悪く杖をついているので、優先席が空いていないか確かめてみたが、席はすべて初老の男ばかり5〜6人に塞がれていた。仕方がないので、端に凭れて立とうとしたら、座っている一人が立ち上がり席を譲ってくれた。礼を言って腰掛けたら、隣の男性が笑いながら立ち上がって、私の方が若いからと言って、先に立った男を座らせて自分が立って交替した。

 話を聞いていると、67歳と68歳の一つ違いということであった。どうやら、この集団は何処かの会社か何かのOB達で、皆で一緒に何処かへ行くところのようであった。

 以前にもどこかで書いたような気がするが、今の世の中で一番元気で輝いて見える男の集団は、この人たちのように、65歳から75歳あたりのいわゆる前期高齢者にあたる年代の人たちではなかろうか。

 厳しい現役時代をやっと乗り越えて、仕事のストレスはなくなり、ゆっくり出来る時間が出来たし、まだ体力も残っている。仕事関係や学校の同窓生など、同年代の仲間もまだ元気でいる。少ないながらも退職金を貰い、年金の入るようになった人もいて、懐は多少とも暖かい。気のあった仲間たちが集いあって、何処かへ出かけたり、一緒に何かしようとする条件が全て整っている。人生で最高の時代かも知れない。

 少子高齢化の時代になって、電車の中などでもこういう人たちが見立つようになったのはいつ頃からであろうか。彼らと対照的に、現役世代の人たちに元気がないこと。多くは寝不足とストレスでぐったりして、電車に乗っていても眠っているか、虚ろな眼差しで虚空を眺めているなど、全く退職者とは対照的である。中には電車の中でまで、パソコンを開いて仕事をしている人もいるし、スマホでゲームをしてストレス解消をしている人もいるが、いずれも疲れ果てて精彩がない。元気な老人たちが一層目につくわけである。

 こういった初老の人たちを見ると目の輝きが違う。皆生き生きとして生気に満ちている。勿論、その陰には、定年を過ぎても生活のために働かなければならない人も多いし、せっかく定年を迎えて仕事から解放されたのに、ガンや脳卒中その他で苦しみ、不自由を強いられている人たちの多いことも忘れてはならない。

 元気な人たちがお互いに話す内容にも、旧友の病気や死亡の知らせがあったり、血圧や血糖、コレステロールなどの値が共通の話題であったりもする。それらが一層彼らの仲間意識を高めてくれることにもなっているようでもある。

 いずれにしても、こうした細やかな老後の楽しみは、いわば長年の労苦に報いる老人たちへの社会からのご褒美とでも言えよう。若者から見ても、自分たちの将来を考えても、やがて訪ずれるであろう休息の楽しみとして、社会が皆で微笑ましく讃えるべきものではなかろうか。

 老後に特にお金をかけたい分野はという現役世代のアンケートでも、「趣味やレジャー」と「旅行」が目立って多いのを見ても、現役世代、ことに定年が近くなるほど、老後の楽しみを温めながら仕事に励んでいる人が多いようである。

 ところがこういった元気な老人たちの風景も、やがて消えていってしまうのではなかろうか。どうも近未来の世界は、せっかくの老後の楽しみさえ、次第に許してくれなくなっていきそうな気配である。政府の政策の方向が対米従属、大企業優先で、消費税増税ですら大企業の減税の穴埋めに使われ、少子高齢化の時代への対策は遅れ、老人の年金制度や社会保健制度の財政が困難になっても、政府の対策はそちらの事態改善にはには回らないようである。

 政府の狙うのは「全世代型社会保障」などと言い出して、定年を延長して75歳まで働かせ、年金を減らし、老人医療の自己負担を増やし、介護保険医療保険の適応を厳しくするなど、老人の社会保障制度の財政を絞り込んで、政府の負担を減らそうということのようである。

 年金が減っては、せっかく定年でやれやれと思った老人も、やがては生活のためには老いに鞭打っても働かざるを得なくなるのではなかろうか。仲間とつるんで何処かへ出かけるような機会は奪われてしまうであろう。老いの楽しみは奪われ、動ける限り働かされることになるのではなかろうか。果たして、社会にはこうした折角の長年の労苦の果てにやっと手にした老後の楽しみまで奪う権利があるのだろうか?

 国の予算を大規模な軍備や大企業への減税などへ使うことを止めてでも、長年社会に貢献してきた老人たちに、せめてものささやかな老後の楽しみを残すのが国民のための政治ではなかろうか。

   

中国へのノスタルジー

 新型インフルエンザ(Covid19)が流行し始め、日本でもドラッグストアのマスク売り場の棚が空っぽになっているのに驚かされる。こんな状態では流行源となった武漢を始め中国では、いくらこれまでマスクの生産が世界一だったとはいえ、マスクもアルコール消毒液や防護具なども不足しているだろうということで、日本からの援助も行われているようである。

 日本人の引き揚げに飛行機を飛ばした時もマスクなどを積んで行ったようだし、いろいろな機会に、日本から中国への緊急援助などが行われ、感謝されているようである。日本には中国の都市と姉妹都市の関係を結んでいる都市も多いので、そんな所でも何か助けられることはないかという運動も起こっているようである。

 そんなことが新聞に載った記事を見ていて興味深く思ったのは、援助物資を入れたダンボールの箱に「中国加油」などと書かれているのは当然としても、各所から送られた箱にそれぞれ色々な漢詩などが書かれているという話である。

 新聞によると、例えば舞鶴から大連に送られた箱には、王昌齢の「青山一道同雲雨 明月何曽是同郷」と書かれ、また富山から寧省に送られたものには「遼河雪融 富山花開 同気連枝 共吩春来」と記されて連帯を示していたそうである。

 こんなことが出来るのは中国に対してだけである。最近は日本人の目は近くの中国よりも、欧米、中でももっぱらアメリカに向き勝ちであるが、やはり日本人の心の底には欧米よりも遥かに古くから強い影響を受けてきた、近くの大国である中国の影響が深く染み込んでいるのであろう。

 漢字自体が中国由来のものであり、今は知らないが、我々世代は中学校で漢文を習い、漢詩の朗読なども聞かされたものである。やはり今でも日本人の心の中には、まだまだ中国文化へのノスタルジーのようなものが残っているのだろうと思わされた。

老人も身障者だから

 脊椎管狭窄症になってから杖を持って歩くようになると、杖に縋って歩いている人がこんなにもいるのかと思うぐらい多いのに気が付く。何処へ行っても、杖をついた老人に出会う。中には杖をついてない人でも、足が悪く不自然な歩き方をしている人も案外といる。それぞれ事情があるのであろうが、足が悪ければ、見えを張らずに、やはり安全と歩き易さを考えて、杖をつくことをお勧めしたい。足が悪いために立ち止まる時でも、杖があると助かるものである。

 杖つき同士は自然とお互いに譲りあうもので、狭い通路などでぶつかりそうになった時でも、同病相憐むで気持ちよく道を譲り合うし、階段を手すりに縋りつきながら登ってくる人があれば、降りようとするこちらも手すりを持っていても、反対側の手すりに移動して道を開けてあげることになる。若い人達も杖を持っていると、黄門さんのお札を見たかのように席を譲ってくれることが多い。

 若い人で足の悪い人に出会うことも案外多い。もう仕事も辞めて、時間にも余裕のある老人はゆっくり休み休み歩いて行っても良いし、時間を変えても良いし、行くことを止めることだって出来ることが多いであろうが、若い働き盛りの人だとそういうわけにはいかない。ラッシュアワーの人ごみの中を無理をしてでも、人の流れに乗って歩き、満員電車に乗って、人に押されながら立ちっぱなしで、最寄の駅まで行き、人に押されても、倒れないように安全を確保しながら、延々と続く会社までの道筋を、悪い足を引きずって歩き、やっと職場についても、また人並みに働かなければならないのは大変なことであろう。そんな人を見ると、つい「頑張って下さいよ」と言いたくなる。

 昔まだ60歳代の時、通勤途上に、階段でふくらはぎの肉離れを起こし、1週間ばかり杖に頼って通勤しなければならないことがあった。その時の経験では、よたよたと長い道のりを歩いて、やっと地下鉄の駅にたどり着いたと思ったら、そこの階段の近くにはエスカレーターもエレベーターもない。階段の上に立ってどうにもならない暗黒の地下の空間をを覗き込んで思わず、戦慄を覚えたことを思い出す。

 そこから悪い足を引きずって、設備のある出入り口を探して、また遠くまで歩いて行かねばならないのは大変であった。最近はどこの駅でもエレベーターやエスカレーターはあるが、大抵は後から作られたので、駅の一番端などの不便な所にあることが多い。ないよりは良いが、杖をついてはるばるホームの端まで歩いて利用し、降りればまた遠くまで引き返さなければならないことが多く、足は痛くなるし、泣きたくなるような情けない気分になったことを覚えている。

 また、足の不自由な人にとっては、登りよりも下りのエスカレーターが欲しいのだが、多くのエスカレーターは登り専用で、下りのエスカレータのある所は少ない。お金も、それだけの場所もいるものだから贅沢は言えないが、やはり足に不自由な人のことも考えて欲しいものである。私が経験したことは僅か1週間ぐらいのことであったが、それが半永久的に続く足の悪い身障者も、老人以上に大事な市民の仲間なのだから、他の健常な人たちと同じように気楽に利用出來るような十分な配慮が欲しいものである。

 歳をとって自分が足の悪い”身障者”になってみれば、働き盛りの身障者の方がどれくらい努力して無理な生活を切り開いているかが分かる。 足が悪くても、優れた能力に恵まれた人も多い。多様性こそ今後の日本社会の発展の基礎である。老人に対する配慮同様、あるいはそれ以上に、働き盛りの身障者の障壁が少なくなるよう、是非ご配慮をお願いしたいものである。

太陽の塔

 万博公園のシンボルタワーである、太陽の塔の内部が復元され、公開されているので見に行った。

 太陽の塔は千九百七十年の大阪万博の時に、そのシンボルとして岡本太郎の設計で作られたが、当時私は千里ニュータウンに住んでいたこともあって、万博の思い出が強いし、その後も万博公園へ行ったり、モノレールでその前を通ったりする毎に、いやでも目につくので、馴染みの深い塔なのである。

 しかし、塔の内部は万博が終わってから一般には非公開になっており、もう長らく見る機会もなかった。万博当時の塔の内部の生命の木を囲って、下から三葉虫に始まって、魚類、爬虫類を経て哺乳類から人類に至る歴史の展示の記憶だけが残っていたが、それが復元されたのを聞いていたので、いつかもう一度見てみたいものだと思っていた。

 復元されて展示が始まってから、しばらくは当然大勢の人だろうし、予約しなければならないので、時期を待っていたが、もう一年ぐらい経ったのではなかろうか。たまたま万博公園の広報誌の案内を見る機会があり、思い出して早速予約して、空いていそうな月曜の朝に出かけた。

 万博の時は何処もいっぱいの人だったが、今はこの塔の内部の見学も、予約制で、十五人ぐらいを1グループにして、順送りの格好で、約30分ほどで見せてくれるので、混み合いもせず、ゆっくり見る事が出来て良かった。

 来ている人は若い人ばかりで、万博の時に来たことのあるような人は、私ら以外には、一人もいなかった。展示の様子は、基本的には万博当時の姿を踏襲しているが、照明設備が当時より発達しているので、内部の印象は当時より原色がきつく、良く出来ているが、けばけばしい感じ。

 生命の発生順に並ぶ魚や動物などの作り物は万博当時より少なくなっているようだし、エスカレーターで見ながら塔の内部を登ったものだったが、今はすべて階段で登るようになっており、万博の時には、塔の腕の部分から大屋根に降りるようになっていたと思うが、今は大屋根がないので、塔の中の外側にある階段を通って降りるようになっていた。

 そういう違いはあるものの、生命の発展を示したコンセプトはそのまま残り、今見ても驚かされる構想の大胆さや、その規模にあの頃の時代の力強さを感じさせてくれるには十分で、昔懐かしい楽しいひと時を過ごせたと言っても良い。

 あの頃は戦後の復興が終わり、高度成長の頂点に達した時期で、この国には勢いがあった。それを象徴するかのような万博であったし、それに乗った岡本太郎の勢いが感じられた懐かしい時代であった。

 それに比べるとその後、殊に、最近の日本は少子高齢化で人口は減るし、経済成長も停滞、政府もパッとしないし、八方塞がりで、先行きの希望も見え難い。世界的な成り行きのためと言えるのかも知れないが、もう万博の頃の勢いは遠い昔の思い出ででしかない。

 万博の頃の輝かしかった雰囲気を思い出しながら、新装太陽の塔の内部を見学し終えて、当時と今を比較しつつ、痛くなった足を引きずりながら出口を出て裏側へ回り、広場の椅子に腰掛けて、太陽の塔の裏の顔をゆっくり見上げたのであった。

 

映画「男と女 人生最良の日々」

 上記の映画を見た。フランスのクロード・ルルーシュ監督が1966年に制作した映画の主演俳優の男女がともに健在なので、それなら3人で人生の黄昏を描こうと思って作ったという映画だそうである。

 昔の作品の名場面を挿入して、今は老人ホームに入所していて、記憶も定かでない老人に昔の日々が蘇るというストーリーになっている。

 老人が一人の女性の思い出ばかりを語るので、息子がその女性を探し出して会いに来て貰うところから始まり、過去の前作の場面などがシャンソンのメロデーに乗って展開するが、中々良く出来ていて、車のフロントガラスに過去の男女の顔が薄く映りながらパリの町々を走り抜ける過去の映像などユニークであった。久し振りでフランス映画の雰囲気を味わった感じがして、懐かしい思いにさせられた。

 「人生の最も美しき年代」という原題は、老いも若きもこれから始まる人生こそが美しいと主張しており、映画は過去の追憶と現在が一緒になった老人の姿を美しく描いているが、現実は無理やり老人ホームへ入れられて、ホームの生活にも馴染めず、密かに脱走を試みようとしている老人の現実をも踏まえて作られている。

 監督が「複雑な主題は出来るだけ洗い、単純にする。僕の場合は、まず音楽があり、そこから映像が生まれる」と言っているそうだが、この映画がアメリカ映画と違った、情緒的な奥行きのある映画になっているのは、このシャンソンと映像がうまく一致しているからであろう。