読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森友学園問題の本質

 森友学園の籠池氏の国会でに証人喚問が行われた。彼の態度は堂々としていて言い澱みなどもなくほぼ真実を語っているように見えた。逆に尋問した自民や、維新の議員の方が相手を何とか悪人に仕立てようと苦労しているような質問を繰り返すだけで返って見苦しい印象を与えた。

 その証言や提示された首相夫人の「お付き」の官僚からのFaxからもこの案件への夫人の関与が明らかになった。百万円もらったことも真実のような印象を受けた。この学校設立に関して安倍内閣大阪府の松井知事なども関与していたようである。

 土地の取引だけ考えても、普通の常識から考えて、9億いくらもする土地が1億いくらで払い下げられた事実などから見ると、何らかの裏の力でも働かなければ出来るものではないだろう。政治家が関与していることは誰しも疑うのが当然であろう。

 籠池氏は今も安倍首相の信奉者だと言っているのであり、安倍首相もこの問題が発覚した始め頃は籠池氏を持ち上げていたし、首相夫人が講演会をしたり名誉校長であったりと関与していたぐらいだから籠池氏を少なくとも援助し、学校設立をも積極的に支持していたことは間違いないであろう。

 したがって、この問題はよくあるような、ある人が賄賂を使って政治家を動かし、大きな利得を得たというような話ではないことに注目することが重要である。籠池氏は金銭的にはゆとりがなく、この非常識な取引におそらく大金の賄賂などは払っていないであろう。逆に首相夫人から百万円をもらったか否かが問題になっているぐらいである。

 籠池氏は彼の言葉を借りてもずっと安倍首相の崇拝者であり、現在運営中の幼稚園でもウルトラ右翼の教育を行い、その教育を小学校へも広げたいために小学校設立を目指して今回の問題になったものである。

 安倍首相も「その趣旨に賛同して」とはっきり述べていたし、籠池氏夫妻と安倍首相夫妻は親密な関係を結んでいたし、籠池氏は安倍首相と同じ日本会議のメンバーで大阪のその会の役員をもしているようである。

 そのため安倍首相などはその憲法にも違反する趣旨を共有していたので、影でその小学校の設立を応援していたのであろう。そのためこの籠池氏の学校設立が成功し、神がかりな教育が広まっていくことを期待していたのであろう。

 しかしこの憲法にも違反するような動きがあからさまになり、それに安倍首相が関与しているとなると問題になるので、疑いが強くなり自分たちが危なくなる前に、一転態度を変えて、籠池氏を切って自分たちの生き残りを図ったものであろう。

 トカゲの尻尾切りである。同じ穴の狢の尻尾切りといった方が良いかも知れない。非情なものである。切られた尻尾が怒るのは当然である。それが今回の国会での証人喚問となったのである。この喚問の前には籠池氏の弁護人にも圧力をかけて辞任させ、国会で追及して、籠池氏を悪人に仕立てて一件落着を図ったもののようである。

 しかし籠池氏があまりにスムースに証人尋問をくぐり抜け、国民の疑惑はむしろ高まり、政府がどうすべきか困っているのが現状ではなかろうか。今の所全ての疑惑を否定して、強引に乗り切ろうとしているようだがどうなるであろうか。

 これは単なる土地購入に絡む疑惑ではなく、安倍首相の企む戦前社会への復帰の大きな流れの中でのつまずきであり、この問題がどのように解決していくのかは憲法改正などの今後の右傾化などの流れにも影響していくものであろう。