読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラスのテーブルの埃

 我が家のリビングルームのテーブルに表面が分厚いガラスで出来ているものがある。いわゆる応接セットの中の一つの低いテーブルである。その上に小さな敷物を敷いて花瓶などを載せているが、日が差し込むとどうしてもガラスの上の埃が光を反射するので、椅子の上などとは違って埃が目につく。

 ガラスの上でなくても、隙間から差し込む光を横から見ると必ず細かいチリが漂って見えるのと同じような現象である。同じ場所にあってもソファやキャビネット、ピアノなど光をそれほど反射しないものでは通常それほど埃に気付くことはない。それでもガラスのテーブルの上は埃は気になるのでつい拭き取りたくなるものである。

 女房がいつも朝方光がリビングに差し込む頃になると気になるようで、いつもそれを拭き取っている。光が差し込むので目立つだけで、テーブルの上でも椅子の上でも、見えないだけで、埃のたまりようはあまり変わらないだろうと思うのだが、女房は見える埃は気になると見えて、テーブルの上だけいつも拭き取っている。

 気になるだけで他のところだって同じようにそのぐらいの埃はいつだった積もっているものだから何もそう気にしなくてもというのだが、気になって仕方がないようである。

 今朝もまたいつものようにテレビのニュースを見ながらガラスの上の埃を拭き取っているものだから、「そんなに気になるのならカーテンを閉めて光を遮れば埃が見えなくなって良いのじゃないか」と言ったら、「それならもっと簡単な方法があるよ。目をつぶれば」と言われて「ギャフン」。確かにそれが一番良い方法かもしれない。