読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人の憶測

 森友学園の土地の購入が問題になって、森友学園側は小学校設立の認可を取り下げたそうである。学校が出来ないと、その土地は学校を建てる条件で国有地を取得しているので、更地にして國に返還しなければならないのだそうである。

 もう校舎も九分九厘出来ているのでもったいない話であるが、法律がそうなっているのなら、結局は校舎も皆潰して国へ返すことになるのであろうか。そうなると、その跡地をどうするのかと言うことが次の問題となるのではなかろうか。

 素人なのでどうなるのか詳しいことはわからないが、更地になれば、以前に学校用地として7億円では安すぎると断られた学校法人があるらしいので、そんな所がまた買いたいと言ってくることにもなるのではなかろうか。

 どうなろうと私には関係のなことであるが、気になるのは、仮にそうした場合、この土地の値段がどうなるのであろうかということである。すでに1億3千万円で国が森本学園に売った実績があるのだから、同じ土地を再び高値に釣り上げるわけにはいくまい。森友学園の場合と同じ値段で話をつけざるを得ないのではなかろうか。

 そうなると以前に七億円で断られた学校は何もしなくても5億7千万円も安くしてもらって以前から欲しかった土地を手に入れることが出来ることになるのではなかろうか。森友学園のおかげでとんだ幸運にありつけることになる。

 もうしばらく、今の森友学園の建築中の校舎が壊され、土地が整地されて更地になるまでの辛抱である。待っていて良かった。うまくいけばまるで「風が吹けば桶屋が儲かる」ような大儲けとなる。本当にそうなるのかどうか、詳しいことはわからないが、森友学園の事件の報道を追っていくと、ついそのようなことを想像してしまうが、どうなるのだろうか。